レビュー

ネット社会に必須の田村耕太郎氏の本「頭に来てもアホとは戦うな」は最高の本

更新日

 

私が読む本の中で田村耕太郎氏の本「頭に来てもアホとは戦うな」という本は非常に参
考になります。ネット社会において誹謗中傷というものは避けられませんが、田村耕太郎
氏の本はどの本よりも一番理解できる点として。私なりに置き換えるならば「アホは無視
すればいい」ということでしょうか。

この本を読んでからいろんな批判が来ましたが私はこの本を読むたびに Amazon レビュー
とかブログのコメント YouTube のコメントなど色々ありますが全ての悩みが消えました。

 

 

誹謗中傷のコメントなどにすればいいだけ

 

 

田村耕太郎氏は著書の中で誹謗中傷する人間など相手にするなと言っています。つまりどう
いうことかと言えばそんなことに時間を取られるよりも自分がやるべきことをやれと言って
いるのではないかと思います。人はどうしても嫉妬心から誹謗中傷をしたがる人間ですが、
誹謗中傷したところであなたにとって何かプラスになるでしょうか。

マイナスになるだけです。本来自分がやるべきことをやればいいことを何もしないでただ誹
謗中傷するというのはアホの毛あまりではないかと私は思っています。

 

 

自分の信じた道を進むのみ

 

 

自分の信じた道を進むということは非常につらいですが、しっかりとしたロードマップさえ
組んでおけば あなたの稼ぎというものはどんどんと上がってくるでしょう。ただそれに対し
ていろんな批判があると思いますが田村耕太郎氏の本を読めばそのような批判をかわすノウ
ハウもあなた自身についてくるのではないかと思います。

この本を一言で言うならばネット社会についてのバイブルだと私は思っています。色々な人間
が色々なことを言いたがるそんな社会は別に構わないですがただはっきり言えることは自分の
信じた道を進むということは誰にも止められないことなのです。

 

 

低評価レビューで落ち込んでいるあなたに

 

 

よく Amazon で低評価レビューをつける人がいますね。でも低評価レビューをつけたところ
で何の意味があるんでしょう。電子書籍を出している時も低評価レビューをつける人には色
々なタイプがいますが低評価ばかりをつけていてもその人は何も成長しません。

低評価レビューをつけて落ち込ませることがその人にとって楽しいことなんでしょうか。自
分なりに言うならば相手にしないこれが一番いいことです。失敗しても人は何も成功するた
めの糧にすればいいのですから田村耕太郎氏の本を読んでまた前へ進もうという気力が絶対
に出てくるはずです。

 

 

あなたに足りないもの

 

 

あなたに足りないものは勇気です。その勇気を振り絞ってどんどんと前へ進んでいくこ
とが大事です。ネットビジネスは常に批判がつきものですが批判されたってあなた自身が
悪いことをしない限りは成功者への道のりを駆け上がるのです。

批判されるということはあなたが成功者へと近づいている証拠ではないかと私は思います。
誰かを批判する暇があれば作業をするはずです。誰かに嫉妬する暇があるならばさらに作業
をするはずです。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です