アフィリエイト

Amazonアソシエイトの始め方

更新日

 

(2018年10月26日更新)

こんばんは植田雅俊です。

アフィリエイトの中でもいろいろありますが Amazon アソシエイトというのは特に厳しいということはこれまでお話ししてきましたがそれでも Amazon アソシエイトを始めたいという方は沢山いらっしゃるでしょう。 天下のアマゾンと言う ブランドを持っている会社がアフィリエイトをやるというのあればかなり厳しいというのは言うまでもありません。 意外と知られていないのは Amazon アソシエイトにはサイト審査というのがあります。 これはこのコンテンツの中でも書きますが Amazon アソシエイトは本当に厳しいということは言うまでもなく何から始めればいいのかっていう人も多いかもしれません。

今回は私自身の経験から Amazon アソシエイトを始める前の準備段階から サイト審査に至るまでなどのことなどいろいろとお話をしていきたいと思います。。

 

無料ブログは通用しない

 

 

Amazon アソシエイトで無料ブログはできないということはをご存知でしょうか。 最近私自身も無料ブログにできるのかどうかということをずっと疑問に思っていましたがほとんどの場合無料ブログはアフィリエイトが禁止されているということでできないということで WordPress を設置するのが当たり前になりました。 つまり Amazon アソシエイトをやる場合無料ブログはできないということは前提で考えなければいけません。

ここは投資をしなければいけないでしょう。 ドメインとレンタルサーバーを借りなければいけないのですがどこで借りなければいけないということがあるのかということにも悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。 Amazon アソシエイトでアフィリエイトする場合 レンタルサーバー会社というのはいくつかありますが あなたが初心者であるならば格安のレンタルサーバーはいくつかあります。

リトルサーバー
Z.com

またドメインを取るのであれば色々ありますが お名前ドットコムなどは有名ですね。 他にもムームードメインや value domain などがありますのでそちらも利用すると良いでしょう。 レンタルサーバーはたくさんありますがここで紹介したところでなくてもいいので色々と使ってみることをお勧めしたいと思います。

 

Amazon アソシエイトへのサイト審査のポイント

 

Amazon アソシエイトに 参加するためにはサイト審査に通らなければいけません。 このサイト審査はいないと厳しく本当になかなか通らない人もいればあっさりと通ってしまう人もいるので人それぞれ違います。 私も Amazon アソシエイトのサイト審査には通っていますが個人的に言うのであれば 私の場合は特化型ブログと 雑記型ブログの2つのブログを持っていますので個人的には大変でした。 ではここから Amazon アソシエイトへのサイト審査のポイントについて書きます

 

どのようなブログなのかをしっかりと明記する

 

あなたがどのようなブログを作って Amazon アソシエイトに参加したいのかというブログをきちんと作らなければいけません。 例えば ごちゃまぜブログというような感じだと Amazon アソシエイトでも通らないことはないですがはっきりしていないブログほど落とされる可能性が非常に高いです。 私もどちらかと言うとごちゃまぜブログがありましたがきちんとした部分を書きました。 これについては後ほどお話ししますが 常にこのごちゃまぜブログというのはあまりによろしくありません。

Amazon アソシエイトに何のために稼ぐのかということをきちんと 明記しなければいけないというのは言うまでもありませんが例えば Amazon Kindle をやっている人であれば 一番単純ですが あなたの Kindle での苦労話など どちらかと言うと特化型ブログになりますがこのようなブログを作ったりする方がまだいいかもしれませんか コンセプトがはっきりしていないグループというのは完全に落とされる危険性がありますので気をつけましょう。

 

お問い合わせフォームなどはあるか

 

 

このお問い合わせフォームがなければ Amazon アソシエイトではサイト審査が通らないと言われています。 私も最初はお問い合わせフォームはいらないだろうという風に思っていましたが色々と調べていく結果で お問い合わせフォームというのがないサイトは審査に通りませんという風に言われました。 これは遠回しな言い方ですが個人的に言うならばこのお問い合わせフォームを必ずつけておかなければいけない理由のひとつは あなたのサイトがどのようなサイトであるかということでしょう。

別の見方をすればトラブル防止を防ぐために色々と やらなければいけないということではないかと思います。 また運営者情報というのを出しておけば審査にスムーズに通る可能性がありますが個人情報を出したくないという人が多いのではないでしょうか。 しかし私の場合は販売者をやっている人間なので個人情報を出しておくというのは非常に大切なのでまずこれをやっておくべきだと思います。 別に疚しくなければやればいい時だけの話なので どちらに転んでもこの方法はきちんとやっておくべきだと思います。

 

記事数は最低30記事書いてあるか

 

 

Amazon アソシエイトの公式ホームには 最低5記事以上は書いてくださいとありますが私は30記事書けば十分だと思っています。 理由の一つがコンテンツを充実させる場合30記事ぐらい書けばまず審査に早く通るからです。 もちろん内容にもよりますが1匹1000文字以上で書けばまず大丈夫でしょう。 この辺りについては本当に難しい部分もありますが 私は30記事以上を書いた方がまずいいいと思います。

鳩アフィリエイトリンクなどわからないことが大事です。 アフィリエイトリンクを貼ってしまうと審査そのものができないのでまずアフィリエイトリンクを貼らずにできるだけ 記事だけにするということが大事です。 もちろん画像リンクもそうですが自分で撮った画像もあまり貼らないほうがいいと思います。 ここは意見が分かれますが私は画像をリンクについても色々と調べましたが貼らない方がまずベターだと思います。

 

GDPRの設定がしてあるか

 

 

ヨーロッパデータ保護法= GDPR ですが wordPress 4.9 6から このヨーロッパデータ保護法に基づいて プライバシーポリシーとサイトポリシーをきちんと書かなければいけないっていうことが義務付けられています。 つまり WordPress でブログをやる場合このプライバシーポリシーをしっかりと書かなければいけないというのは言うまでもありません。GDPR 対策をきちんとやっていけなければいけないということですが あなたがヨーロッパデータ保護法に該当するかどうかは ご自身で調べていただくとしても 最低限この対策をしておかなければ Amazon アソシエイトではサイト審査が通らない可能性が出てきています。

GDPRの 設定をきちんとやっておかなければ 当然ですが Amazon もグローバル企業なので この設定がもし いい加減なものであるとすれば サイト審査に通らないでしょう。 ですからこの設定だけはきちんとやるようにしましょう。GDPR についてはこちらで調べていただくように すればいいと思います。

 

サイト審査にかかる時間帯は人によって違う

 

 

サイト審査にかかる時間は人によって違います。 早い人ならば2時間ぐらいでサイト審査に合格する人もいればすぐに不合格という人もいます。 ここは本当にさじ加減なので何が起こるのか分かりませんが一つだけ言えることは確実に今回書いたポイントをしっかりと実行していただければまず大丈夫だと思います。

サイト審査にかかる時間というのは本当に内容次第だと思いますが Amazon がどのようにして審査しているのかわかりません。 ただ一つはっきり言えるのは あまりごちゃまぜブログだと時間がかかるということだろうと思います。 この部分をはっきりしておけばまず大丈夫でしょうし後はきちんとしたブログを立ち上げるというのが先決ではないでしょうか。 とにかく言えることは確実に 先程話したポイントを守っていけばまず大丈夫です。 ただし予想外のことも起きるのでその時は 指摘された箇所を修正してもう一度出すということをやりましょう。

 

Amazon アソシエイトサイト審査後のやるべきこと

 

 

Amazon アソシエイトのサイトを審査に合格した後は必ずやるべきことが二つあります。

1  固定ページのどこかに「 amazon アソシエイトをやっています」 というような表記を必ず書いておかなければいけません。 これは Amazon アソシエイトに限らず Google AdSense でも同じことです。 これがなければアカウント停止に食らうと言われていますので とにかくきちんとやりましょう。

2  ドメインに Amazon の商標権 使わない。 具体的にどのようなドメインがアウトになるのかということを書くので参考にしてください。

Amazon、Kindle などの Amazon が商標を持っているような言葉 またはそれに似たような漢字のドメインを取得するのはやめたほうがいいと思います これは完全にアウトになるので 絶対にやらないことをお勧めしたいと思います。 ドメインを取得する時はよく考えてからやることが 大事ですので焦ってドメインを間違ってしまうととんでもないことになりますのでこの二つのドメイン以外でも Amazon が商標を持っているようなドメインを 持っていれば違反になりますので気をつけましょう。

 

Amazon Kindle をやっている人は特に 活用するべき

 

 

Amazon Kindle をやっている人は Amazon アソシエイトを活用しましょう。 私も Amazon Kindle をやっている人間なので Amazon アソシエイトを活用するというのは大賛成ですが個人的に言うならば Amazon アソシエイトで自分の Kindle 本をアフィリエイトできるのであればこれは利用する価値はあると思います。 つまりどういうことかといえばプロモーションができるということになると非常にありがたいということになりますね。

色々な視点で言うならば Amazon Kindle をやっている人ほど Amazon アソシエイトをやるやるべきでしょう。 ここまで書いてきたように Amazon アソシエイトは年々厳しくなっているかもしれませんが根本的な部分さえ守ればそれほど難しくはないと思いますのでぜひ Amazon アソシエイトをやってあなたの稼いでみてはいかがでしょうか

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です