レビュー

ボロカスにレビューされた。それでも読んだ

更新日

geralt / Pixabay

 

アマゾンで出している自分の電子書籍に関してですが私は全部レビューを読みました。本
当にこれはあまり良いことではないかもしれませんが現実逃避するよりは何かの改善という
ものを求めています。建設的批判もあれば誹謗中傷もありましたが全て目を通したところで
何が分かったかということをシェアしたいと思います。

 

 

中身と関係のないレビューは基本無視

 

 

中身と関係のないレビューを見てもただの誹謗中傷ばかりしている人間でありそれのどこを
改善すればいいのか分かりませんしそれは改善というよりも私の中で見れば単なる嫌がらせ
なと思っています。中身と関係ないことを書くということはその人が出している電子書籍に
対しても私が中身と関係のないことを書けば同じことを思うでしょう。

私はそれらを反面教師にしています。レビューというのはその人の売り上げを左右しますの
で安易には書きません。やはり本当に大事なこと自分が本当にこれでいいのかというくらい
まで読んでからレビューをします。

 

 

誤字脱字を指摘された

 

 

これは仕方ありません。私が参入した頃は本当に手探りの状態でやっていましたので誤字脱字
は仕方がないですし価値観の違う人間同士がレビューしていますのでこの辺りに関しては改訂
版を出していかなければいけないという結果になりました。

やはり大切なことはレビューの中身をしっかりとように先ほども話したように建設的な批判な
らまだいいですか中身と関係のないただのクレーマーみたいなものに関しては全く無視しても
いいです。 誤字脱字が多いと言うとは一人でやっている以上は仕方がないので今後はここを改
善していくべきでしょう。

 

 

レビューはあくまで参考

 

 

あくまでもレビューというのは参考に過ぎません。もちろんその人が低評価をつけても他の人
が高評価をつける可能性というのは十分にあるのです。全ての人が低評価を付けると言うので
何のために個人が出版するというチャンスを与えてくれたのでしょうか。ど素人が書いてるよ
うな電子書籍というのであれば個人出版というのはまさにと素人が書いているようなものです。

本当のプロであれば出版社を通して出版をすればいいのですから私がド素人って言われても別
に関係はないと思います。ですからレビューはあくまでも参考にする程度にして改善するべき点
は改善します。私にとってのゴールはありません。自分自身は100%の力でやっているのでこれ
以上出し切れと言われてもさすがにそれはできないです。

 

 

あなたを理解してくれる人がいる

 

 

いつも言い続けていますが低評価レビューをつけられたとしてもあなたを理解してくれ
る人は必ずいるんです。このことを忘れないでください。人間誰しも完璧に生まれたわけ
ではなく完璧にできるということではないです。色々なプロセスを経て人間は生きている
のですから99人が理科しなくてもたった一人だけ理解する人がいればいいじゃないですか。

私はそのように考えていますし野良犬のように自分も入っていますのでしっかりとした電子
書籍をこれからも量産し続けようと思ってます。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です