社会問題

ギャンブル依存症抜けられないがどうやったら抜けられるのか

更新日

stevepb / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

あなたの周りにギャンブル依存症の人がいますか。パチンコや競馬にのめり込み最終的には借金が膨れ上がったという人やあなたの友人にギャンブル依存症を持っている人などなどあらゆる形でギャンブル依存に関わっている人はその人と絶縁することをお勧めします。なぜならばその人と絶縁しないとお金をたかってくるからです。ギャンブル依存の人は毎日ギャンブルにお金をつぎ込みます。彼らにとってギャンブルとは至福の時間でしょう。

しかしいくらギャンブルにお金をつぎ込んだところで必ず負けます。ギャンブルは人を不幸にして命とお金をむしり取るこんなことを国がやろうとしているんですよ。ギャンブル依存症になっている人はまず止めるべきですね。いくら対策が打たれたとしても所詮はそんなものは私自身が見てきたギャンブル既存の人間は必ずと言っていいほどまた同じことをやっていますからね。

ギャンブルは二度繰り返される。

あなたの周りにギャンブル依存がいるのであれば是非今回の記事を参考にしていただき身内であればギャンブル依存を克服するかまたは絶縁するかのどちらかを選ばなければもはやギャンブル依存に一旦かかった人間は治らないと言われているくらいですからその覚悟があるのであれば是非今回の話をして行こうと思います。

 

私自身がギャンブルに興味をなかったのはなぜか

 

 

私自身がギャンブルに興味をなかったのは自分自身が好きなことで生きていくっていうことをテーマに20代の頃から一生懸命好きなことにしか夢中になれなかったので全くギャンブルになんて興味ありませんでした。当然この頃からお酒もやめていたので言うならばもう20年以上お酒を飲んでいないというのは事実です。しかしお酒を飲むことがかっこいいと言っている人はまずこの考えから変えなければいけません。

お酒を飲むことそれは否定しませんがアルコール依存という言葉があるように、ギャンブル依存も一度覚えてしまうと二度と抜けられないくらい強いものだということがあなたの家族を不幸にするぐらい分かるでしょう。骨の髄までギャンブルはあなたの家庭を崩壊に導くものです。そして命と金を毟り取り最後に何と言われるかといえばご愁傷様ですって言う言葉ぐらいしか言われないでしょう。世の中はそんなものです。

誰も助けてはくれません。誰も助けてくれないことギャンブル依存から抜け出すのはあなたの意志の強さにあるのです。一旦借金をしてしまえば返済するのは誰でしょうか。もちろんあなたが返済すれば家族に迷惑はかけませんがあなたが返済できないとなると家族の誰かが連帯保証人にならなければいけないという恐ろしい話があります。そんなこと誰も望んでいないはずです。しかしギャンブル依存の強さはこれだけではないです。

 

アメリカ人が見た日本のギャンブルは異常である

 

 

日本のギャンブルといえばパチンコでしょう。そのパチンコ店が街の中にあるということは子供が学校帰りに少なくとも見るわけですからこんな堂々とアミューズメントパークと言いながらパチンコ店丸の中にあるという国は日本ぐらいしかないとあるアメリカ人が言ってたそうです。今ね30兆円産業と言われたパチンコ店ですが現在は17.3行まで下がりましたがそれでもまだマルハンなどの強いパチンコ店は残っています。しかしこういったパチンコ店がなぜ減らないのかといえば賭博を容認している警察がにものすごく問題があるのです。

日本でパチンコはギャンブルにあたり当然ながら賭博法に違反します。しかし賭博を容認しているのは日本の警察です。なぜ警察が賭博を容認するのでしょうか。取り締まる側と取り締まられるかに利害関係があるということだというのは誰でもご存知でしょうが俗にいう三店方式を作ったのは警察の利権と言ってもいいでしょう。このような賭博逃れのようなパチンコ店おいくらでも作ったところでもはや意味のないことだと私は思っています。ギャンブルは人を不幸にします。これは何度もお話ししているようにこの国は本当に腐っているとしか言いようがありません。あなたがギャンブル依存症になっているのであればすぐに改善することをお勧めしたいと思います。

 

カジノ法案が日本をダメにする

 

 

確実に言えることはカジノ法案が日本をダメにするということですが今カジノ法案に対する議論が国会では始まっていますがこの法案が通ってしまえば日本はカジノ天国になってしまいこんなものが観光振興になるわけないじゃないですか。どこの世界にこんなものが観光振興になるんでしょうか。人を不幸にして金儲けをしている一部の金持ちだけが得をしてまたヤクザの資金源になるということになってしまえばはっきり言えば意味のないことです。

観光振興どころか人を不幸にして病院送りにされ最後は廃人になってしまうということではないかと私は思っています。本来博打は禁止されているはずなのにその禁止していることを合法化するこの国は異常ではないかと私は思っています。

そんな国に住んでいる以上なんでもありの世の中ということになってしまえばギャンブル依存症の人間がどんどん増えていくということは言うまでもありません。彼らの口癖はお金お金でしょう。もはやお金に取り憑かれた亡霊のようにあなたの財産を全部吸い上げてしまうかもしれません。こんな恐ろしいことにならないためにはカジノ法案を潰す以外ないと思いますよ。

 

ギャンブル依存症からどのようにしたら抜けられるのか

 

 

ギャンブル依存症からどのようにすれば抜けられるのか正直わかりませんが個人的に言うならば一度ギャンブルにはまってしまえば二度と抜けられないということを覚悟するかそれとも幼少期の段階からギャンブルをやらないということか1番目の理想的でしょう。アルコールを飲まない声も一つの手でしょう。私はアルコール依存症を一度も経験したことはありませんがアルコールを一度飲んでしまうとアルコール依存になったりする原因が結局のところビールやストレスによるものだとわかってしまうのでアルコールはろくでもないということがお分かりになります。

アルコールをやめるとすること自体は悪くはないです。しかし本当のところを言うならば個人的にアルコール依存よりもたちがわるくギャンブル依存はなかなか抜けられないものだと思っています。ですので大事なことは何かと言えばギャンブル依存から床に抜けるかということを真剣に考え実践しなければいけません。

 

ギャンブル依存で待っているものは借金以外の何でもない

 

 

ギャンブル依存で待っているのは借金以外の何でもないです。つまりお金を借りたら返せという論理であなたにお金を取り立ててくる借金取りが来るでしょう。私は基本的に後の祭りだという風に思っていますがギャンブル依存に落ちた人間は必ずお金に手を出してしまいますので何でもそうですが消費者金融からお金を借りればぼったくった金利を取られることは言うまでもありません。

しかし文句を言ったところで金を返せという事には間違いはないのです。結局のところは弱者がカモにされお金持ちが何もしないというのは世の中のおかしな話ですがこのようにギャンブル依存になってしまう人間を増やしているというのが日本政府のやり方です。しかし政府を批判したところで借金を免除してもらえるということはありません。お金は少なくとも返さなければいけないということなのです。お金を返せないとなれば結局のところは裁判所に訴えるということになってしまい基本的にはあなたの財産がすべて差し押さえられるということではないでしょうか。そのようにならないためにもギャンブル依存で借金をしないことが大事です。

 

ゲーセンはギャンブル養成所

 

 

ゲームセンターは未だにギャンブル養成所と言っても過言ではないです。なぜゲームセンターはギャンブル用正常なのかといえばギャンブル性の高いゲームが最近はゲームセンターでも簡単にできるということです。また老人も最近ではゲームセンターにあるパチンコゲームといってもいいほどおかしくないまるでパチンコ養成所のようなゲームセンターがショッピングモールには増えていますがこれに関しては警察も何も言わないでしょう。

このような所に行けば確実にギャンブル依存症になってしまうケースが多いです。身近にあるギャンブル依存症を消すためにはまず何が必要でしょうか。ギャンブルを治すためにはまずこういったところに近づかないことが大事です。ギャンブルをやったところで誰もメリットはありません。はっきり言うのであればギャンブル依存症をやる人間のほうが実におかしいです。

ですから大事なことはゲームセンターはギャンブル依存症を作る養成所のような所だということを覚えておいていただきたいと思います。

 

精神疾患の薬ではギャンブル依存症は治らない

 

 

どんな依存症も薬では治すことはできません。勘違いしている人が多いですが精神科に通ったところでギャンブル依存症は絶対に治すことはできないです。脳神経外科であろうと神経内科であろうとこれは同じことが言えると言えます。ギャンブル依存症を根本的に治そうと思うのであれば自分が強い意志で何か楽しいことに取り組めるということがない限りは無理です。

つまり私のように何かに夢中になれる人間こそがギャンブル依存症にはならないタイプだと思います。しかし多くの人はギャンブル依存症になってしまうケースにあげられるのが自分で治そうとしないのです。恐ろしい話ですがこのような現実的な話をしなければあなたは一生ギャンブル依存症から抜けられないというケースがあります。ギャンブルをやったところで誰が助けてくれるのでしょうか。

医者はさっさと薬を出すだけで根本的な治療なんて教えてくれません。ですのであなたが勇気をもってギャンブルから断ち切るという精神的な部分を変えない限りはだめでしょう。

 

都会から田舎へ

 

 

ギャンブル依存症を変える方法としては都会から田舎への移住というのも一つの手です。私自身は田舎者ですからギャンブルとは無関係かもしれませんが田舎でもパチンコ店というのは必ずあります。中には条例でない街もありますがほとんどの場合は必ずと言っていいほどあるみたいです。しかしカジノ法案が通ってしまうと自治体は数の利権に群がるという風に言われていますが、こうなると日本中がもはや博打大国になってしまいますね。

だからこそ私自身が懸念しているのは博打で金儲けができるわけがないということと観光振興なんて一切出来ないということです。あなたもご存知でしょうが博打は人を不幸にするのです。ギャンブル依存を増やしてそして廃人になるまで金儲けをするこれは国家が認めたということになってしまうと恐ろしい話ですよね。とても私はこのようなことを認めざるを得ないというよりも認めたくはないです。正直こんな迷惑な法律は一刻も早く廃止したいという風に思っています。

カジノ法案はこの先どうなるかは分かりませんが都会から田舎にあなたが引っ越すことによって少しでもギャンブル依存が治るのだったらそれはそれでいいじゃないですか。私はその方がいいと思っています。田舎で自然と溶け込み都会暮らしから田舎暮らしを経験してみることで食生活もかなり変わるでしょうしとかに便利なものが田舎にとっては不便なこともあるということが実感できるでしょう。

そして食生活も変わってくるということはあなたのギャンブル依存も自然に治ってきているということです。ライフスタイルを変えるということ、これは基本的には難しいと思いますが少しずつでもいいので変えていくというのは絶対になって欲しいと思っています。

 

まとめ

 

 

ギャンブル依存対策について色々まとめてみましたがいかがでしょうか。本当に色々なギャンブル依存がありますが今回のケースを見てもやはりなくなるということはありません。どんなにギャンブル依存の対策をやったとしても行政や政府はカジノ法案を通して観光振興なんて言うウソで突き通すのでしょうか。はっきり言ってこのような迷惑の制限はさっさと辞めてほしいと思っています。

安倍政権はカジノ法案とともに自分たちの私腹を肥やすのかという風に私は言いたいと思うのです。ひどい話ですよ本当に。ギャンブル依存にならないためには勇気を持って断ち切ることをお勧めします。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です