YouTube

動画=コンテンツと考える

更新日

JuralMin / Pixabay

 

おはようございます植田雅俊です。

あなたはコンテンツといえばテキストや音声をイメージしますが、動画も立派なコンテンツ
です。 YouTube であなたが動画配信をしているということはコンテンツを提供しているとい
うことに他ならないのですが、ユーチューバーは未だにコンテンツを配信している動画投稿
者にすぎないのです。だからこそそれでお金儲けをしているのではないでしょうか。しかし
ユーチューバーが間違った方向に行けば間違ったコンテンツを発信してしまい最悪の場合ア
カウント停止になってしまいます。

これは別の言い方をするならば詐欺まがいのノウハウを売りつけると言ってもいいでしょう。
詐欺まがいなノウハウを売りつけてお金儲けをしていると言ったら言い過ぎかもしれません
が現実的にユーチューバーがやっていることは本当に過激な動画を作って再生回数を上げて
といった流れでしたが現在はアカウント停止が続出しているということからその流れもほと
んど消えていると私は思っています。

 

 

コンテンツとしての YouTube

 

 

本来 YouTube といえばコンテンツとしての動画投稿サイトであるべきなのにいつのまにか言い
方が悪いですが便所の落書きのような感じになってしまっていると私自身は感じます。これは
まさによくない事例でありなおかつこのようなことが起きてしまえば YouTube 側も取り締まり
強化がどんどんと厳しくなるでしょう。

せっかく自由に投稿できてコンテンツを配信できる場所があるというのにアカウント停止に
なってしまえばあなたのアカウントがどんなに立派であっても自由に物事が発信できないと
いうことになってしまえば本当に悲しいものです。一体積み重ねてきたものは何だろう、
私自身も最近はライブを始めましたが本当にコンテンツビジネスと考えたとき YouTube の
やっていることは何だという風に少し疑問に思いました。

 

 

悩みを解決できる動画を作れるか

 

 

あなたはテキストだけで悩みを解決できるコンテンツを作っていませんか。確かにそれも
有効かもしれません。しかし私自身は動画こそが一番有効な解決方法だと思っています。
最近は紙のマニュアルよりも動画マニュアルの方が圧倒的にいいということは言うまでも
ありませんが、個人的な意見としては動画コンテンツを作ることでその人の悩みを解決す
るということはとても良いことだと思います。そうすれば売り込みなどする必要もありま
せんしあなたのことを信用して商品の購入に繋がるということは間違いないです。

このように動画というものは単にユーチューバーだけのものではなくコンテンツとしての
価値というものが非常に大きいということを感じたのではないかと思います。ですのであ
なた自身がコンテンツを配信していくということは有益な情報をどんどんと配信していけば
いいのではないかと思います。

 

 

顧客が求めるもの

 

 

顧客が求めるものは本当に多いです。何に悩んでいるのか私自身も分かりませんが、とにか
くはっきり言えることはその人の悩みに答えるということが一番大事ではないでしょうか。
悩みはたくさんあります。その人の立場に立って真剣に考えるそしてその悩みを少しでも解
決してあげる、たとえお金にはならないけども何か動画を使って悩みが少しでも解決したの
であればその人はあなたを信用することは間違いありません。

つまり最初にならなきゃいけないのは信用を勝ち取るということです。信用を勝ち取るため
にはまず何をするべきかといえば有益な情報発信ということですがこれまでに話したことは
ブログについてのことを話しました。しかしブログと YouTube をうまく使って情報発信をし
ていくこれからの時代はこのようなことが求められるということは間違いないです。YouTu
be はコンテンツです。間違いなしに YouTube で動画配信をするということはあなたがコン
テンツを提供するということなのです。是非 YouTube で動画発信してあなたのアフィリエイ
トに一役買いましょう

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

1 thought on “動画=コンテンツと考える”

  1. とろりです。こんにちは。
    youtubeが便所の落書き、まったく同感です。そういうものがおススメのように表示されるので、辟易しています。
    確かに、動画マニュアルはいろいろなところで特典!とか唄って出ていますね。それだけ重要なコンテンツだといえますね。
    ご教示、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です