リセールライト

どん底時代にお金をつくった方法

更新日

stevepb / Pixabay

 

私がネットビジネスを始めた2004年ごろは本当に金に困っていました。
明日生きるためのお金がない、保険料払えないなどその頃はかんぜんなる
プー太郎でした。

しかし今思えばお金を作る方法などいくらでもありました。最初にやった
のは不要品を売ることでした。その頃は不要品はおおくとにかくヤフオクに
出しちまえということで出しました。

明日を生きるためならばなんでも売る

 

その頃は保険料や税金も払えない貧乏人でしたが明日とにかく生活しないと
いけない、そして何が何でも成功しないといけないので私は不要品として
時計からパソコン・ソフトから色々とオークションにかけました。

ダンボール2箱分でだいたい3万円ぐらいは稼げましたがそれでもなんとか
その場はしのげましたが本当にこれでも大変でした。今はオークションは
やっていませんが私はネットビジネスをするきっかけになったのはいう
までもありません。

 

お金が無ければ作ればいいだけ

 

単純に言えばあなたにはこの発想があるかどうかです。本当にお金があるか
どうかよりもまずはしっかりと作る事が大事ですし私は本当にまずやるべき
ことはしっかりとした意識で資金を作ることです。

無駄なお金を使う暇があるのであれば、浪費をしているのであればそれらを
活動資金として運用することです。あなたから全て無駄を削げばいいのです
別にメシ代になんて困りません。逆に健康でいいですし食べられないほうが
何よりもまだましです。

ですのであなたもしっかりとしたマインドを持ってアフィリエイトをしてほしい
と思います。あなたに引き寄せの法則でもあるのではないですか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

6 thoughts on “どん底時代にお金をつくった方法”

  1. 増田さん、こんにちは。
    〉お金が無ければ作ればいいだけ
    この発想はとても穿っています。
    お金を作り出す方法は学校では
    教えてくれないですが、
    生きるためにもっと
    頭を使うことが大切ですね。
    ありがとうございます。

    1. つかっちさんコメントありがとうございます。

      私は貧乏だった時代にこのことを人生の師匠から言われました。まだネットビジネスを
      始めた頃ですが穿った発言かもしれません。日本の教育は教えてくれませんね。確かに
      頭をつかいそして如何にお金を作ることが大切なのかをおしえないと行けないと思います

  2. 不用品でも使ってくれる人が居て、自分には収入が入るっていいですよね。
    今はメルカリが出来て、これまで通りリサイクルショップに売るより得る金額が増えたので、売れる喜びも感じれますしね!
    売れる楽しみ、これもビジネス始めるきっかけになるんですね!

    1. yukoさんコメントありがとうございます。

      その頃はお金がないので何が何でも生きるということしか頭にはありませんでした。
      自分のすべてをオークションで処分しました。大切なものもそうですが本当にあの頃
      は辛かったです。そう思えば今の自分があるのはビジネスを始めた原点かも知れないです

  3. おはようございます。
    この年末、ほんとうに悩んでばかりいないで、
    売れるものはメルカリで売った方がいい!
    と感じました。
    写真の出来栄えに悩んでいる時間はありませんね!
    ぽちっとさせていただきました。

    1. kinokaさんコメントありがとうございます。

      売れるものは売る。私はビジネスの原点にしたのは目の前にお金が必要だったからです。ほしいもの
      を犠牲にしてでも食べなければいけないという一新でした。全てはあなたしだいだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です