レビュー

こんなレビューは間違いなくアホです

更新日

mohamed_hassan / Pixabay

 

ネットビジネスでこのようなレビューというのは大変迷惑な話です。例えば Amazon のレビュ
ーを例えてみるとどうでしょう。あなたが Amazon で何か商品を出している場合必ず一人は
おかしなレビューをつけるような人間がいますね。

私自身はこのようなレビューというのは好きじゃありませんが、もちろん否定的なレビューが
あっても構わないのですが、それで改善するとすれば進歩があるとしても全く関係のないレビュー、
つまり誹謗中傷のレビューなどはっきり言って意味がありません。そんな誹謗中傷のレビューに
悩むあなたに今回の記事をシェアしたいと思います。

 

 

そもそも誹謗中傷のレビューなど無視すればいい

 

 

誹謗中傷のレビューを書くということはその人はどのような気持ちで書いているのかを考え
てみてください。あなたはネットビジネスで成功しているはずですし色々なことをやっている
と思います。特に電子書籍出版に多いデビューですが Amazon Kindle になればなるほどひど
いレビューはないもんです。

低評価レビューの一つは著者が気に入らないというだけの理由でレビューをつける人間もい
ますが、呆れたことに削除依頼をしてもまた変えてくる人間もいます。こういった人は自分
が正しいと思っているのかどうか私には分かりませんがもはや手に付けようがないので
今更 Amazon に削除してくれと言っても無駄でしょう。だから無視しかないのです。

 

 

改善してほしいという意味でのレビューもある。

 

 

あなたのレビューが完全に誹謗中傷ではないタイプのレビューもあります。それはあなたの
電子書籍などが改善してほしいという意味でのレビューをしている人もいるはずです。 コア
なファンほど何かを期待しているのです。それであれば前向きにあることでしょう。本当に
今のレビューというのは何でもありの世界ですが、自分勝手なレビューというのは許されな
いことですね。

しかしこういった建設的批判のレビューは無視しない方がいいでしょう。それは改善すれば
それなりに売り上げも上がってきますし私自身も建設的な批判とはどれかを見極めてからし
っかりとやっています。

 

 

どんなに改善をしても低評価ばかりつけたがる低評価オタク

 

 

これは私が名前をつけたのですが、完全なる低評価オタクと言われている人間はもはやどん
なに改善をしたとしても低評価係をつけるのが楽しみでありなおかつこのような人はまとも
なレビューができない人間でしょう。あなたの周りにこのような人がいる場合は気をつけた
方がいいです。私自身はしっかりとしたレビューをしてくれる人がいてこそ成長できるもの
ですが成長できない人は嫉妬心の塊からこのようなレビューオタクになってしまう人が色の
ではないかと思います。低評価レビューに恐れずにどんどんと前に進んでい
ってほしいです。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です