その他

エジソンは2万回失敗しただからこそ発明王なのだ

更新日

 

こんにちは植田雅俊です。

発明王として有名なエジソンですがそんな彼も1万回失敗したと言いますが実際は2万回だという風に言われています。エジソンの有名なものといえば蓄音機ですがその他にもたくさん特許を取っています。このようにしてエジソンは失敗をしてもその都度這い上がりまたしても何があっても諦めないという気持ちは誰にも負けませんでした。

もし今の時代にエジソンがいたらどうでしょう。私はエジソンのような人間が今の時代にいないのは簡単に諦めてしまうからです。エジソンの伝記をいくら読んだところでと言いますが、私自身はネットビジネスで一回や二回ぐらい失敗しても別にいいと思っています。何も人に迷惑をかけないのであれば1回や2回の失敗であれば取り戻せるからです。2万回失敗したエジソンはそれから成功しているのですからそれで数々の特許を取っているとなれば結果的には成功しているではないですか。だからこそ失敗をしなければ何もわからないということです。

 

失敗から学ぶことはたくさんある

 

完璧主義者の人に一番言いたいのは失敗を恐れていることではないでしょうか。あなたが完璧主義者かどうかはわかりませんがエジソンのように何度でもチャレンジするチャレンジ精神が今の時代の人にはありません。失敗をすれば簡単に誹謗中傷する足を引っ張る、不屈の精神がほとんどない今の時代の人間というのは完全にエジソンのように苦労人とは言えないです。このようなことは間違いなく大人が甘やかした結果でしょう。

あなたが失敗をしているのであればもっと原因を突き詰める改善をしていくこれくらいのことは絶対にやらなければいけません。例えば複数のブログを運営している場合何が原因であって何を改善していけないといけないのかここが原因ですね。私は基本的に複数のブログを持っていますがこのブログ以外はほとんど予約投稿にしています。

あなた自身も色々なやり方を研究して行くと必ず答えは出てきます。他人の意見を聞くのももちろん大事ですが自分でやらなければ答えが出ない場合もあります。アドバイスを聞くのももちろんいいです。ブログを書くことも大事ですが自分で書くしかありません。

 

今の時代の失敗はエジソンの失敗に比べようが大したことはない

 

先ほどの続きになりますが今の時代の失敗というのはエジソンの失敗に比べれば屁でもないです。本当に失敗と言えるのだろうかという風に考えれば大したことはないでしょう。私だって失敗を何回もしてきましたから映像の失敗は2万回だと言われていますので個人的に言うのであればこの程度の失敗はまだまだです。

ですから大事なことは何かと言えば失敗をし続けてもいいですかそこから学ぶことが大事です。そして挫折することなく諦めることなく自分のやりたいことを徹底的にやる、これが一番今の時代に足りないことです。失敗したらそこで止めてしまうというのはもはや終わっている人間のやり方です。あなたには可能性があります。稼げないからと言ってそれで終わりますか?

コンサルタントの言うことが全て正しいと言えますか?私は自分自身の考え方を信じエジソンのように偉大なる功績を残した発明王のように自分もどんなに失敗をしても何を言われてもそこから学び続けてネットビジネスの世界で必ず成功してやるというふうに思っています。

 

足りないのはあなたのビジネスマインド

 

あなたに足りないのはたったひとつだけです。ビジネスマインドが足りないだけですよ。私は非常にそれが悔しくて本当に色々な情報発信をしてきました。しかしもはやそんな情報発信はいらないという風に言いたいぐらいですがどんなに購読者が解除されようと思うまた良い情報発信をしていればメルマガの購読者だって増えます。

「その人とは縁がなかった」

それでいいじゃないですか。私も購読者が増えなかった頃はそのようにして割り切っていましたし今もそのように解除されるはもはや終わったかというよりもまあこんなものかというふうに思っています。ですのであなた自身がやる気を出すためにはエジソンに習うことが一番いいです。一度子供にエジソンの伝記を読ませてみるといいかもしれません。またはあなた自身がネットビジネスで失敗したとしてもまた挑戦すればいいだけのことですから頑張ってやりましょう

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です