スマホによるネットゲーム依存が増えている

Sharing is caring!

Andre_Grunden / Pixabay

 

こんにちは植田雅俊です。

 

ギャンブル依存の次にタチの悪いものが問題になってきています。 それは子供のゲーム依存です。 世界保健機関=WHOが 12時間以上スマホで ゲームをする人間をゲーム依存 という新た新しい疾患にしたということで個人的に言うならばもはやギャンブル依存の前提になるようなものを子供の頃からやっているので 恐ろしい時代になったなという風に私は思っています。

ユーチューバーの中にもゲーム系のユーチューバーがいますがおそらくその人たちも 12時間以上もやれば含まれるのではないかという風に思います。 ただスマホで12時間もゲーム依存をしてしまえばもはやそこから抜けられないというのは言うまでもありません。 大人が 子供にゲームを買い与えてしまうということは悪いことではありません。 ただし最近のゲームは刺激的なものが非常に強く私自身はゲームはしませんが本当に今の時代の子供というのは 刺激性の強いゲームをすればするほど性格が変わると言われています。 もはやこれでは問題が大きくなるだけ でありゲームを無理やり取り上げようとすると凶暴化するとまで言われています。

 

これが何を意味するのか

 

 

ギャンブル依存症が問題になっている時に子供にギャンブルをさせるのがというふうに私はいいたいのですが 最近は課金ゲームが非常に問題になっているということは言うまでもありませんが 個人的に言うのであればこの課金ゲームをなくすということが一番いいでしょう。 しかし課金ゲームがなくならない理由の一つは ゲーム依存を作らせている 会社が儲けるために 子供にギャンブル依存のようなことをやらせているのではないかと思います。

つまり一言で言えばパチンコ依存と同じで胴元が儲かるようにしているのではないかと思います。 このようなことを放っておけば必ずろくなことはありません。 私自身は本当に思いますがこのようなことをさせないためにはどのようにすればいいのかということを考えていかないといけないのになぜゲーム依存を放置するのでしょうか。 今思うとこのようなやり方は絶対に許されないそう思いませんか。 これってインターネットのカジノと大して変わらないんですよね。本当に馬鹿げていますよ

 

課金ゲームは特に危険

 

 

課金ゲームの悪いところは何かと言えばお金と時間を取られてしまう日としてあなたの健康を損ねてしまうというところが問題です。 私は課金ゲームに関しては本当に嫌いなところがありますがこれは社会問題化すると どのようになるか正直わかりませんがはっきり言えることが一つだけあります。 今のユーチューバーのゲーム系の プラスユーチューバーYouTube はやっていますが ゲーム依存になってしまえば当然のことながらユーチューバーの人を土ではないと私は思っています。

もちろん YouTube 側もそのようなことはしないだろうと思いますが 世界保健機関である WHO が この事をしっかりと理解している以上は スマホを使ったネット依存というのが非常に強いということを理解させなければいけないでしょうし 日本の厚生労働省も きちんとした対策をさせなければいけません。 ギャンブル依存症よりもちょっとしたたちの悪いものになるかもしれませんよ。

 

ゲーム依存はパチンコ依存よりも怖くなる

 

 

ゲーム依存はパチンコ依存にも強くなると言われている 世界保健機関であるWHO が指定したのではないでしょうか。 私はそのように感じますし正直いえば世界保健機関が指定しなければいけなかった理由の一つは 課金ゲームが大きく関係しているのではないかと思います。 つまりパチンコ以上の人間を育てていると言ったようなものです。 本当に恐ろしい話ですがこのような話を聞いてあなたはどう思うでしょうか。

大抵の人はいい気にはなりません。 あなたの家族の中にパチンコ依存が出てゲーム依存がいたとしたらどうしますか。 おそらく手に負えない子供と大人 何が取り上げられるとものすごく暴力沙汰な人間になってしまう可能性というのは十分にあります。 そこまで人格を変えてしまうのがパチンコ依存とゲーム依存に共通することではないでしょうか。 特に子供の時期からゲームばかりをやっていると確実にゲーム依存になってしまい そして 人格が大きく強されてしまうということは言うまでもありません。 ですから怖いのです。

 

薬では治せない

 

 

薬物治療でゲーム依存が治るのであれば別に苦労はしませんしそれであればパチンコ依存も治るでしょう。 しかし本当に大事なことは何かと言えば私自身はゲーム依存が治らない本当の理由といえば 本人の意思が弱いということではないかと思われます。 ですから個人的に言うのであれば まず大事なことは何か しっかりとその辺りを理解しなければいけないということは言うまでもありません。

薬で治すのではなく本人の意思を強く決めて ゲーム依存を絶対になくすんだっていうような気持ちで やらなければいけないでしょう。 本当にこの頃の子供が 怖い理由の一つにゲーム依存というのがあります。 もちろん当人たちが悪いのは当たり前ですが 多くの場合は大人たちがゲームを与えすぎているということも悪いのです。 私は基本的にこのようなやり方というのはあまり好きではないです。 素敵で人は治せません。それを理解していただかなければいけないでしょう。

 

まとめです

 

 

ゲーム依存の本当に怖いところは先ほどもお話ししたように子供の時から刺激の強いゲームをやりすぎて人格が壊れてしまうということです。 そうなると色々な犯罪に手を染めてしまう可能性というのはなきしもあらずです。 これは言うまでもなく早めに治療をしなければいけないっていうのは当たり前ですが かといって薬で治療するというのは逆効果です。

一番いいのは自然治療です。自然治療をすることによって私自身はいろいろなことがわかると思いますが 個人的に言うのであれば本当に ゲーム依存になるというのは非常に怖いことです。 子供のうちからゲーム以上にさせてしまうと将来的には手をつけられない大人になってしまうということを忘れないでください。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です