その他

炎上商法は誰も喜ばない究極のアホビジネス

更新日

ijmaki / Pixabay

 

炎上商法と言うとよく YouTube をイメージしますがこれは別に YouTube に限ったわけでは
なくいろんなところで炎上商法を使ったビジネスがあります。例えば芸能人も何か不祥事
をやらかすと炎上しますよね。それと同じ論理で基本的に炎上商法というのは私から見れば
くだらないものだと思っています。まともなビジネスをやるのであればまず信頼を得るため
にコンテンツを充実させるということこれは動画でも同じことが言えますが炎上商法を狙っ
たとしても顧客を不快にするだけです

 

 

商売の基本は顧客あり

 

 

アフィリエイターのやり方はいろいろありますが基本的に顧客視点で考えていなければな
りません。世に言うならば1近江商人の考え方が正しいでしょう。いつもこのブログで話し
ていますが近江商人の考え方はネットビジネスでも通用するのです。彼らがもし炎上商法な
んて使っていたらとんでもない話ですね。私だってドン引きしますよ。商売の基本は顧客そ
のことを知っているからこそ近江商人は成功しているのに炎上商法をする人たちの共通点と
いうのはとにかく炎上させて金儲けをするどこか論理破綻してるんじゃないかなと思います。

 

 

炎上商法は諸刃の剣

 

炎上商法は相手をとにかく批判しまくりそして自分の売り上げを上げるというどちらかと言
うと両刃の剣に近いですがこれはビジネスとして成り立つならば私はアホだと言いたいです
ね。なぜならば商売は三方よしという風に昔から言われてるのですがこの炎上商法というの
はまるで苦手な人間がただ単に稼ぎたいという欲求から生まれたものでしかないでしょう。
ですからこのような炎上商法をやっている人間というのはビジネスとしては成り立ちません
し先ほども言ったように一過性の稼ぎはあっても継続的な稼ぎは無理でしょう。

その理由のひとつが炎上しなければ稼ぎがないのでありなおかつ常に誰かを炎上させなけれ
ば意味がないというところにあります。そんなハイリスクハイリターンをやってネットビジ
ネスは面白いでしょうか。誰も気持ちいいとは思いませんね。常にこのようなビジネススタ
イルというのは YouTube でもありますが私は基本的にこのようなスタイルでビジネスをする
のが一番嫌いです。

 

 

稼ぐためには顧客を楽しませる

 

 

先ほども話したように顧客ありの世界で生きている人間が炎上商法なんてくだらないものに
手を出すとそれはもはや止められないものです。ネットビジネスは拡散してしまえば取り返
しのつかない事になりますので私自身はこの炎上商法というやり方はおすすめしませんしや
らない方がいいです。やっている人間はアホか何か知りませんけどもやはり基本は三方よし
の精神をきちんと持っているかどうかです。

あなたが良いコンテンツをどんどんと配信していけばそれは信用にも繋がりますので是非あ
なたの良いコンテンツを配信していくことをお勧めします

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です