ブログ

勉強になりました症候群になっていないか

更新日

Benkyouこんにちは植田雅俊です。

勉強になりました
参考になりました

よく私の別のブログのコメントにはこのようなコメントがきますが何を参考にしたのかということですがよくわからないですね。 私はこのような類のコメントが一番嫌いなのはその人達はネットビジネスをやっているはずなのに勉強になりました または参考になりましたとは何のことを言っているのか など結局のところは作業をしていないどころかブログの記事自体に興味がないというようにも捉えられます。

知ったかぶりのような人間がよく使う言葉ですこれは。 知っていても行動に移せない完全なる貧乏マインドの典型的な例でしょうか。 自分たちに興味がないと分かった途端にこのような言葉ではぐらかす、 一番タチの悪い逃げ方ですね。 このようなやり方をしている人は絶対に何をやっても成功しないですし 貧乏マインドが染み付いた人間の塊だとしか思っていません。 その人たちがネットビジネスに参入する自体はもはや間違っていると言えるでしょう。 本当に作業をして結果を出すのであれば 別の意味で使うのであれば問題はないですが コメントでアクセスを稼ぎたい人間がこのような汚い手段を使って勉強になりました、 参考になりましたというのは いかにもゲスの極みといったところではないかと思われます。

 

何を参考にしたのでしょうか

 

このようなコメントをしている人に逆に行きたいのですがあなたは何を参考にしたのでしょうか。 私のブログで何を参考にしたのか教えて欲しいと思いますしそこから何かを学びを得てそしてネットビジネスをしているはずですよね。 しかし単に 参考になりましたっていう言葉で片付けてしまうと 逆に言うのであればあなたのブログに興味はありませんので見るだけにしておきます といった感じでしょう。

コンビニに行けば立ち読みされているのと同じようなものです。 これほど許されないことを平気でするのが日本人の一番の悪いところです。 何を参考にしたのか知らないですけど私にはネットビジネスをやる人間としてきちんとしたことを言えという風に思います。 おそらく現状維持が一番いいので余計なことはしたくないということでしょう。 このようなコメントをいくらやったところで貧乏マインドが住み着いているということではないでしょうか。

 

こういう人ほど理解していない

 

参考になりました、 勉強になりました何て言っている人ほど理解なんてしていませんよ。 正直言うとこういった人たちはコメントを残すだけのために色々な やり方をやってきていると思いますが きちんと文章を読んで読解力がついてんのかどうかが私自身も疑問に思いますが本当に自分自身が真剣に変えた記事ですら 勉強になりました 参考になりましたがて遠回しの言い方で言うのであれば「 お前の記事に興味がねえよ」 何て言われたらたまったもんじゃないでしょう。

このように日本人は面倒くさいことは絶対にやりたがらないですしどうしても貧乏マインドがついているというのは言うまでもないですね。 これは成功者とは絶対に言えませんし全て私のブログで の話なので 全部が全部当たるとは言いませんけどもはっきり言えることはこのようなコメントをしてきても今後は承認しないようにしましょうということを考えています。 モチベーションが下がるのでやはり自分自身がやる気のある人だけにコメントを承認するという方法がいいでしょう。 理解しない人にコメントなんていらないです。

 

勉強になりました症候群は結局のところ作業をしない人間

 

勉強になりました症候群と言われる人たちは間違いなく口だけ番長と同じですね。 単に人を評価していた評価オタクと大して私は変わりませんが このような人間に関わってしまうとまず作業をどんなにしてやらないかっていうことが分かるでしょう。 ネットビジネスは作業をやってこそ成功するのですから作業をしない人間と関わっても仕方がないのです。 モチベーションが下がるだけであり何も得るものはありません。

得るものといえばモチベーションが下がること以外に何があるのでしょうか。 とにかく作業ができる人間と苦労を共に分かち合う人間この二人と関わる方が一番いいと思います。 勉強になりましたとか参考になりましたとかどうでもいい口だけ番長 とは関わらず 一緒になって作業をして何かを掴むこのような人たちと関わる方がいいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です