インターネット

脱グーグルあなたはできますか

更新日

FirmBee / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

世の中の人は Google に依存しすぎていますね。あなたはどうでしょうか。ほとんどの人が Google のサービスを使ってネットビジネスをやっていますが YouTube もその一つでしょう。しかし脱 Googleを私は最近はじめました。それは言うまでもなく Google に依存しすぎてはいけない点もあるのです。

確かに Google があればいろいろなことは調べられますが、別に Google がなくても Bing でも調べることはできます。 Google が Microsoft かの違いだけであり検索エンジン会社としては別にどちらでもいいのではないかと思います。 Google からの依存を脱却しなければいけない理由についてお話しさせていただきます

 

世の中の人 Google に依存しすぎた

 

 

自分で調べればわかることができるブルーに依存しすぎた日本人たちは、自分で考えることをししません。なんでも検索エンジンって調べれば答えが出る、こんな世の中にしてしまっているのはいわゆるインターネット社会のせせいでしょう。

Google は確かに便利です。しかしその反面依存心が強く、スマホやパソコンなどデフォルトで Google が入っています。私は Google 検索に最近辟易してきたのはGoogleという会社がYouTubeなどの収益化でさえ平気で約束を守らないからです。ですからもはや脱Googleを唱えたわけです。

 

 

最近はデフォルトでBingを使っている。

 

 

最近はデフォルトの検索エンジンをマイクロソフトの検索エンジンであるBingにしています。Google の検索エンジンも時々使うのですがやはりマイクロソフトの検索エンジンであるBingがやはり一番私は使いやすいと思います。この辺りは両方使っている人もいるかもしれませんがなぜ私がBingを使うのかといえばやはり個人的には検索エンジンをGoogle依存から脱却するために使っています。

ですから個人的にはYahoo でもいいのですが Yahoo は基本的に検索エンジンを Google のアルゴリズムを使っていますので実質的には Google と同じでしょう。私はBingを使うほうがいいので少しずつ脱Googleを目指していきたいと思います。

 

 

YouTube の収益化審査もまだ行われていない

 

 

YouTube バーは審査を6月中に終わらせると言ったのに一体いつになったら終了するのでしょうか。当然 YouTube は Google の傘下会社ですから Google がそんなことを知らないというわけではないでしょう。しかしいつまでたっても終わらないということになれば愛想をつかされて YouTube 離れというものも進むのではないかと思います。実際私自身も本当にこの先収益化できるかどうかはわかりませんが基本的に言うならばどんどん頑張って行ってやろうと思っていますが今のところは本当にポンドしているところです。

しかし物事の本質を考えれば自分が立つ Google を目指しているのでかりん YouTube の審査が不合格になったとしてもそれはそれで後悔はないと思います。アカウントが停止になるので使わせてもらえればまだマシかなというふうに思います。ですのでとにかく Googleの依存から脱却するためにもまず必要なことは行動するのみだと思っています

 

まとめ

 

 

Google から脱却するためには自分自身で考えることをお勧めしますが、やはり自分でできることは自分でする検索エンジンに依存しないことを私はまず第一に考えたいと思います。どうせ検索エンジンを使うなら Google 以外の検索エンジンを使うといいでしょう。

本当に愛想もくそもない検索エンジンサービスといえばグーグルというイメージがあるかもしれませんが私の中には使い倒すだけ使い倒してみようかなというのもあります。このあたりはじっくりと考えてみる必要もあるかもしれませんね

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です