YouTube

YouTubeは検索エンジンなぜこの発想がもてないのか

更新日

 

(2018年10月23日更新)

こんにちは植田雅俊です。

私にとっての YouTube はまさに検索エンジンだと思っています。 YouTube と言えばユーチューバーがアドセンスで稼ぐというイメージがありますがもちろんそれもあります。 YouTube は Google の傘下会社ですので当然ながら検索エンジンという考え方もあると思いますがこの発想を持っている人はおそらく少ないのではないかと思います。実際にビデオはインデックスが早いと言われていますので動画を作ればどれほどの頻度でインデックスされるのか分かりませんが個人的に言うのであれば1時間もあればインデックスされるのでは
ないかと思われます。

YouTube に動画を投稿するということは単にユーチューバーとして活躍するのではなく別の方法を考えるのであれば検索エンジンとしての使い方というのもひとつありではないかという風に思います。検索エンジンとしての YouTube はおそらく世界最強だと言いますので色々な使い方をしてみるといいかもしれません。

ポイントになるのは動画の作り方

 

もちろんですが動画の作り方に関してはこれまでもお話ししてきたように情報を発信するということが基本的ですがどのような情報を発信すればいいのかがわからないとなると私は基本的に自分の経験から言えることは人のためになる情報を作りましょうといつも言っています。何でも物申す系のような動画を作ればいいかと言うとそれで人が満足するのであれば別にいいですが検索エンジンとはどのような動画がいいのかは正直わかりません。

ただ一つだけ言えるのは役に立つ動画を作っていくということがまずはいいと言えるでしょう。人は役に立つ動画を作るということがとても大好きでありそして YouTube 側もそれを好むのは言うまでもありません。ですから徹底的に動画の作り方を研究するということが大事ではないかと思われます。

 

実際に見ていただければ分かると思います

YouTube が検索エンジンになぜ強いのかというのは私自身の作った動画で検索エンジンをかけるとこのようになります

 

 

百聞は一見にしかずといいますが実際に見ていただいたこのキャプチャー画像から言えることはいかに動画が検索エンジンに強いということがお分かりでしょう。ただ Google のアルゴリズムがどのようになっているのかということは正直わからない部分がありますし今後アップデートしていく可能性というのがまだまだあると思います。ですので不完全な部分もあるとはいえやはり私自身は Google のアルゴリズムというのは常に変わるのでどの動画が上位表示されるのかは正直わからない部分もあります。

 

YouTube はまさにトラフィックを集めるにふさわしい

 

YouTube を使えばまさにトラフィックを集めるにふさわしいということは集客に向いているということではないかと思われます。私は YouTube を使うのであれば集客に使うというほうがいいと思いますがやはり大事なことは何かと言えば集客ツールとしての YouTube という風に考えるといいでしょう。 YouTube がなぜ集客ツールとして一番良いのかといえば個人的な意見ですがビデオが検索エンジンに引っかかりやすいことと親会社が Google だからです。

ですからこの二つの条件を満たしているのはおそらく Google であり YouTube であるということで私は基本的に Google だけには依存しませんがもちろん色々な検索エンジンからのトラフィックを集めるということを今持っていますので YouTube をうまく活用すれば収益以外の使い方というのは十分できます。アドセンス収入がないと言っても動画を毎日投稿すればそれなりに動画を検索に引っかかりやすいですし自分の動画はどちらかと言うとバッドボタンばっかりが多いので関連動画に引っかかりやすいというのもあるのでそれで検索エンジン対策ができているのではないかと思われます。

 

とにかく投稿し続けること

 

動画を投稿し続けることはもちろん大事ですが検索エンジン対策に非常に良いということは先ほどもお話しさせていただきました。収益化が無効になっている人は特にこの点に注目すればアフィリエイトで十分稼げるので私自身を積極的にやっています。ただし気をつけなければいけない点があります。それは YouTube の利用規約4条 H 項です。これは色々な解釈方法があるので意見はわかりますが簡単に言うならばスパム投稿はしないということが前提になってくるでしょう。

私の場合は基本的に朝昼は登校はしませんが夜の8時ぐらいに投稿するというパターンをずっと取っています。それはこの YouTube の利用規約4条 H 項に引っかかってしまう可能性もありますので基本的に投稿パターンを色々と変えながらやっていますがチャンネル登録者はそれなりに増えています。やはりうざい投稿するをするよりも良質の動画を投稿するという動画検索エンジン対策としてもいいのではないかと思います。

 

YouTube 以外からのトラフィック

 

実は YouTube 以外からのトラフィックというのはあまり考えていませんがピンタレストからのトラフィックというのは考えています。私は基本的にピンタレストからのトラフィックというのは非常に重要視していますがなかなか結果に結びつかないというのが現状です。7月にピンタレストをビジネスアカウントに切り替えてからいろいろとやっていますがなかなかこちらは結果が出ないというのが現状ですね。

さすがに英語圏のマーケターのやり方をそのまま真似をするというわけにもいかないのでどのようにすればいいのかということが全くわかりませんがピンタレストと YouTube というのは非常に相性がいいのでアメリカではどうやらピンタレストを使って YouTube を気にしているというようなことはよく聞きます。私自身も実践しているのでその結果についてはまた後日書くことにしますが YouTube 以外からのトラフィックとしては現在はピンタレストからのトラフィックを上げるようにやっています。ただ日本ではほとんどピンタレストからのトラフィックというのがあまりないですそれに関するノウハウも出ていないのが現状ではないかと思われます。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

1 thought on “YouTubeは検索エンジンなぜこの発想がもてないのか”

  1. こんばんは!ブログランキングから来ました。

    Instagramが動画共有サイトを作ったんですね!
    遅ればせながら初耳でした。

    今後を見越して私も使っていきたいと思います。

    ポチしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です