電子書籍

電子書籍を初心者に勧める理由

更新日

 

(2018年10月22日更新)

こんばんは植田雅俊です。

なぜ私が電子書籍を進めるのかご存知でしょうか。電子書籍といえば Amazon Kindle をイメージしますが私は電子書籍を進める最大の理由は一番稼ぎやすいといったところです。電子書籍というのは簡単に言ってしまえば Amazon に自動販売機を作るようなものである不労所得の仕組みを作るということです。不労所得の仕組みを作るのは簡単ではありませんがあなたが電子書籍を出せば出すほど Amazon が集客を勝手にしてくれるので後はお金がチャリンチャリンと入ってくるということです。

これほど楽なことはないと思いますが私はこれに対して別に悪いということは持っていません。そもそも電子書籍というものはこう言った活用方法もあればもっと色々な活用方法があると思います。例えば集客をする方法もあればリスト取りなど色々な方法がありますので電子書籍と言っても稼ぐだけではなく色々な活用方法があるところがメリットです。

 

まずは一冊電子書籍を出しましょう。

 

まずは一冊電子書籍を出してどうだったかということを体験してみるのがいいでしょう。一冊だけでは何も言えませんが出さない人間よりあなたはひとつ前に進んでいるということです。常に前進するということは大事ですし一冊でも売れればどうでしょうか。アマゾン犬譲渡には二つの収益パターンがあります。それが KDP セレクトというものです。 KDP セレクトに登録すれば通常の有料販売からの購入と読まれたページ数の×0.5の配当金が入ってくるということで非常にメリットがあると思いませんか。ここは出してみないと分からない部分もあるので是非電子書籍を出したいという方は この機会に出してみるといいでしょう。

今 Amazon Kindle は本当に需要がものすごくあるので私自身も電子書籍をたくさん出して収入源を増やして行っていますが最初にこの収入源を自動化することによって先ほどもお話ししたようにチャリンチャリンという風に入ってくるというのははっきりで楽ですね。これだけで5000円ほどが稼げるのであればものすごく楽です。100冊かければだいたいもっと稼ぐことができますがやはり自分自身がもっともっと作業をしなければいけないということなのでこの辺りについてはどうかなという風に思いますがとにかく努力をすることが常に代理ではないかなという風に思います。

 

検索エンジン対策になる

 

アマゾンはもともと検索エンジンに強いのであなたの名前でグーグルなどで検索エンジンにしてあげてみるとおそらく出てくるのではないかと思います。私は基本的に自分の名前を入れて検索してみると上位には必ずと言っていいほど Amazon の Kindle 本が出てきます。 Amazon はやはり検索エンジンにはものすごく強いということは言われていますので Amazon の検索エンジン対策をやっておくことをお勧めします。

また Amazon の Kindle 本は集客ツールとしても使えますので本当に色々な使い方をあなたが今後をするべきでしょうし私も基本的には色々な使い方を模索しています。とにかく電子書籍を使ってうまくどのようにして集客するのかということを今後は考えていただければいけません。難しいかもしれませんがこの部分に関しては色々な情報をかき集めて私自身もやっているので本当に難しい部分がありますね。

 

印税だけでは稼ぐのではなく他のビジネスと組み合わせる

 

印税だけで稼ぐのではなく他のビジネスと組み合わせるというのは非常に重要なことだと私は思っています。ネットビジネスで大事なことは他のビジネスと組み合わせるということよりもはや電子書籍というものを基本的にベースに考えれば私自身はアフィリエイトなどと組み合わせていろいろとやっているので電子書籍単体の収益は少ないかもしれませんがアフィリエイトと組み合わせていけば収益は大きくなっていくと思います。

具体的に言うのであれば電子書籍をフロントエンド商品として取り扱っていきそして集客ツールとして使えば一番理想的ですがあなたが情報商材を作っているのであればバックエンド商品としてあいだに電子書籍を使うという方法もあると思います 。このような使い方というのも私はありだという風に思います。ですので色々な方法があるので試してみる価値はあるのではないかと思います。

 

リスト構築のための電子書籍

 

リスト構築のための電子書籍というのもありではないでしょうか。今までだと無料レポートを出している人を構築をやってきたアフィリエイターにとって Amazon Kindle で電子書籍を出してリスト構築をするというのは新しい時代のやり方かもしれません。このようなやり方が今後はどんどん進化してくると思いますが私自身は電子書籍を使ってリスト構築をするというのもありますが、自分のニュースレターにどのようにしてリスト構築をするかというのも考えなければいけませんがあなたがもしメルマガを発行しているのであればきちんとしたリスト構築をやるのも大事ではないでしょうか。

基本的に色々な方法がありますがとにかく一つだけ言えることはまずはリスト構築をするための基礎基本を固めるということです。これができるかできないかによって違ってくるという風に私は思っています。

改訂版を出せる

 

電子書籍のいいところは改訂版を出せるというところがメリットなので私は改訂版をどんどん出すべきだという風に思っていますが古い電子書籍に関しては売上がほとんど見込めないものに関して改訂版を出すということが一番大事かなという風に思います。自分は改訂版をあまり出していないのでもちろん改訂版が全部出せるということではありませんが売り上げのレポートを見ながらどのようにして改善していくかというふうに考えて改訂版を出すと言うタイミングを見ています。

とにかく言えることは改訂版を出さなければ話にならないということで空き情報というのは常に更新しなければいけないのであなたが出した電子書籍というのは常に改訂版を出すか新しい電子書籍に差し替えるかどちらかにしなければいけないという風に思いますがもし改訂版を出せないのであれば電子書籍を一旦出版停止にして新しい電子書籍と差し替えという方法もあります。 その方法の方が効率がいいかもしれません。

 

とにかくやってみる

 

とにかくやってみることが大事ですよ私自身は電子書籍を量産しているので個人的には売れる売れないはもうその人次第なので改善するべきところは改善するということで自分自身はどんどんと電子書籍を出してどのようにすればいいのかということを模索しています。あなたもぜひ電子書籍を出して色々なことを改善していくということをしなければいけないと思います。私自身もそうですが並大抵のことでは電子書籍というのは売れないというのは言うまでもないでしょう。

とにかく電子書籍を量産して収益の自動化をまずは作ること、つまり自動販売機を作る要領で電子書籍を量産すればいいと思います。そして時々メンテナンスをして行くという感じでやればいいのではないかなという風に思います。初心者が電子書籍をやるということは非常にいいことですので是非参入してみてください。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

1 thought on “電子書籍を初心者に勧める理由”

  1. こんばんは!
    ランキングから来ました。
    電子書籍・・・。
    色々な知識を付けてだすのもいいんですね。
    初心者過ぎて、基本すら分からないので、将来的に
    本を出せるようになれば、素敵ですね!
    勉強になりました(*^^*)
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です