Pinterest

ピンタレストをビジネスとしていかす意味

更新日

 

 

(2018年10月18日更新)

こんにちは植田雅俊です。

あなたは Pinterest をご存知でしょうか。

私はこのブログでピンタレストについてかなりご紹介していますが喧嘩ですか英語圏のマーケッターならばヘビーユーザーのごとくネットビジネスで活用しているツールですが Twitter や Facebook のような SNS ではありません。ピンタレストの人曰くソーシャルメディアであるという風に言っています。またはディスカバリーエンジンという風に言う人もいるそうです。

つまりピンタレストは色々なアイデアを発見するツールですがそこでビジネスにどのようにつなげていくのかまたどのような活用方法があるのかという風にビジネスとしてのピンタレストというのは非常に幅が広いです。私はこれまでピンタレストに関しては色々な情報発信をしてきましたがなぜか日本では定着しないといったところが残念なところですね。でも2018年現在ピンタレストは徐々に認知されつつありますが私自身もビジネスアカウントに変えました。

ビジネスアカウントに変えると赤アクセス解析が使えるというところがあります。どの画像がピンされ自分がアップロードした画像が本当に他のユーザーからピンされているのかなどいろいろなアクセス解析が楽しめますのでひとつのツールとして interest ネットビジネスの戦略的な痛風になるのではないかと私は思っています

 

Pinterestをどうマーケティングに結びつけるのか

 

ピンタレストをどのようにしてマーケティングツールとして使うのかは人それぞれですから私自身は色々な方法でピンタレストを活用しています。一般的な使い方としてはアイデアを探すためのツールとしてピンタレストの最初の頃は使っていましたが今では国などを使って自分のブログからシェアをしてピンタレストに送信すると言った言える Google で言うところのサーチコンソールのように使っています。

ですのでピンタレストの使い方というのは幅広く私自身も本当にどのような使い方が正しくてどのような使い方がいいのかということは暗中模索の中で考えていますが一つだけ言えることは喧嘩ですのに使い方は無限にあるということです

ビジネスアカウントを作る

 

最初に書けば良かったのですがまずピンタレストでネットビジネスをやるならばビジネスアカウントを作らないといけません。通常の個人アカウントでもいいのですがアクセス解析が使えない以上があるビジネスアカウントにシフトしたほうがいいと思います。言うならばサーチコンソールがあるかないかの違いだので同じようにピンタレストもアクセス解析があるかないかで大きな違いがあるということです。

ビジネスアカウントを作るということはつまり Google で言うところのアナリティクスを持つというところではないかと思います。これがきちんとできるかできないか本当に成功の分かれ道だと思います。

 

YouTube をピンしているか。

 

ピンタレストの大きな特徴は YouTube もピンできるということです。つまり動画などもピンタレストにピンをすることができますのでこの辺りがピンタレストの大きなメリットだと私は思っています。あなたが作った動画をピンタレストに保存してボード上に色々と並べるということもやっておくといいと思います。カテゴリー分けも最近はできるようになりましたので常にピンタレストで YouTube や Dailymotion その他の動画共有サイトであなたが動画を作っているのであればピンタレストで管理するというのも一つの手ではないかと思います。

 

莫大なトラフィックを生むPinterest

 

私は言うまでもなくピンタレストは莫大なトラフィックを産むと思ってます。それはなぜかと言うとインタレストの SEO 対策というのがあるそうでこれは私自身も実際に取り組んでいますが英語圏のマーケットあの YouTube を見ている限りでは何をどうすればいいのかということはさっぱりわかりませんか少なくとも言えるのはビジネスアカウントに切り替えてリッチピンを作るということまでは分かりました。

しかしその先をどのようにすればいいのかということに関してはなかなか分かりにくいところもあります。しかしピンタレストで SEO 対策をするのであればボードひとつひとつにきちんとしたメタタグやディスクリプションやハッシュタグなどを打ち込むということも大事ではないかと思います。これらをしっかりしてこそピンタレストの SEO があるのではないかと私は思っていますが現在のところは正直分からない部分も多いです

 

とにかく使ってみることから始める

 

ピンタレストの王道はもはや使ってみることから始めることです。ここでガタガタ言っても仕方がありませんが私自身はピンタレストを長くやってきて思ったことはとにかく手探り状態の中から始めることが一番重要ではないかと思います。多くの人はわかりませんの一言で何もしない人が多いのですがそれではだめです。日本の企業がほとんどピンタレストを使っていないとなればこの市場に参入するということは絶好のチャンスです。

ピンタレストを知らないということは逆に言うならば日本のブロガーの大半がピンタレストを使っていないということになります。逆に言うならば使い方を知らないのでしょう。こんなチャンス絶対ありえないですよ。英語圏のマーケターたちはピンタレスト個人ブロガーレベルでも使っているのですから日本は10年遅れていると断言しても文句はないと思います。あなたもこの機会に是非ピンタレストを使ってみてください。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です