YouTube

YouTuberの情報発信のあり方

更新日

LoboStudioHamburg / Pixabay

 

おはようございます植田雅俊です。

ユーチューバーの情報発信やり方を間違ってしまうと福岡のブロガー殺人事件のようにとんでもない事件に発展してしまうということは言うまでもありません。情報発信というのは常に気をつけてやらなきゃいけないというのは当然でしょう。しかし多くの人は自分の欲望のままになっているというのが現状です。ユーチューバーの中にも色々なタイプがいますが今後こういったことは無いとは言い切れません。

炎上系ユーチューバーとかいうタイプは特に人に恨みを買ってしまう可能性は十分あります。こういうやり方をやっているとオウム返しのように必ず返ってくるでしょう。ですのではなくて神が情報発信をする上で大切なことは何かをシェアしたいと思います

 

ネガティブな情報発信は必ず返ってくる

 

 

ネガティブな情報発信ほどろくなことはないですし、ユーチューバーの大半がこのタイプになれば恨みを買うような動画を作りまくってるのは言うまでもないでしょう。誰とは言いませんがこういったことをやっていると周りが真似をしてしまい結局のところ Google も削除対策に動くのは言うまでもないです。最近の Google は強い者だからって見守ってくれることはありません。

アカウント停止祭りを見たらわかるでしょう。あれだって10万人以上のユーチューバーですが削除されているのですからおそらく YouTube は今後ヘイト動画をどんどん削除してくるでしょう。

 

自分が作った動画に責任持てるか

 

 

自分が作った動画には必ず責任を持つこと、それがユーチューバーとして最大限に大事なことです。どんな動画を発信していようとそれはユーチューバーが作った動画ですのであなたが発信したことには間違いありませんし当然ながらあなたが作った動画に対する色々な反応があったとしてもどのような反応があるかはわかりません。責任の持てない動画を作るのはやめたほうがいいです。今の時代ユーチューバーに対する考え方は賛否両論です。

私自身は非常に思うのですがやはりユーチューバーはまともに動画を投稿していれば誰からも恨みを買うことはありませんが、炎上系のユーチューバーは特に気をつけた方がいいでしょう。このような動画を作って自分だけが得をするというのは本当にアホのやることしか思えないですね。不快な動画を作る暇がああるのならば人の役に立つ動画をつくればいいだけではないでしょうか。私はそのように思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です