SNS

13歳当時にSNSに登録した方アカウント凍結している人の対策法

更新日

 

(2018年10月15日更新)

こんばんは植田雅俊です。

 

これは以前もお話ししたと思いますが Twitter でアカウント凍結が続出するというようなことが起きていたそうですがこれは利用規約違反をしていない人間がなぜか Twitter のアカウントを凍結されてしまうという話を私自身も色々と調べていたところ何が原因かということを突き止めました。

これはヨーロッパデータ保護規則=GDPRが間違いなく絡んできています。このように日本にもヨーロッパデータ保護規則の影響が確実に出ているということは間違いないでしょう。何故 Twitter がアカウント凍結をしたのかといえば13歳当時にアカウントを作ったかどうかが問題なのです。これは他の SNS でも同じことが言えます。今回は対処法を説明しますので参考にしていただければ幸いです。

 

対処法その1親の同意がいる

 

Twitterをはじめとする他の SNS があなたのアカウントを凍結した場合確実に求めてくるのはアカウントが作られた年齢です。つまりあなたが今二十歳であってもアカウントが作られた当時が13歳以下の場合は当然ながらアカウント凍結がされてしまいます。これはヨーロッパデータ保護法に基づいて Twitter をはじめとする他の SNS の会社が莫大な損害賠償を払いたくないということでこのような措置をとっているのです。

つまりはあなたのアカウントそのものは停止になる親の同意がいるということは親の同意事項が必ず入るということです。もっと簡単に言えば親のアカウントを使わなければいけないということです。もちろん YouTube も同じです。遠いと言っても何をすればいいのかと言うと身分を証明するものを出さなければいけません。身分を証明するものについては次の項目で書きたいと思います。

 

対処方法その2本人の身分証明ではなく親の身分証明

 

Twitter のアカウントが凍結された場合あなたのアカウントを復帰するためには親の身分証明が要ります。つまで親の身分を証明するものが入りますので日本では一番早いのはマイナンバーカードでしょう。ここで勘違いして欲しくないのは本人のマイナンバーカードではありません。これは本人の身分確認になってしまいますよね本人の同意ではないのでアカウントは凍結されたままになります。

あくまでも親のマイナンバーカードがいるということです。他にも健康保険証やパスポートなど日本の場合は身分証明書となるものを親が出せばいいのですが仮に親が同意を拒否した場合これは Twitter はもはやできないと考えていただいて結構です。なぜならば親の同意がないとみなされるからです。もし勝手に親のマイナンバーカードをアップロードしたりすればこれはとんでもなく犯罪行為に近くなりますがこういった事例も徐々に出てくる可能性はありますので私は警告しておきます。

 

全てのソーシャルメディアがヨーロッパデータ保護規則の影響を受ける

 

ソーシャルメディアがここまでヨーロッパデータ保護規則= GDPRの 影響を受けることは間違いありませんが日本でもこのヨーロッパデータ保護規則の影響で13歳以下の人間が Twitter をやる時には必ず親の同意がいるということです。妻に親がダメと言ったらできないということでしょう。これから先は本当にソーシャルメディアも厳しくなってくるということは間違いありませんがこれは YouTube でも同じことではないでしょうか。

全てのソーシャルメディアと言っているはずですのでもちろん Facebook もタンブラーも同じことを言うのではないかという風に私は思っています。 これからソーシャルメディアを始める小中学生というのはおそらくヨーロッパデータ保護法の影響というのはもろに受けると思いますがこれは仕方がないでしょう。私自身はこれは今後のソーシャルメディアの在り方というのに一票を投じるのではないかなと思います

 

結論

 

ヨーロッパデータ保護規則は他人事のように思っていましたがソーシャルメディアに対する規制がこのように日本にも波及してきました。つまり13歳以下のソーシャルメディアのアカウント作成には親の同意が必要になってきたということです。もちろんポケモン GO などもヨーロッパデータ規則の対象になると言われていますが実態は分かりません。

しかし一つだけ言えるのは確実にソーシャルメディアがやりにくくなってきている現実です。いきなりアカウントが停止されたと言った場合はヨーロッパデータ保護規則を疑ってみてください。こういった情報に関しても私どもは発信していきたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です