経験

だめなコンビ二は顧客のことなど考えていない

更新日

Konbini

おはようございます植田雅俊です。

私は最近コンビニに行くことはあまりないですか、 過去にコンビニに行ってあまり良い店員の 再度というのが非常に悪かったコンビニがたくさんありました。 おそらくアルバイトだと思いますが非常に私自身も不愉快な思いを何とかしたので自分自身もなぜこのような態度をするのかということが全然わかりませんでした。

例えば 隙間の時間を 何かやってるのかと思えばおしゃべりをしているような人間もいましたしまたある時には 不愉快な顔をしてレジの対応をする人間も迷惑千万ですからたまったもんじゃないですがお客さんから取ればこんな迷惑な話はないと思います。 コンビニというのは本当に便利な反面顧客の対応が悪いということは以前から指摘されていました。 今回はダメなコンビニの見分け方と同時に二度とこのようなコンビニに行かない方がいいということも書いていきたいと思います。

 

ダメなコンビニはお釣りの渡し方でわかる

 

ダメなコンビニほどお釣りの渡し方で私はわかりますが 女性店員だろうが男性店員だろうがこれは言うまでもなく私自身はお釣りの渡し方をだいたいみます。 もしお釣りの渡し方が非常に悪い人間ということはかなり性格の悪い人間だということは非常に分かりますもう第一印象でこの人は何をやっているのかということが疑われますね。 やはりこのいう人間になりたくはない自分自身もそう思ってきましたが お釣りの渡し方がこのように乱暴な人間ということは そのまま正確に出ているということです。

ダメなコンビニほどこの傾向にあるというでしょう。 従業員の教育がなっていない当たり前です。 そもそも私自身がよく利用するコンビニはもはや従業員の教育どころか 私が来るたんびに嫌な顔をされてしまいますので どうやら 客の機嫌を伺っているのかという風に思って仕方がありません。 このようなコンビニは本当に 仕事をするためだけにあるのではなくたまり場のような感じがしていて仕方がないのです。 お釣りの渡し方の悪いだけでははっきり分かりませんかこのような状態が続くコンビニはもはや避けるべきだと思います。

 

店長の反応が無反応

 

とにかく一つだけ言えるのは店長の反応が無反応なコンビニはもはや 潰れたも同然でしょう。 真面目な店長もいれば ダメな店長思います。 ダメな店長に多い県は何を聞いても答えてくれないということではないでしょうか。 本当に名前を出したいぐらいですが今回は出さないことにしました。 特に深夜の1時間にコンビニに行くとやはり 店長一人で色々と仕事をしているのは分からないでもないですがそのような時に買い物にくるとどうしても店長の視点になって考えてみればうっとうしいなっていう風に思われるかもしれません。

普通なら寝ている時間になぜ来るのかという風に思われるとたまったものじゃないですがコンビニは24時間営業が基本原則なので 別に来ても問題はないと思います。 ですがほとんどの場合はこういう風なことを言う店長というのはどこかおかしいんじゃないのかと思っています。 先ほども話ししたようにお釣りの渡し方も高原駄目ですし 不機嫌な顔をされるというのも 経験しました。 だからこそ今大事なのはないかということをしっかりと考えなければいけないのではないかと思います。

 

テキパキと仕事ができない

 

最近の若者がコンビニにアルバイトを行けばテキパキと仕事ができないというのが非常に多いですかこれは仕方がない部分もあります。 やはり社会経験を積んでいないということが原因である程度は仕方がありませんがそれでもアルバイトを3年4年続けていればこのくらいのことはできるはずなのになかなかできないというのはどういうことでしょうか。 コンビニでアルバイトをしている以上はきちんとした対応をしてほしいというのが当たり前ですし公共料金を支払うのも当然ですが コンビニですので 私は基本的にテキパキと仕事ができない人間というのはあまり好きではないです。

最初は テキパキできなくても徐々にテキパキてきたはずなのになぜかできないというのは非常におかしいですね。 やはり仕事に対する情熱が全然ないというのかやる気がないというのか私自身がそのように思います。 買い物をする人間にとってものすごく不愉快なのはこういった人間がいるということもありますからね。

 

まとめです

 

コンビニで本当に仕事のできない人間というのは どうしようもない人間としか言いようがないですが私自身が一つだけ言えることは何かと言えば個人的に 本当にその人はやる気があるのかどうかという問題でしょう。せっかくアルバイトでやっているのであれば 私自身はしっかりとやるべきだと思っています。

またこの社会経験を活かしてネットビジネスなどで色々なこともできるということを忘れずにねいてほしいと思うんですけどもやはり 不愉快のコンビニというのは二度と行きたくないですし自分もこのような経験を させるべきではないというような ことが色々と 分かってきたので 実社会で学んだことはネットビジネスでも活かせるように したいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です