YouTube

YouTubeアドセンスの規約変更別に驚くことではない

更新日

creades / Pixabay

 

YouTubeクリエイターの方はご存知ですがここでYouTubeは思い切った変更を
してきました。これはYouTubeの世界でもかなり震撼させるものだと言われて
いますがかなり今回はハードルが高いです。変更されたのは以下の通りです。

新しく変更になった収益化

1 年間で4000時間であること=大体24万分あたり
2 チャンネル登録者1000人以上であること

この二つですが以前よりもハードルが上がったのですかこれが2月20日に
最初にアメリカではじめられるということなので日本には3月20以降では
ないかと言われています。

 

90%のYouTuberは淘汰される

 

馬鹿騒ぎしているのはYouTuberだけであり私は特に困りません。そんなことは
渋々予測していたのであくまでもネットビジネスの一環として使っているので
あれば別にこれまで通り頑張ればいいこと。それをギャーギャー騒ぐのは実に
不快です。

YouTuberだけに依存するというのは以前も書きましたが怖いです。今回ほど
9割以上のYouTuberは確実に淘汰されます。ですので私がはっきり言えるの
は何かと言えば個人的にはやはり何よりも大切なことはお金ではありません。
ネットビジネスの一環として使うという意味です。

 

年間の総再生時間4000時間とチャンネル登録者1000人の壁は無理ではない

 

私から言えばこの壁はそんなに難しいことではないです。個人的にはやはり
この壁は乗り越えられます。YouTubeはもはやバカ動画を排除すると言っている
のでやはり大事なことは何かと言えば本当に浄化してくれという願いがある意味
かなったのかなと思います。

別にアカウント停止になることはありません。私はなんかYouTubeがやりやすい
ようになったなと感じるぐらいです。逆に言えば規制は厳しいかもしれないです
がこれは仕方がありません。ですのでしっかりとした動画を作るためにも訪問者
にとって何が役に立つのかという動画を真剣に考えてください。それが命題です

 

人は人です

 

今回の改訂でギャーギャー騒いでいるのはYouTuberだけです。あなたはYouTube
クリエイターですよね。それであればアフィリエイトにつながるコンテンツを
やればいいのです。ですので人は人だと思ってどんどんと投稿してください。
それが一番ストレス的に感じないことだと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です