YouTube

くだらん動画を作っているのはまさに間違い

更新日

くだらん動画を作っているのはまさに間違い

こんばんは植田雅俊です。

最近 YouTube 上にくだらない動画が多いです。何がくだらないのかといえば 本当に品性のない動画がどこにもあるということではないかと思いますが私はそのような品性のない動画というのはもううんざりしています。 YouTube 上にはやはり起因性のある動画がいいですね。 どうして YouTube 上にはこのように品性のない動画ばかりがあるのでしょうか。

私はユーチューバーとして色々な動画を観ていますが本当に純正のない動画が最近多くなりました。 それは言うまでもなく収益を上げるための手段として色々なことをやってきているでしょう。 しかしそのようなことがもはや通用しない時代になったことは当然です。 先ほどもお話ししたようにソーシャルメディアが規制をかけてきたということは言うまでもなく品性の悪い動画はどんどんと削除されるということは間違いありません。 そんな時代だからこそ私自身は人に感謝される動画を作れという風にいつも言っています。

ところが大半のユーチューバーはどうでしょう。 罵倒したり くだらない動画を作ったりとゴミのような動画を作っているのを見てうんざりしますね。

 

人に愛される動画ができるか

 

 

人に愛される動画を作るためには人に感謝されなければいけないということはこれまでもお話しさせていただきました。 ですがあなたがそのことができないってなると品性の悪い動画ばかりが出回るということになるでしょう。 そうなれば動画の質が本当に悪くなる 誰もそんな動画を視聴したくはないというのは間違いないでしょう。 YouTube はこうあるべきだという風に言う人が少なくなっているのは言うまでもないでしょう。 品性の悪い動画が出回っている今 人に愛される動画を作るとはどういうことかということをしっかりと頭の中に叩き込むべきです。

 

物申す系の動画は本当に胸糞悪くなってくる

 

 

物申す系の動画というのは以前から私自身も とっととアカウント停止をしてくれというぐらい 胸糞悪くなってきますかユーチューバーの大半がこの物申す系で通している人がいます。 何よりもこの物申す系ユーチューバーというのは結局のところはトラブルを引き起こすだけで引き起こして 何も知らないふりをするのかという風に思いますが 規約を変えるきっかけになったのはこのようなユーチューバーの存在があるからです。

はっきり言ってこのようなユーチューバーは一番迷惑被っています。 なぜならば私自身もそうですが物申す系ユーチューバーと言われる人間の大半が トラブルになったり裁判になったりという風になにかの形で結局のところはユーチューバーという言葉を巧みに使って ユーチューバーは仕事であるという風に言うのですが仕事であればこのような物申す系の言葉を使うのかと言いたいぐらいです。 仕事であるならばやはりきちんとしたことをやれという風に私は言いたいですね。

 

 

ユーチューバーになるには? [ 株式会社BitStar ]

 

ユーチューバーの資格のない人間

 

はっきり言ってユーチューバーの資格のない人間というのはまさに努力しない人間ですね。 もちろん努力をする人間に関してはユーチューバーの資格はありますがそれだけではだめです。 努力だけではダメだというのはルールというのがあります。 YouTube つまり Google のルールに 従わないといけないというのは言うまでもありませんがそれにしても本当に YouTube のルールに従えない人間が YouTube は何かおかしな話ですよ。 個人的に言うのであればアカウント停止されても文句はないでしょう。

私はアカウント停止されればそれまでだという風に割り切っていますが ほとんどの場合は アカウント停止されても未練タラタラといった感じですね。 YouTube で稼ぐのであればルールを守ってやることが常識であるということを知ってほしいと思います。 それができない人間というのは使わない方がいいでしょう。 逆に言えばはた迷惑な話なので他でやってくれという風に 私は言いたいです。

 

くだらない正義感は逆に恨みを買う

 

最近はくだらない正義感を持っているのに気になりますが私は基本的にくだらない正義感を持たないことが大事ではないかと思っています。 そんなものを持ったとしてもエセ平和主義者と言われるのが落ちでしょう。 私はコツコツと YouTube をやるだけであり別に何を言われようとも関係ありません。 低評価をつけようが高評価をつけようが個人的には全く痛くも痒くもありません。

それがどうしたという風に逆に思うのですが YouTube 上でくだらない正義感を持つと誰かに反感を買うようなことになりますのでそういうことは絶対にやめましょう。 本当にそう言ったことをすればするほど馬鹿なやつを作ってしまうので私自身はそのようなことは一切致しません。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です