デイリーモーションでの収益化やめたほうがいい理由

No Comments

Sharing is caring!

geralt / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

動画の収益化と言えば YouTube が最初にイメージされますが、他に収益化できる動画投稿サイトとしては Dailymotion がよくあげられます。しかしこのデイリーモーションですが収益化する際にはものすごく手間がかかります。間違った情報が結構流れていますが私自身は実際に収益化するまでに本当に大変でしたし途中でやめました。なぜやめたのか今回その理由をお話ししていきたいと思います。

ご自身が是非デイリーモーションで収益化したいのであればやってもいいですかめちゃくちゃ大変です。ただでさえ YouTube より収益化が煩雑なのでほとんどのユーチューバーはおそらく収益化はしないと思います。

 

ペイオニアアカウントを作成する

 

 

デイリーモーションを収益化するためにはこのペイオニアアカウントを作成しなければいけません。ペイオニアは国際決済代行ですので当然ですがDailymotionの収益はこのペイオニアを経由してあなたの銀行振込に入ってくるわけです。しかしこのペイオニアはアカウント作成の段階で審査があります。私はこの審査に落ちました。理由はよく分かりませんがおそらく取引実績がなかったことでしょう。

ペイオニアは他にもDailymotionの他にもAmazon の転売などもこのペイオニアを経由してやっていますので非常にめんどくさいです。ペイオニアはアメリカにある企業なので当然ですが Dailymotion はフランスにある企業なので決済代行会社がアメリカにあるということはどういうことかご存知ですね。つまり Dailymotion で稼いだ部分をペイオニアで決済するということでアメリカでの税の申告があるということです。これは Amazon Kindle とかでも見えますがやり方は全く違います。詳細なことはペイオニアの公式サイトを御覧ください。

 

100ドルにならないと振り込んでもらえない

 

 

これは Amazon ビデオダイレクトでも同じですがデイリーモーションの場合な100ドルにならなければ振り込んでもらえないというデメリットがあります。また先程お話ししたように YouTube と Amazon ビデオダイレクトと違いは国際決済代行であるペイオニアを使うことなのでアメリカに納税義務が発生するということです。2割納税者番号持っていない場合は30%自動的に天引きされるのです。1万円の30%ですから3000円は引かれるということですね。

これは本当に痛いです。 YouTube のアドセンスの場合であれば8000円に達した時点で若干金額の差はあったとしてもそれほど大きな影響はありませんかデイリーモーションの収益化は本当に面倒くさい手続きが多いので私自身はお勧めはしていません。

 

 

日本ではそれほど流行していない

 

 

デイリーモーションの収益化日本ではそれほど流行しないと思います。先ほどもお話ししたように収益化の流れがほとんどわかりにくくインターフェイスがまだ英語なので日本語にローカライズしなければいけない部分があると思います。 YouTube のアカウントが停止になった場合おそらくは Dailymotion にいく可能性が強いですが私はやめたほうがいいと思います。

理由はいくつかありますがデイリーモーションは収益化をしたとしてもこれだけ手続きの面倒くさいことをやらなければいけないですし本当にそれでも収益化を目指すというのであればやっても構いませんが私自身が経験したからには辞退をする方が賢明でしょう。そして日本でもそれほど流行しないと思いますので収益化をしないのであれば Dailymotion を使うのはいいと思います。

 

基本的にユーチューバーのままの方がいい

 

 

基本的にユーチューバーのままの方が私はいいと思います。ただ何度もお話ししているように YouTube もアドセンスに関してはものすごく厳しくなってきていますので他の収益化を目指すのであればブログアフィリエイトをやらない考え方を変えなければいけないと思います。動画の収入というのは本当に厳しくなってきているので Amazon ビデオダイレクトのように動画を販売できるところもありますが私は少し参入を待とうと思います。

動画を販売するのであればインフォカート、サブライムストアでも販売することができますのでこのあたりに関してはまだまだかんがえる余地があるのではないかなと思います。

電子書籍作家、リセラー

ブログとYouTubeで日々情報発信するスタイルを取りつつ有益な情報を書いています

公式サイト:Masataoshi Forest
趣味サイト;Masatoshi Article

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です