リセールライト

ワードトゥウェブページデメリットだらけです

更新日

 

英語圏のツールでワードファイルをHTML化するソフトであるワードトゥウェブ
ページですがメリットばかりより実際に使った感想は日本ではデメリットが多い
かもしれません。あなたから見ればこんなものはダサいと思うでしょう。

先にデメリットを話しておきます。

アドセンス用として使えるのかは微妙

 

元々仕入れた時はどのようにしていけばいいのかということを考えました。今
は検証につぐ検証を重ねていますがアドセンスに使うのはナンセンスだなという
ように思いました。

理由はまずHTMLソースが汚いということです。ワードファイルをそのままHTML
ソースで吐き出してしまうので個人的にはあまりサイト作成ツールとしては向かない
のかなと思います。

ただ初心者の方が練習用のサイトとしては個人的にはいいかなといえます。今は
いろいろと検証を重ねていますが遥かにデメリットの方が多いです。

 

ホームページビルダーで編集してもスキルがかなりある人でないと難しい

 

上級者レベルの人でもソースが崩れているので一番ベストな方法はそのまま使うの
がいいのですがやはりアフィリエイトリンクをいれたりするのであればこのツール
を使うのがいいでしょう。

しかしいろいろ使ってみて思ったのは現実と違うことです。私は販売者としての責務
を果たすと同時にデメリットをこうしてはなしているのです。ですからいろいろな解
釈はあると思いますがそれでもメリットもあることは勿論これからの検証で話してい
こうと思いますし個人的にもそれがベストかなと思いますので是非期待してください。

ワードトゥウェブページ

まだまだ検証しますのでまた書きます。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です