YouTube

YOUTUBEの誹謗中傷コメントと戦うな

更新日

 

 

こんばんは植田雅俊です。

YouTube 上で動画を発信していると必ずと言っていいほどコメントがきますが、もちろんいいコメントが来ればそれはありがたい話ですがもっと質の悪いコメントが誹謗中傷のコメントです。時々私自身も誹謗中傷のコメントが来ますが大体は削除しています。どうして YouTube 上であのようなコメントがくるのかよく分かりませんがそのようなコメントに共通する点は全く動画を投稿していないひがみ根性の人間です。

結局のところ私自身はそういうものは慣れているので何もないですか YouTube で情報発信をしていると必ずこのようなアホにはぶち当たるでしょう。こういう人間にはいろいろな共通点がありますが大体は言い方が悪いですがクソです。こんなクソ野郎をいくら相手しても話にはなりませんので相手にしないことが大事です。

 

ユーチューバーがなぜこのようなコメントをするのか

 

ユーチューバーがなぜこのようなコメントをするのかといえば自分よりチャンネル登録者の多さなのかそれとも YouTube のことを否定されたことによるものでしょうか。その辺りについてはわかりませんが正直言うとこういうコメントをしょっちゅうやっているユーチューバーというのは必ず他のチャンネルでも同じことをやっています。こういうのを見ていると馬鹿げて面白いなというよりも自分の実力のなさを他人のせいにしているというふうに考えてもいいでしょう。

自分で努力すればいいのに収益化ができないことを人のせいにしたりまたはタチの悪い人間であればもっとしつこいコメントをやってくるいわゆるネットストーカーまでが出たりするケースもあります。本当に YouTube というのは私は不思議な場所だなという風に思いましたし何を言ってもいいところではないという風に思いましたね。

 

誹謗中傷に対処するのは間違い

 

確かに誹謗中傷されるとこのような対処をしなければいけないというイメージがありますがこれは逆効果です。火に油を注ぐようなことをするぐらいならば無視をすればいいだけの話です。無視をすることによって解決するのであればそれほど大したことではないということですしそれほど相手も動画投稿を積極にやっていないということも大体が分かっています。相手は本当にろくでもない人間かどうかわかりませんが少なくとも言えることは動画投稿をしている人間ではないということですね。

あなたはそれだけ観られているということです。チャンネル登録者が1000人に近づくにつれてこのようなどうでもいいコメントが出てくるということはかなり嫉妬深い人間がいるのでしょう。私は以前動画で誹謗中傷は大歓迎というような動画を作りましたが別に大歓迎しています。あまりいい気持ちではないですがそれだけ注目されているという証拠ではないかと思います。

 

アホと戦うぐらいだったらネットビジネスをやる

 

アホと戦うぐらいだったらネットビジネスをやるべきでしょう。仮にこのような人間の素性を暴いたところで何の意味もありません。そして裁判になったとしても馬鹿馬鹿しいだけです。このような誹謗中傷をしてくるアホというのはいくらでも増えてきますがこういう人間は親のしつけが絶対に悪いというのが当たり前でしょうし私自身は無視をすればいいだけの話なので放っておきます。それよりもあなたがするべきことはネットビジネスです。

誹謗中傷に時間を割いて無駄な人生を過ごしたいですか?
それとも前向きに進んであなた自身の人生を切り開いたいですか?

前者を選ぶのであれば不幸になりますし後者を選ぶのであれば成功するでしょう。それぐらいアホを相手にするなという風に私は言い続けます。別に誹謗中傷なんて避けられないとわかっているのであれば削除すればそれで終わりなので何の関係もありません。

 

誹謗中傷が来たらそれだけ成長したと思えばいいだけ

 

何度も話ししていますように誹謗中傷というのは自分が成長した証拠でもありますしあなたの人気が上がってきたということです。誹謗中傷されなかったら終わりですね。ただされるのは逆に嫌というのは分かります。なぜその人がその動画に対して誹謗中傷のコメントをするかよく考えてみてください。逆の立場ならあなたは誹謗中傷しますか。おそらく昔の私でも誹謗中傷はしていたと思いますがそれは逆に言うと嫉妬している証拠なんです。

今あなたが YouTube で動画を投稿しているのであれば誹謗中傷なんて来て当たり前という風に思えばいいだけです。そこに単なるアホが投稿したと思えば何も腹も立ちません。世の中とはそのようなものですし私自身はそう考えています。誹謗中傷が来ない方がよっぽどタチの悪いものだというふうに考えてもいいのではないかと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

1 thought on “YOUTUBEの誹謗中傷コメントと戦うな”

  1. 初めまして!ブログランキングから訪問しました。誹謗中傷する人って必ずいますよね。YouTubeに限らず、インスタでもTwitterでも、そういう人っていなくならないですもんね。悲しい事だけど仕方ないです。私も自分が成長しただけと思うようにしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です