アフィリエイト

Amazonアソシエイトのサイト審査2018年版

更新日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

(2018年10月11日更新)

こんばんは植田雅俊です。

Amazon アソシエイトはご存知のように再度審査があるということは言うまでもありませんがこのサイト審査が結構厳しくなっているというのをご存知でしょうか。特に今年はヨーロッパデータ保護法に関することで WordPress ブログをやっている人はプライバシーポリシーやサイトポリシーをしっかりと支えていないとサイト審査に落ちてしまう可能性があります。

Amazon アソシエイトのサイト審査で一番重要なのはあなたが Amazon アソシエイトで何をしたいかということが重要になってきます。サイト審査の中で何を問われるのかはわかりませんが、基本的にサイト審査で色々見られる部分は人によって違いますが私自身は雑記ブログとかを作っていた頃は一度審査に落ちた経験があります。それを踏まえて Amazon アソシエイトのサイト審査についての話をしていきたいと思います。

 

特化型ブログは文字通り作りこまなければいけない

 

特化型ブログの場合は文字通りあなたが何かに特化しているということなので再度審査に通りやすいかどうかはわかりませんが私はサイトを審査に通るのであれば特化型ブログの方がいいと思います。それはなぜかと言うと特化型ブログの方が圧倒的にいいのは例えばあなたが Amazon Kindle に関するでことを WordPress ブログで書いた場合何を伝えたいのかということなんですが基本的に電子書籍のノウハウなのかそれともレビューなのかそれはわかりませんが色々とあると思います。

私自身は特化型ブログと先方ブログの二つを持っていますが両方とも Amazon アソシエイトのサイト審査に通っています。 特化型ブログの場合私の場合は Amazon Kindle に関することなどを電子書籍に関する特化型ブログを作りましたので意外と早く通りました。このあたりに関しては正直私自身もかなり作りこんだブログだったので審査が早かったのかどうかはその辺りはわかりませんが一つだけ言えるのは特化型ブログは本当に難しいです。逆に言うと雑記型ブログの方がよかったのかもしれません。その点から考えるのであれば特化型ブログよりも雑記型ブログの方がよかったのかもしれないですね

雑記ブログは内容次第

 

雑記ブログは基本的に内容次第だと思っています。なぜなのかといえば内容次第で私自身は基本的にブログが審査されるのは言うまでもありませんが通るか通らないかはその先のことは正直わかりませんし基本的にそのブログが何か問題があって指摘されるということは仕方がないことではないでしょうか。

しかし言うまでもなくあなた自身が雑記ブログの方がいいと言うのであれば雑記ブログを作るべきでしょう。私自身は雑記ブログの方がいいので今は雑記ブログをメインにしていますがそれでも作れない人というのがいます。やはり雑記ブログの方がいい理由の一つがまずは何かと言えば 色々な記事ネタに困らないからです。私自身は記事ネタにそれほど困っていませんがとにかく言えることはいろいろあります。雑記ブログが審査に通るまでにはかなり時間がかかりますがそれでもオリジナル記事を30記事ほどを入れれば2時間ぐらいで通ることもありますがこれはブログの内容次第だと思います。

ですからこの辺りについては何とも言えないのですが一つだけ言えることは雑記ブログがしっかりとしているかどうかだと私は思っていますのであなたの内容が曖昧だと落とされる可能性が十分ありますのでご注意ください。

アフィリエイトリンクを貼らない

 

アフィリエイトリンクを貼ってしまうと一発でアカウント停止にはなりませんが Amazon アソシエイトのサイト審査に通らないのは言うまでもありません。ただ楽天のアフィリエイトリンク程度であれば問題はないでしょうが審査する人間によっては落とす可能性もあります。私の場合は基本的に落とされなかったのが言うまでもなく不思議だったのですがマニュアル通りにいかないところもあるのでこの辺りはわかりません。

ただ最も嫌っているのが情報商材系のアフィリエイトです。これは結構言うまでもなく Amazon アソシエイトが一番嫌っている情報商材系のアフィリエイトリンクは全部外しておきましょう。絶対にこの類のアフィリエイトリンクがあると確実に落としてきますので私自身は正直何も言えませんがとにかく言えることはこのようなアフィリエイトリンクを放置しておくと Amazon アソシエイトでは絶対にろくなことはないので まず貼らないことをお勧めします

 

ヨーロッパデータ保護法の対策をする

 

Amazon アソシエイトのサイト審査の2018年度版はおそらくこの辺りを見てくるでしょう。ではどの辺りを見てくるのかは以下の三つのポイントを押さえておくといいでしょう

コメント欄に同意事項があるか
お問い合わせフォームに同意事項があるか
メルマガの購読解除に同意事項があるか
プライバシーポリシーをしっかりと書いているか
サイトポリシーをちゃんと書いているか

この五つは確実に見られます。ヨーロッパデータ保護法の対策をきちんとやっていないかどうかでおそらくサイト審査に落ちる可能性というのはあるでしょう。ですからこのあたりに関してもしっかりとした情報をつかんで対処しておきましょう。時代とともに Amazon アソシエイトサイト審査の違ってきますので最新の情報を入れておくことをお勧めします

 

まとめです

 

 

Amazon アソシエイトのサイト申請は2018年度はかなり変わっているということはお分かりでしょうか。ヨーロッパデータ保護法の対策をやっていないとおそらく落とされる可能性というのは十分あると思います。今回ばかりはさっぱりわからない部分もありますが今までとは違う点がかなりあると思いますのであなたはどのようなサイト構成でやっているのかはわかりませんが少なくとも言えることはまずあなた自身がきちんとした対策を打っているかどうかです。

ここがポイントだと言えるのはまずはあなた自身が Amazon アソシエイトで収益を得たいのであれば WordPress ブログを立ち上げてきちんとした目的のあるブログにしているということが大事ではないかと思います。そしてしっかりとしたコンテンツを作り上げていくということも大事ではないでしょうか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です