アフィリエイト

ネットビジネス本名でするべきかどうか

更新日

 

こんばんは植田雅俊です。

日本ではアフィリエイトは本名でやってもやらなくても別にいいですが今後日本でアフィリエイトが本名でやらなければいけないという時代が来るでしょう。ハンドルネームでアフィリエイターは基本的にアフィリエイトをやっても構いませんが現状ではおそらく詐欺商材とかがの対策が遅れている今ハンドルネームでアフィリエイトを禁止するといった法律ができる可能性があります。事の発端はおそらく情報商材アフィリエイターではないでしょうか

私には少なくとも関係はありませんがこの法律ができてしまうとハンドルネームでアフィリエイトが禁止されてしまいやがてはアフィリエイト業界もかなりダメージを被るのは間違いないです。しかし消費者の観点から見ると誰から購入すればいいのかということはお分かりでしょう。

匿名性の高いインターネットですから詐欺師からまさか購入するということはありませんしきちんとアフィリエイターでも名前を名乗っている人間から購入する方がいいです。これは間違いなくアフィリエイトでも名前を出すということは法律化されることでしょう。

 

アメリカの事例

 

アメリカのアフィリエイターは FTC のガイドラインを守っています。 FTC =連邦取引委員会という日本でいえば消費者庁にあたるようなところが公正公平に取引をするようにという風にアフィリエイトリンクを貼ったブログにはディスクロージャー=免責事項ということを必ず書かなければいけないという風に言われています。アメリカのアフィリエイターは大半が本名で名乗っています。

もちろんこの FTC のガイドラインを守らなければきつい罰則がありますが何れ日本もこのようになるでしょう。近年の詐欺商材を見ているとやはり FTC のガイドラインのようにアフィリエイターの責任問題が問われてくるのは間違いありません。私自身もこのようなことがあるのであればもちろん大賛成です。やはり販売者だけに責任を押し付けるという日本のやり方というのは問題がありすぎます。 ですからアメリカのようにいずれはアフィリエイターの責任も問われるシステムが出来上がるのではないかと思います。

 

日本では圧倒的にハンドルネームが多い

 

アフィリエイトをやっている人の事情がそれぞれ違うので圧倒的にハンドルネームでやっている人が多いと思いますが先ほどもお話ししたように詐欺商材が出回っているとアフィリエイターの責任というのももはや避けられない事態になっています。となれば本名での登録義務というのがいずれはなってくるでしょう。しかし日本ではまだまだハンドルネームの登録というのが当たり前になってきています。

私自身もハンドルネームでかつて登録したことがありますが2009年頃から本名でアフィリエイトをやりました。最初は抵抗がありましたがだんだんと慣れてくる家にアフィリエイトでもはやハンドルネームなんて必要ないという風に思って本名でアフィリエイトを堂々とやりました。 ですからアフィリエイトをする際は堂々と本名でやった方がいいのではないかというふうに私は思っているのです。ただ今の段階ではほとんどの人は本名でアフィリエイトをやっていない人が多くユーチューバーでも言えるのではないでしょうか。

 

詐欺商材が増加すれば本名での登録が義務付けられる可能性は高い

 

ブログ自体は別に本名で登録しているかもしれませんがアフィリエイターを名乗る時は本名でやらないといけないという法律がいつかはできるでしょう。現在は販売者に対しては特定商取引法や景品表示法など関連の法律はありますがアフィリエイターに対しての法律というのはなかなかないです。

しかしここ最近情報商材の詐欺が本当に多いという中でどのようにすればいいのかおそらく考えているのは政府です。政府がどのように考えているのか私は分かりませんが一つだけ言えることは今の状態が続くということはまずありえないです。このままだと恐らくアメリカのような FTC のガイドラインを作ったりするのではないかという思いますがと言っても日本版 FTC と言った方がいいでしょう。厳格なガイドラインが日本には存在しませんし今のところ消費者庁がアリゲーターに対する処罰と行えるというわけではないので何もできないと言ったところです

しかしこれが本当に厳しくなってくると私は非常にアフィリエイトがやりにくくなってくるなという風に感じますね。これだけは絶対に避けたいなというふうに考えています。

 

まとめるとこうです

 

現在はハンドルネームでアフィリエイトはできますが将来的には本名登録が基本付けられる可能性というのは高いです。つまりはアメリカのように厳しくなる可能性というのは十分ありますし私自身もそのようになってくると販売者に対する厳しさもどんどん増してくるでしょう。そうなれば販売者に対する義務付けというのはますます厳しくなってきますので一層の事気を付けなければいけないということです

ネットビジネスと言っても簡単にできるものではなくやはり真面目にやらなければいけないということは当然です。ネットビジネスで稼いでいくのであればふざけたことをやっていてはいけないというのは当たり前ですね。これからの時代は真剣にやるというのが一番いいのではないかと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です