YouTube

Youtuberのバカと垢

更新日

 

(2018年10月20日)

こんばんは植田雅俊です。

最近ユーチューバーになりたいという子供が増えているということですが30代以上の親から見ると子供がユーチューバーになるというのは確かになって欲しくはないと思いますね。それはバカとアカが本当にいるからです。ユーチューバーのバカとアカというテーマでお話ししていますが個人的に YouTube の中にそう言ったバカとアカがどれだけいるのでしょうか。

最近の YouTube は本当に胸糞悪くなってきたので私自身もいつかはやめようかという風に思っていますが YouTube を Google という傘下の会社で成り立っていますので個人的に言うのであれば私はユーチューバーにさせたくないという30代以上の親の気持ちはわからんでもないです。現在ヨーロッパデータ保護法に基づき13歳以下のユーチューバーというのはまず考えられません。本当にユーチューバーという言葉が流行ってから5年以上経っていますが私がユーチューバーになったのはそのくらいです。私は基本的にユーチューバーではないですがこのようなバカとアカのおかげで収益化外されてしまったというのは言うまでもなく今の YouTube のやり方というのにも問題があると思ってます。

 

ブロガーの方がまだいい理由

 

子供がなりたい職業第3位にユーチューバーという風に言われていますが私はそれを否定するつもりもなければ勝手にどうぞという風に言うぐらいしか言えないでしょう。ただし現在 YouTube とはいえヨーロッパデータ保護法に基づき13歳以下のアカウントを作るためには親の同意というのがいります。ですのでユーチューバーが簡単になれるのではなくそもそも今の収益化の条件を満たすためには相当努力をしなければいけないということは言うまでもないです。私はユーチューバーになるよりも他にブロガーで頑張ってやればいいという風に思うのですが何故ユーチューバーになりたがるのでしょうか。

それはおそらくメディアがバカばかりを作り始めたということ以外に何も分かりませんが断言できることが一つあるのであれば YouTuberはすぐに廃れるものです。相手側に管理されているのでアカウントが停止になれば何のための努力だったのかというふうに考えてしまいますよね。情報発信ツールとしては YouTube は確かに最強かもしれません。それであれば私はブログをやれという風にいます。 WordPress ブログをやっていれば絶対に自分が管理しているのでアカウント停止になることはまずないでしょうし個人的には絶対にない事が一つだけあります。それは自分の資産を失わないということです

YouTube の場合は自分のアカウントが停止してしまえば動画が消えてしまいます。ブログはどうでしょうか。 WordPress で構築したブログは全部自分が管理してるのでまず資産として残りますよね。そう考えるならばユーチューバーにならなくても別にいいのではないかという風に思います。ウームに入りたいと言ったりバズがいいと言ったりそんなやつばかりがいるなんて私はうんざりします。だったらブロガーで地道にやって行けばいいのではないかという風に思います。

 

アホチューバーにならなくてもいいよ

 

ユーチューバーの中にアホが結構多い理由は一つは自分が目立ちたいというような欲求がすごく強いのではないでしょうか。動画を視聴しているとどうしてもそのような感じがしてたまりませんがそういう連中はアカウントがいつかは停止します。断言しておきますが私はこのようなアホを相手している暇はありません。アホには常識が通用しないというのが当たり前ですが他の動画投稿サイトでやればいいだけの話です。お金があるのであればビメオなどをつくくらいはいいのではないでしょうか。

ビメオであればクリエイター向けの動画を作ることができるのでもちろん動画の販売もできます。しかし YouTube ではいくら考えても動画の販売というのはできません。また Amazon ビデオダイレクトはどうかといえばユーチューバーが避けているくらいですのであまりお勧めしていないというような感じがしますね。まあ個人的に言うならばユーチューバーは YouTube でしか活動できないのでユーチューバーなんでしょうね。

 

いい動画を作る

 

私が言い続けてるのは良い動画を作るということです。しかしどんなに良い動画を作ったとしても結局のところ面白くないというだけの理由でアンチがついてしまう可能性がつくのでどこか私も動画投稿をやっていてアホらしくなってくる時があります。色々な情報発信をしている中で思ったのはこう言ったどうでもいい情報だと捉えられるユーチューバーから見れば数の論理で実績のあるユーチューバーのことしか考えていないのか聞かないのかということでしょうか。言うならば YouTube の世界は実力あるものの意見を聞きそうでない者の意見など聞く必要はないという風に私は感じていますね。

まさにくだらない弱肉強食の世界だという風に思いますがこのような弱肉強食の世界を作ってしまえば ユーチューバーなんてやってられるかよっていう風に感じます。ですからあなた自身も大切なのは何かということをしっかりと考えて動画を作るということを考えていかなければなりません。アホ動画を視聴しても意味がないですよ。

 

ユーチューバーは不安定職業

 

私がユーチューバーになるということはまずないと思いますが不安定職業だということは間違いないです。よっぽどのことがない限り私はユーチューバーが職業だとは思っていませんし正直安定した収入なんてまずありえないでしょう。アドセンス収入だけであなたは一生飯が食えますか。私は食べられないという風に思っています。相手の利用規約が変わってしまえばアカウント停止はいつでもできるということです。つまり相手にとってあなたは首根っこを握られてるのと同じなんですよね。

だから大事なことはなぜかといえば自分でオウンドメディアを立ち上げるということが一番いいんですよ。只今のユーチューバーがそれはできない YouTube に依存するジャンキーみたいなようなもの。本当に困ったものですよ。だからユーチューバーというのは不安定職業だという風に私は思っています。

 

アカウント停止祭りが続く中で思ったこと

 

バカとアカのアカウント停止祭りは続く中で思ったことはいろいろありますが未だにアカウント停止は本当に続いているユーチューバーというのは多いですね。ただひとつ言えることは何かと言えば私はユーチューバーが不正を犯してまだ懲りずにやっているのかというのはどうかなという風に思いますがもちろん YouTube にはルールがあります。ただルール原理主義というのは間違っていると思うのは YouTube だって一企業である以上は間違った事だってしますしえこひいきだってします。

そんな YouTube がルール原理主義的なことをするでしょうか。私はまずしないと思います。グローバル企業である YouTube がきちんとルールを守っていないユーチューバーに対してたとえ百万人のチャンネル登録者があった人間であってもアカウント停止をやるでしょうか。ずる賢いやつは YouTube の担当者に媚びを売り何とかしてくださいと言うアホなやつもいますけどもそんなことまでして自分の私利私欲を守りたいのかという風に私は思います。本当にいい加減にしろという風に思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です