30代男性がアマゾンアソシエイトをはじめる方法

kreatikar / Pixabay

(2018年10月11日更新)

こんにちは植田雅俊です。

アフィリエイトと言うと色々なフィリエイトがありますか Amazon アソシエイトを聞いたことがありますか。おそらくは Amazon というのを知っている以上は聞いたことがあるとは思いますが Amazon アソシエイトとは Amazon が運営するアフィリエイトのことです。私自身もブログを三つほど Amazon アソシエイトに登録していますが Amazon アソシエイトは楽天と違ってサイト審査があります。

サイト審査につきましては後程どのようにすれば合格できるのかを説明していきたいと思いますが、このサイト審査に通らなければ Amazon アソシエイトはできません。30代のあなたがこれから Amazon アソシエイトで稼いでいくためにはどのようにするべきか、またどんな商品を狙えばいいのか私が経験したことを包み隠さずにお話しして行こうと思います。

 

 

アマゾンアソシエイトの参加条件

 

 

Amazon アソシエイトの参加条件は基本的にブログまたはサイトを持っていればできますが、サイト審査というものがあります。このサイト審査に通らなければアフィリエイトができませんがほとんどの人はこのサイト審査でつまずくことが多いでしょう。まずあなたがやるべきことは WordPress を立ち上げるこれはブログでもう何度も紹介していますので WordPressの立ち上げる方法はこちらの記事を参考にしていただければいいと思います。

Amazon アソシエイトの参加条件としては Amazon の利用規約をきちんと守ってアフィリエイトをすることが大事です。当然不正などは Amazon にとっては筒抜けですので真面目にコツコツとアフィリエイトをやることをお勧めします。

 

 

サイト審査がとにかくきつい

 

 

先ほどもお話ししたように Amazon アソシエイトはサイト審査が非常に厳しいことで有
名です。 Google で検索してみてください。

「 Amazon アソシエイト、サイト審査」

このように検索するとたくさんの成功例、失敗例などが出てきます。どれが正しい情報なのか本当に初心者のあなたにとってはわからないと思います。30代のあなたがこれから始める Amazon アソシエイトですが簡単なものではないです。サイト審査の段階からこれだけ厳しいのですから相当あなたが Amazon アソシエイトに本気で取り組まなければいけないということは間違いないでしょう。サイト審査に申し込むことは何度でもできますが落とされるかどうかとい
うのは審査する人間によって違います。次のセクションではサイト審査に関しての事をもう少し詳しく書いてみたいと思います。

 

 

サイト審査に通るための方法

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査に通る方法としては大きく分けて6ステップあります

1 ワードプレスブログを立ち上げる

2 記事数は20~30記事書く

3 アマゾンとの取引履歴もみられる

4 特化型ブログと雑記ブログの審査スピード

5 アマゾンキンドルをやっている人は審査が早いのか?

6 アフィリエイトリンクは貼らない

この6ステップを一つずつ話して行きますので是非参考にして Amazon アソシエイトのサイト審査に一回で通るようにしてみてください。。

 

 

1 ワードプレスブログを立ち上げる

 

 

Amazon アソシエイトに関しては無料ブログでもできないということではないですができるだけ WordPress を使うことをお勧めします。 WordPress の立ち上げ方についてはこちらの記事をご覧ください。なぜ WordPress の方がいいかといえばサイト審査に通っているほとんどのアフィリエイターのブログは WordPress だからです。最近の Amazon アソシエイトの傾向としては再度審査には必ずと言っていいほど WordPress を使っています。ですのであなた自身もこの WordPress を使って Amazon アソシエイトをやった方がいいでしょう。

無料ブログはデメリットが一つあります。それはいつ削除されてしまうのかわかりません。だからこそ WordPress ブログでサイト登録の申請をやったほうがいいと思います。 WordPressであれば絶対に通らないということではないですがあなたの記事の内容などを見てきますのでぜひこの点に気をつけて WordPress を立ち上げてください。

 

 

2 記事数は20~30記事書く

 

 

Google で検索していると Amazon アソシエイトのサイト審査にかかる記事数というのは10記事から20記事と言われていますが、私は基本的に20記事から30記事という風にしています。その理由のひとつとしてボリュームあるコンテンツを書いた方が Amazon アソシエイトにはふさわしいとみなされるのでやはりこのブログの記事がボリュームあるコンテンツとみなされた場合 Amazon アソシエイトのサイト審査に通る可能性が強いのでここは非常に見られる部分で
すので薄っぺらい記事を書いているとサイト審査に何度でもっとされるということですので最低限これくらいは書きましょう。

あと記事の内容に関しては統一性があるといいですね。つまりブログのテーマに対してぶれない記事というのが一番いいでしょう。この辺りも Amazon アソシエイトのサイト審査の基準になってきますので是非参考にしていただければと思います。

 

 

3 アマゾンとの取引履歴もみられる

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査で最も見られるのが Amazon との取引履歴です。つまりあなたが何を購入したのかということで取引履歴が長ければ長いほどサイト審査の時間が短くなるということです。これは私自身が経験したのですが私自身が Amazon と取引したのか2011年頃ですからもう7年も前ですがその頃はまだ Amazon の仕組みをよくわからないままやっていましたが サイト審査で通る条件としてこの Amazon との取引履歴が非常に重要視されるとい
うことを知ったのは私自身もつい最近です。

もしあなたが Amazon と取引履歴がない場合はサイト審査はほぼ通らないでしょう。というよりも日本人はほとんどの場合 Amazon を利用しているケースが多いのでまず通らないということはありません。ですからあなたが Amazon アソシエイトをこれから始めたいと言うのであればまずは Amazon との取引履歴を確認してどれくらいの取引利益があるかということをしっかり確かめましょう。

 

 

4 特化型ブログと雑記ブログの審査スピードの違い

 

 

特化型ブログ戸崎型ブログどちらが早いのかといえば私が経験した限りには特化型ブログの方が審査は早いです。特に私は Amazon Kindle をやっていますので Amazon Kindle に特化したブログを作っていましたからそのせいで審査が早かったのかもしれません。ただあなたが Amazon Kindle に特化したブログを作ると言っても審査に通るかどうかは微妙です。また雑記ブログに関しては私の場合は3時間ぐらいは待たされました。

雑記ブログの場合は落とされる可能性が高いと思われましたが雑記ブログを何とか審査を通りました。どちらが正しいかはわかりませんが雑記ブログでも一応は Amazon アソシエイトのサイト審査に通ることが分かっているということはとりあえずは特化型ブログか雑記型ブログどちらからでも始めてもいいということです。まずあなたがやりやすい方から始めてはいかがでしょうか。

 

 

5 アマゾンキンドルをやっている人は審査が早いのか?

 

 

Amazon Kindle をやっている人が Amazon アソシエイトに参加したいと言うのであればサイト審査は意外と早いかもしれません。なぜならば Amazon Kindle は Amazon の中のサービスだからです。私自身も Amazon Kindle をやっているので自分の商品を合法的に Amazon アソシエイトで紹介できるというのがメリットかなという風に思います。そう考えた時に Amazon Kindleをやっている人はサイト審査に通りやすい可能性が非常に強いとは思いますがこれも私自身は
どうかなという風に思います。

Amazon Kindle をやっているからといって特別扱いされるということはまずないでしょう。まずあなたのサイトがきちんとまともなサイトかどうかを見てからではないでしょうか。

 

 

6 アフィリエイトリンクは貼らない

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査で通るためにはのアフィリエイトリンクは絶対に貼らないことです。特にアフィリエイトリンクの中でも嫌っているのが情報商材のアフィリエイトリンクです。 Amazon アソシエイト側としては情報商材にはすごく敏感でありアフィリエイトリンクが一つでもある場合はサイト審査に不合格になるそうです。逆に楽天のアフィリエイトリンクぐらいであれば問題はないと思います。しかしこれもケースバイケースなので調べる相手側
によって楽天のアフィリエイトリンクが貼っていた場合再度審査に落ちるということもありえます。

基本的にアフィリエイトリンクは貼らないことが一番いいです。アフィリエイトリンクのないままサイト審査に登録するということですですからまずあなたがするべきことは全てのアフィリエイトリンクを除去していただくということだと思います。

 

 

7 ワードプレスで作っておくべき固定ページ

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査で最も重要視される部分の一つが WordPress で作っておくべき固定ページの部分ですではどのような内容の部分を作っておかなければいけないのかをご紹介します。簡単に言うと固定ページにこのように表記していれば問題はないと思いますがあなたのわかりやすいように書いていればなお良いでしょう。実際に Amazon アソシエイトのサイト審査に通った私の記載例をご紹介します

アフィリエイトについて(ここでは貴方のサイトのアフィリエイトの方針などを書きます。
ここにアマゾンアソシエイトについての表記を書いてもいいです。)

免責事項(記入例:当サイトを用いたことにより生じるいかなる損失・損害に対しては、
一切の責任を負いかねます。ご了承ください。)

運営者情報(ここはあなたのブログの運営者情報をしっかりと書きます)

お問い合わせフォーム

最低この四つの部分を固定ページで作っておかなければいけません。これはあくまでも私自身が作ったものをそのまま紹介していますので免責事項などは別で作ってもいいですし色々な作り方がありますのでそれらを参考にすると良いでしょう。

 

 

サイト審査後には必ず「 Amazon アソシエイトに参加している」という表記を入れる

 

 

ようやくサイト審査に通ったあなた自身ですがもう一つ忘れていることがありますそれはあなたがAmazon アソシエイトで正式にアフィリエイトをやっていますよっと言う表記を入れることです。具体的にはワードプレスで固定ページを作り「 Amazon アソシエイトに参加しているブログです」というような表記のやり方もありますが具体的なことは Google で検索すれば書き方などが出てきますのでぜひそちらも参考にしていただければと思います。

これは必ず行ってください。やらないと規約違反になってしまうので言わば Amazon が認めたブログということになります。ですのでしっかりとこの部分を明記をお願いします。

 

 

サイトは10サイトまでしか登録できない

 

 

サイトは10サイトまでしか登録できないのが Amazon アソシエイトです。1サイト登録したら後は今まで書いたようにまた違うサイトも審査を受けることになります。つまり Amazonアソシエイトに関してはサイト審査はサイトを持っている数だけ行われるということです。非常にめんどくさいですが私も3サイト全て審査にかけましたが全て合格しました。ただ管理するのがめんどくさい部分どれをメインで使っているのかと言えば自分自身は雑記ブログをメインに使っています。

もちろんあなたが Amazon アソシエイトをメインでやるのであればメインサイトを育てていきながら服サイトを育てていくというのもありでしょう。Amazon アソシエイトをサブでやるのであれば1サイトぐらいでもいいとおもいます。

 

 

サイト削除の手順

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査に通ったサイトを削除する場合必ずカスタマーサポートに連絡しないといけません。サイト削除をする場合全てのリンクを削除しなければいけませんが全てのリンクとは何を指すのかといえばアフィリエイトリンクをはじめとする画像のリンクです。つまりリンクのない状態までに戻してくれということです。もちろんアマゾン側でやってくれるケースもありますがまずそれはないと思います。

私自身は全てリンクを外しましたのでそれから再申請をしてサイト削除をしていただきました。つまりこれほどめんどくさい事をやらなければいけないのでサイト審査に通ったとしても削除するときもめんどくさいのがアマゾンかなと感じました。

 

 

審査に落ちたら何度でも申し込める

 

 

あなたが Amazon アソシエイトのサイト審査に落ちた場合修正箇所を指摘されるでしょう。その場合は修正箇所を指摘して再審査になりますがこの場合審査は何度でも申し込みすることができます。一度きりということではありません。 Amazon アソシエイトは冒頭でもお話ししたようにサイト審査が非常に厳しいところで有名ですが、私自身はサイト審査には非常に苦労しました。しかし何度でもサイト審査に申し込めるということはとてもありがたいこ
とです。

あなたが Amazon アソシエイトをやりたいとしてもブログが不完全であればサイト審査には通りません。ですからその場合はしっかりとしたブログを作ることとこれまで書いてきたことをしっかりと読んで実践していただければ間違いなく再度審査に通ることは言うまでもないと思います。

 

 

ワードプレスでアマゾンアソシエイトをやる場合は公式プラグイン以外は使わない。

 

 

WordPress には Amazon アソシエイト用のプラグインはたくさん出ていますか Amazon アソシエイトが出している公式プラグインがあります。Amazon Associates Link Builderというプラグインですがこれは英語圏のプラグインですので日本語の動画がさすがにありませんでしたので私の方で作りました。使い方の動画は下記になります。

 

 

 

 

 

この公式プラグイン以外は使わない方がいいです。 Amazon アソシエイトをやる場合 WordPress では色々なプラグインが出ていますが非公式のプラグインを使うと Amazon から警告を受ける場合がありますので公式プラグインを使うことをお勧めします。使い方は動画を見ていただければお分かりだと思いますがいたってシンプルです。私自身もこの Amazon Associates Link Builderを使ってから非常に効率の良いアフィリエイトができるようになりました。わざわざ Amazon のサイトに行きアフィリエイトリンクを貼るという手間が省けるのであればこのやり方は非常にメリットがあるでしょう。ぜひ活用してみてください。

 

 

クッキー報酬が1日というデメリット。

 

 

Amazon アソシエイトの一番のデメリットはクッキー報酬が1日ということです。つまり24時間しかクッキーが持たないということなので楽天アフィリエイトのように30日の再訪問期間があるのとたった一日しかないのとでは話になりません。よく楽天アフィリエイトと比較されますが断然楽天アフィリエイトの方がいいと思います。しかしあなたが Amazon アソシエイトで稼ぎたいのであればしっかりとした記事を書いていけばいいのでクッキー報酬を目当てにするのではなくきちんとした記事を書ききちんとした成約をとるというのが一番いいでしょう。

確実に Amazon アソシエイトで稼ぎたいのであればあなたが購入した商品をブログ等でレビューするというのもいいでしょう。もちろん先ほども言ったように Amazon のサイト審査に通ったブログですよ。特化型ブログと雑記型ブログどちらでもいいですがあなたが実際に購入したことのある商品をレビューするというのもいいですね。

 

 

アフィリエイトの狙い目は1000円~5000円の商品

 

 

Amazon アソシエイトの狙い目は1000円から5000円の間の商品が一番いいと言われています。あまり高い商品に関しては購入する人もいるかもしれませんが私自身の経験から見るとこの価格帯が一番購入されやすいと思います。あなたが初めてアフィリエイトをする場合この価格帯の商品を紹介するといいと思います。記事にあったアフィリエイトリンクを張るということが一番いいですね。たとえ Amazon アソシエイトのサイト審査に通ったブログでもベタベタとアフィリエイトリンクを貼るのは迷惑千万なのであまりしないほうがいいです。

それよりも大切なことはあなたが紹介したい商品を正しくレビューすることです。特に AmazonKindle をやっている人はあなた自身の商品を紹介してみるといいと思います。またその他にもあなたが Amazon で過去に購入した商品を実際に色々な切り口を変えて書いてみるというのも一つの手ではないでしょうか。

 

 

アマゾンアソシエイトの報酬の受け取りはギフト券か銀行振込か

 

 

先に書くべきだったことかもしれませんが Amazon アソシエイトの報酬受け取りは二つあります。一つは Amazon のギフト券ともう一つは銀行振込みです。アマゾンのギフト券の場合は500円以上からの払い出しですが銀行振込になれば5000円以上にならないと払い出ししてくれませんのでどちらかと言うと私はアマゾンのギフト券の方がいいと思います。アマゾンのギフト券であればあなたが Amazon で彼に1000円しか稼いでいないとしてもアマゾンのギフト券は500円以上の支払いですからあなたのメールに Amazon からギフト券の番号が送られてきますのでそれをアマゾンのギフト券にチャージすれば10年は持ちますのでどちらかと言うと Amazon アソシエイトで稼いだ報酬はギフト券にするといいと思います。

もちろん銀行振込の方がいいと思いますがアマゾンで5000円稼ぐというのは結構初心者にとってはハードルが高いのでできればギフト券で登録したほうが私はいいと思います。

 

 

アマゾンアソシエイトで結果を出すために

 

 

Amazon アソシエイトで結果を出すためには何が必要でしょうか。これまでサイト審査から稼ぐ流れを書きましたが Amazon アソシエイトは稼げないということはありません。逆に言うならば正しいやり方で実践すれば Amazon アソシエイトでも十分結果が残せるのです。アフィリエイトの基本は人の悩みを解決したり役に立つ記事を書くということが求められています。

あなたにとって役に立つ記事とは何でしょうか。それは Google で検索している人たちの悩みを聞くことです。具体的な悩みはたくさんあります。その中で一つに絞ってその悩みを具現化していくことです。そうすることでその人がどのような悩みを抱えどのような解決策を求めているのかということが分かるでしょう。つまり Amazon アソシエイトで稼ぐためには悩んでいる人の棚卸しというのをしなければいけないのです。私がこの記事を書いているのも Amazon アソシエイトで色々と悩んでいる人に対して特に30代のあなたに対して自分の経験したことをもとに書きました。もちろんあなたが Amazon Kindle をやっているかどうかはわかりませんが Amazon アソシエイトをやるということには変わりはありません。そして結果を出すためには継続していくということも大事です。人の役に立つ記事をひたすら書き続けるそれこそがアフィリエイトの基本ではないかと思います。

 

ヨーロッパデータ保護法対策していますか

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査にこのヨーロッパデータ保護法の対策が盛り込まれているかどうかが審査される可能性があります。 WordPress ブログでやっているあなたは多分この事を知らないでしょうが基本的に WordPress をやっているブログであれば全てがヨーロッパデータ保護法の対象をきちんとやらなければいけないので義務化されているとはいえきちんとやっておかなければなりません。簡単に言うのであればこのヨーロッパデータ保護規則がきちんとできているのであれば問題はないですが何をしなければいけないのかといえばプライバシーポリシーをきちんと書かなければいけないので本当に煩雑な仕事が増えるということですがこのプライバシーポリシーをしっかりと書いておくこれは大事ですね。

プライバシーポリシーが全然書いていないサイトだと恐らく落とされる可能性があると思います。去年と今年の秋だからの違いはヨーロッパデータ保護規則がきちんと書かれているブログでありプライバシーポリシーがしっかりと書かれているブログではないでしょうか。 WordPress ブログにこの記載がないとおそらく Amazon アソシエイトのサイト審査は脅されるでしょう。これはほとんどの人は言っていませんがちゃんとした対策をとらなければいけません。この部分を注意していただきたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です