リセールライト

デメリットをどれだけあなたは話しますか

更新日

3dman_eu / Pixabay

 

自分の商品に対してデメリットを話すなんてなんてバカなという人もいるかもしれ
ませんが今の時代デメリットから話すという人はいないでしょう。通販番組でも
胡散臭いほどメリットばかりを話しています。私は通販番組はあまり好きではない
ですしジャパネットたかたも個人的にはあのショッピングクレジットは苦労しました

なぜデメリットから話すのかというとやはり商品にはそれぞれメリットやデメリット
はあります。しかし多くの人はメリットばかりを強調するのです。ですから売れない
のです。売れるためにはメリットばかりよりもデメリットを話すことも大事です。

 

デメリットを話すことで何が生まれるのかを考える

 

たしかにデメリットなんて話すのは可笑しい、そんなことをすれば売上下がるのは
言うまでもありませんが私はいろいろな意味でもデメリットは話すべきだと思います
理由はあります。

デメリットを話すことで新しい活用方法を発見する
別のメリットが生まれる。

などなど違う角度から使い方がまた生まれるのです。私にはどうしても使いにくい
ツールがあります。それがワードトゥウェブページ~眠ったワードファイルがサイト
になる~です。

 

このワードトゥウェブページのデメリットは何か?

 

このワードトゥウェブページはワードファイルをHTMLサイトにするというツール
ですがはじめての方のためにどんなツールか動画で御覧ください。

 

 

このツールは勿論Microsoftのワードと互換性のあるソフトであればどれでも
使う事ができますが敢えて言うのであればホームページ・ビルダーで編集した
時にソースがかなり汚いものになります。

このツールが問題なのは使いにくさも勿論ありますがどのような活用方法が
あるのかです。あなたならばどう使うでしょうか。いろいろな使い方がある
と思いますがもし何かありましたら当ブログまでコメントをください。

 

アドセンス用に開発されたツールだがあまりアドセンスには向かない

 

このツールは元々は英語圏でアドセンスでサイト量産をして稼ぐツールとして
開発されましたが今ではブログなどでアドセンスをするので時代遅れのツール
としてあまり売れないという感じでしょうか。

私としてはいろいろと模索していますが個人的にはいろいろな意味でも活用シーン
を探しています。感じたことなどは動画解説を作りますが何よりもこのツールは
まだまだ使えますのであなたなりに使い方があるという方は下記のリンクより
アクセスしてください。

ワードトゥウェブページ

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です