私がメルマガを使わない理由

geralt / Pixabay

 

アフィリエイトにはメルマガがつきものですが私はあえてメルマガをやっていません。
なぜ私がメルマガをやらないのかといえば同じことをアフィリエイターがやっているとい
うのもありますが、別にブログだけでも十分だと思います。ブログでも十分なのになぜメ
ルマガをしなければいけないのでしょうか。

レンタルサーバーを借りなければいけないということはブログでも同じことですが、メル
マガも有料の配信サービス使わなければいけないので初心者の方にはとてもハードルが高
いです。お金に余裕がある人はいいでしょう。しかしお金に余裕がない人に対していきな
り配信しなさいというのはどこか押し付けがましいと思います。

 

 

ブログで十分な理由はあなたがいいコンテンツを書けば自然とアクセスは来る

 

 

同じ常識にとらわれていてはアフィリエイトでは稼げません。常に自分がやりたいことはた
とえ常識であっても他の人と違うことをやらないと当然ですが稼げないです。メルマガをや
っている人がたとえいたとしてもあなたがメルマガをはじめてもそんなに簡単にリストは取
れないと思います。

それに年々リストの取り方というのは変わってきていますし今では電子書籍を使ったリスト
の取り方の方がまだましです。私はどちらかと言えば電子書籍を使ったリストの取り方の方
がいいので電子書籍を使ってリストを取っていますけどもやはりメルマガがいいという人は
メルマガをやってもいいと思います。

しかしブログの方が一番いいのはコストが安いからです。もちろん色々な意見があってもいい
と思いますが初期コストを抑えるのであればレンタルサーバーとドメインだけワードプレスの
ブログで情報発信をしていけばいいと思います。あと付け足すならば電子書籍を出版するとい
う方法がいいでしょう。これならば無料でできますんで誰でも電子書籍をアマゾンキンドルで
出版できるというメリットがあります 。

 

 

電子書籍を使う

 

 

電子書籍を使えばメルマガよりはるかにリストの集め方は簡単です。先ほども書きましたが電
子書籍はコスト0で Amazon Kindle 楽天 kwl などで出版できますので基本的に電子書籍からリス
トを取る方法が現在の引き方としては良いのではないかと思います。しかしこの手法はまだま
だ確立されていないというよりやっていない人が少ないのではないでしょうか。

Amazon という巨大なプラットフォームを使えばあなたの電子書籍が売れることによりリスト
構築の仕組みを作っておけば同時にリストも獲得できますのでこの方法はありではないでしょ
うか。やはり私としておすすめなのが電子書籍です。常に私は5年前から Amazon Kindle で電
子書籍を出していますがこのリスト構築の方法は日々進行していると思いますので電子書籍=
売るという概念よりもリスト構築の仕組みを作るという方法が一番いいでしょう。あなたもぜ
ひ採り入れてみてください。

情報商材の作り方教えます

geralt / Pixabay

 

あなたがアフィリエイトならば1度は情報販売者になりたいとは思っているのではないでしょ
うか。当然ですが情報販売者は情報商材を作らないといけません。しかし大半の人は情報商
材をどのように作ればいいのかということに迷うでしょう。私はリセールライト商品を使っ
ているのですが基本的に情報商材を売るのには変わりありません。では一から情報商材を作
るためにはどのようにすればいいかを教えたいと思います。

 

まずどの情報商材を作るかを考える

 

 

あなたが伝えたいことを経験したことをまとめるのが情報商材ですからまずどの分野を攻める
かということが一番大事です。一番オーソドックスな方法としてはあなたの経験したことをま
とめるということが一番いいでしょう。これならば多くの人に共感してもらえますし購入率も
上がると思います。とはいえ色々な分野がありますので需要と供給のバランスを考えた時にど
の分野を選ぶかが大事です 。

アフィリエイト、転売、仮想通貨などなどたくさんの分野がある中でどのの情報商材を作れば
いいのか本当に迷いますね。でも情報商材というのは難しく考えなくていいのです。まずはあ
なたの経験したことから始めてみてはいかがでしょう。

 

PDFなのか動画なのか

 

 

 

情報商材と言うと一般的に電子書籍媒体= PDF形式で販売されているのが多いですがもちろ
んそれにこだわる必要はありません。動画でもいいですし音声ファイルにして販売するという
方法もあります。 PDF と動画という組み合わせも私は良いのではないかと思います。インフ
ォカートの場合は最大で600 MB まで容量がありますので600 MB 以内に収まるようにすれば
いいのですからそれほど難しいことではありません。

基本的には動画の方がいいと思いますが動画の場合は容量を抑えないといけないのでできれ
ば PDF で販売する方がいいでしょう。

 

 

価格設定はいくらにするのか

 

 

価格設定はあなたが決めたようにすればいいですがもちろんページ数によっても違ってきますの
でここは販売者であるあなたが決めるべきです。リセールライトとは違う自分が作ったものには
著作権がありますのであなたが好きな価格で販売するといいです。もちろん値崩れが起こすよう
なことを起こしても意味がないので最低1000円以上で販売するのが一番理想的でしょう。

できれば3000円から4000円あたりが一番いいと思います。手頃な価格で叱らアフィリエイター
のコミッションを払ったとしてもまたインフォカートの決済手数料を取られたとしてもそのぶん
数を売ればいいので 元は取れると思います。かといってあまり高額な料金にしすぎるというのも
私は好きではありません。詐欺まがいな商材ほどたちの悪い金額を取ってきますのでやはり3000
円から4000円が理想的ではないでしょうか。

 

 

特典をどうするか

 

私の場合は特典は三つにしています。なぜかといえば特典が多ければ多いほど良いわけではあり
ません。量より質なのでやはり特典が少ない方がいいですしなおかつ室のある特典を求めている
購入者も多いと思います。ですので得点は少ないから上ないというよりも質で勝負するといいと
思います。

後関係のない特典というのは少しやめたほうがいいですね。自分のメインで販売する情報商材と
関連する特典をつければ売れるんではないかと思います。メールサポートを30日付けるという
のが 一番理想的ではないでしょうか。ここまで情報商材の作り方を書いてきましたがいかがでし
ょうか。もっと情報商材の作り方を知りたい方は下記の情報商材をご検討いただければと思い
ます。

 

初心者のための情報商材作成入門