電子書籍

35歳からのネットビジネス・電子書籍編

更新日

 

(2018年10月17日更新)

こんばんは植田雅俊です。

 

あなたはネットビジネスを何歳で始めましたか。私はネットビジネスを30才から始めました。アフィリエイトからでしたが現在でもアフィリエイトをやっていますが当時はアフィリエイトで食っていくことがやっとだったので本当に苦労しました。しかし時代とともにネットビジネスの種類は多種多様になり現在では電子書籍も出すことができるようになりました。

私は2013年から電子書籍市場に参入して現在に至りますがすでに5年になります。 Amazon Kindle で5年間電子書籍を出してきて思ったことは現在はほとんどの人が電子書籍を出しているという現状です。アフィリエイターの大半は電子書籍市場に参入しているということです。集客リスト取りも電子書籍から行っていましたがかつては PPC 広告を使っていた時代もありました。しかしそれも時代とともに電子書籍にシフトし現在は電子書籍とアフィリエイトというような関係が保たれています。なぜ電子書籍がいいのか、今後あなたのビジネスに電子書籍をどう活かすのかを話していきたいと思います。

 

電子書籍を出すということは単に稼ぐということではない

 

電子書籍を出すということは単に稼ぐという意味もありますがその他にも活用方法はたくさんあります。昨日の記事でも書いたように電子書籍はリスト取りや集客など活用範囲が広いので本当にいろいろな活用シーンがありますか初心者の方がやるべきことはまずは一冊電子書籍を出してみるということです。私は大きく電子書籍で稼ごうと最初は考えていました。しかしアメリカと違って日本は電子書籍市場が5年も後に入ってきたことを知って今ではアフィリエイトの補助的な一環として電子書籍を使っています。

つまり簡単に言う猿はコンテンツビジネスという形でやっているのです。元々リセールライト商品を作っていた私自身がコンテンツビジネスに参入したということは電子書籍も言い方を変えればコンテンツビジネスだと言えます。 Amazon Kindle はあくまでも情報商材 ASP に似ているだけでありそれはコンテンツを量産するという意味では非常にやりやすいと思います。つまり情報商材を売っているのと大して変わらないのです。ただそれが厳しいかどうかの問題だと言えます

 

ユーチューバーだけの収入はあてにならない

 

ユーチューバーの収入はあまりあてになりません。なぜだと思いますか。それは収益化するまでに一定の条件をクリアしないといけないのです。しかし Amazon Kindle の場合電子書籍ですのであなたがすべて著作権を握っているのであればあなたが辞めない限り電子書籍は自動販売機のように売れ続けます。しかし定期的にメンテナンスしないと当然ですが駄目なことは言うまでもありません。私自身も定期的にメンテナンスをしていますがメンテナンスに終わりはないです。

ユーチューバーはアカウントを停止されてしまえば全てが終わりです。しかし Amazon Kindle の場合はよっぽどのことがない限りでアカウント停止というのはないでしょう。私自身もいろいろな電子書籍を書いてきましたが少しずつ修正を加えたり新作に差し替えたりという風にしていますので本当に毎日の作業が楽しいですが結構しんどい部分もあります。今はユーチューバーの収入は全くあてにしていませんがそれでも電子書籍をかけ続けるということはこれからもやっていきたいと思います。

 

今までのことを電子書籍にしてみる

 

今までのことを振り返ってみると電子書籍にして残したいなという部分があります。35歳の電子書籍出版というタイトルで電子書籍を出しても良いのですが自分自身は35歳ではありませんので過去に出した40代からのネットビジネスという Kindle 本は結構書き上げるのに時間はかかりましたが今までのことを電子書籍に書くというのは非常に大変です。しかしやりがいのあることをやれば楽しいですそれらを電子書籍化して Amazon Kindle で出せば最低でも一冊は売れることは間違いないです。

あなたがこれまでやってきたことを整理して一冊の電子書籍にすれば間違いなく売れるでしょう。電子書籍は売るのではなく集客に使ったりという風に行きますので色々な方法があります。つまり電子書籍をハブに使って色々なことができるということです。これほどおいしいことなんてありませんよね。 Amazon Kindle で月10万円電子書籍で稼ぐということになると相当ハードなことをしなければいけないのは間違いありません。ネットビジネス関係のことを書けば確実に売れますが専門分野外のことを書くとあまり売れないことが分かってきました。これも色々体験してみないと分からないことが多いのであなた自身も今までのことを電子書籍化してみて実際に Amazon Kindle で出してみてはいかがでしょうか。

 

他の電子書籍マーケットではやりにくい

 

 

楽天 Kobo Google Play ブックスなど他にも電子書籍のマーケットなどはありますが個人的には Amazon Kindle をお勧めします。理由は何度もお話ししているように Amazon Kindle が一番いいのは検索エンジンに強いところと集客力がものすごくいい所です。そして世界最大のマーケットだという部分もありますし電子書籍の購入はほとんどの場合が Kindle Unlimited という部分があるからです。だからこそ言いたいのは Amazon Kindle から出すということが一番ベストです。

これほど電子書籍のマーケットに恵まれているところは他にないでしょう。というよりも使いやすさが一番いいと思いますし5年くらい前は本当に使いにくかったのですが機能も改善してきました。とにかく5年前は使いにくかったのですが今は非常に使いやすいと思います。ですので一度は Amazon Kindle を利用して電子書籍を出してみることをお勧めしたいと思います。

 

電子書籍市場は需要がある

 

電子書籍を出すということはまだまだ需要があるとともに電子書籍を使った活用方法というのはものすごくあると思います。私は電子書籍を出して5年になりますが電子書籍を使ってアフィリエイトにどのように結びつけるのかまたアクセスアップにどのように結びつけるのかなど色々と模索してきましたが電子書籍はアクセスアップにもアフィリエイトにも両方使えます。ですからあなたが電子書籍を出さないという理由はありません。

Amazon Kindle で電子書籍を出すということはそれだけブランディングがありますしあなたが著者として名乗ることもできますので肩書きのある先生ではなく普通に著者としてあなたが名乗ればいいだけの話なのでネットビジネスにレバレッジが効くのは言うまでもありません。ですのであなた自身も電子書籍を出して自分のブランディング力を高めるということをやってみてはいかがでしょうか。それ自体がすごく素晴らしいものだと私は思いますよ

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です