Pinterest

Pinterestをビジネスアカウントに変えてからの話

更新日

 

(2018年10月17日更新)

こんにちは植田雅俊です

私の中でピンタレストは非常に使いやすいツールであり尚且つソーシャルメディアとしての役割を果たしているということが言えるのではないかと思いますが日本ではなかなかピンタレストという言葉を使うとどういうわけか抵抗感が結構あるというところがありますがピンタレストの使い方さえ覚えてしまえば色々な意味でメリットがあると思います。

しかし不思議なのは日本は企業がピンタレストを使わないというのが私はもったいないと思います。こんな情報発信ツールがあるのになぜ使わないのだろう英語圏のマーケター達はほとんどがピンタレスト個人レベルで使っています。しかし日本人は臆病風が吹いているのか全然使っていないというのが現状ではないかと思われますが非常にこれはチャンスだと逆に私は思っています。ピンタレストを使うということは非常に抵抗感があると思いますがそんなことはありません。私は今年の7月にビジネスアカウントに切り替えましたがそれからでもピンタレストについてはいろいろと研究しています

 

昔はアイデアを集めるだけのピンタレストだったが現在は違う

 

ピンタレストは昔はアイデアを集めるだけのツールだったかもしれませんが今でも確かにアイデアを集めるためにいろいろとやっていますが私から言わせてもらえれば未来志向のソーシャルメディアと呼んで頂くことにします。また誰かと繋がるわけでもないので本当に自分だけのディスカバリーエンジンといってもいいのではないでしょうか。自分だけの時間で色々な情報をピンするというのは本当に色んな考えを持って未来志向のアイデアをどんどんと練り続けるこれはピンタレストにしかできないアイデアだと私は思っています。

ピンタレストが目指しているのは未来志向のディスカバリーエンジンという風に読んでいますがまさにそれはないでしょうか。また私自身は勝手に検索エンジン対策とかお気に入りに使うとか自分自身の活用方法の経験からピンタレストの立ち位置というのは非常にアイデアを集めるだけではなく他にも色々な方法があるんだよという風に言いたいぐらいですね。とにかくピンタレストの使い方というのは人によって色々違いますが私の場合はリッチピンをつけていますのでピンタレストにシェアをすれば記事そのものがピンタレストに投稿するということをなりますので非常にメリットがあるのではないでしょうか。使ってみないと分かりませんのであなたを使ってみたらどうでしょう

新しい発見は必ずある

 

私はピンタレストを使って色々な発見があるのかという風にわくわくしていますが例えば私が旅行をしたいというふうに考えますが大抵の場合は Google 検索を利用するでしょう。それも一つですが私の場合ピンタレストを使う方がまだ早いかなという風に思います。理由は簡単ですがピンタレストには色々なアイデアがありますし例えば旅行の場合だとどこに旅行に行きたいのかどのようなデザインが必要なのかなど必要なものが大体揃っているからです

今行かなくても将来的に行く場合でもピンタレストでイメージを想像しておけば結構良いのではないかなという風に思い私自身は色々と国内旅行をどこか行きたい時にピンタレストで探してピンをしています。ですからピンタレストの役割というのは非常に大きく色々な使い方ができますのであなたレジンももう一度ピンタレストを使ってみることをおすすめしたいと思います。ピンタレストには活用方法はたくさんありますが基本的な使い方としてはあなたのアイデアを探せディスカバリーエンジンという風に思っていただければ結構です

 

英語圏のマーケッターのブログが参考にできる

 

リッチピンを使っているということは英語圏のマーケット私のブログを参考に生きるということなので私は参考にしている英語圏のマーケッターのブログを色々と見ながら自分のブログの作り方をいろいろと改善しています。これはピンタレストにしかできないことなので本当に自分自身もこのような使い方があるんだなという風に考えれば英語圏のマーケターのブログを見てどのような作り方をすればいいのかどのような配置があるのかなどいろいろとアイデアを募るという意味では別視点で考えると英語圏のマーケッターたちのブログを見ながら改善点が色々と出てくるので本当に参考になります。

ですからこのような使い方がありますよという風に言うわけではありませんが例えばピンタレストに関する情報を出る時に私自身はピンタレストの SEO 対策というのをいろいろとやってきていますがどのようになればいいのかということがわからないので英語圏のマーケッターのブログを見ながらやり続けているというところですが結構参考になるブログに関してはピンタレストで投稿しているものに関してはピンしておきます。つまり参考図書としてのピンタレストということが私はあると思います

 

自分で画像をアップロードすることもできる

 

 

もちろんピンタレストは自分で画像をアップロードすることもできますので色々な使い方ができると思います。簡単に言うならばピンタレスト Google ドライブのようなクラウド的な使い方をすればいいのではないかと思います。私自身はクラウド的な使い方をしているわけではありませんが基本的にピンタレストの使い方としては写真をアップロードするのであれば Instagram かピンタレストかどちらかにアップロードしますが事実としてはピンタレストの方が多いのではないかと思います。

ピンタレストにアップロードした写真はフォルダに小分けしますが最近はサブボードができているので非常に便利になっています。ですので私自身はこのあたりに関しては自分が撮影した写真でも積極的にピンタレストにアップロードしていくという方法が良いのではないかと思います。

 

ピンタレストの使い方は無限大

 

ピンタレストの使い方は無限大ですが私はピンタレストの可能性というのを今後どんどんと広めていこうと思っています。最近は人工知能が広がっている性格ピンタレストにも色々な機能が加わりかなり面白くなってきたなという風に思っています。 ズーム検索などや他の検索方法などがありますので私自身はやはりピンタレストに関しては結構色々と使いこなしているので他の使い方がないかという風に模索しているところですがやはり使いこなせば使いこなす方法を色々な方法があるのは間違いありません。

人によってはアイデアを集めるだけのピンタレスとかもしれませんし私のように幅広い使い方ができるような人もいるかもしれません。しかし色々な使い方がある以上は私はピンタレストの使い方というのが無限大にあるということを日本人に知っていただきたいと思い今回書きました。あなたにとって役に立つピンタレストになってほしいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です