YouTube

YouTubeで屁理屈こねるユーチューバーは嫌い

更新日

YouTubeで屁理屈こねるユーチューバーは嫌い

もはやユーチューバーといえば私が嫌いなタイプの人間が多いかもしれませんがそれでも私は YouTube で動画配信をしています。ただユーチューバーアレルギーというのは間違いなくあるでしょうが YouTube で動画配信をしている全てが悪いとは言っていません。チャンネル登録者が多くなるにつれてユーチューバーは権威性を増してきて自分の発信する情報は非常に強くほとんどのユーチューバーは自分が天狗になっているということに気づかないでしょうし私自身もどんなに情報発信しても本当に意味のない情報だなという風に思われてしまうのがオチでしょう。

チャンネル登録者が1万人以上になればその発信力は強くなりますが私にとっては関係ありません。自分のビジネスにユーチューバーは必要ないですしもともとうるさいだけの人間だけですからね。本当に YouTube で活躍したいのであればルールを守って健全な動画を作ればいいだけの話。騒いでんじゃねーよという風に思います

 

 

 

どこか屁理屈こいている動画が嫌い

 

何が屁理屈を超えた動画なのか分かりませんが私は色々なユーチューバーの動画を観てきて、思ったのですがやはりチャンネル登録者が多いユーチューバーの意見は説得力があり私のような人間の動画は説得力がないといったところでしょうか情報発信をしていて思ったのはこのブログでも書いたように何度でも人間地雷のようなユーチューバーが出てくるということは言うまでもありません。チャンネル登録者が増えるとユーチューバーの中に人間地雷のような奴が出てきます。

私は基本的にそういう人間と関わりたくないので自分のビジネスからユーチューバーを排除しました。全てではありませんが情報発信をしていても伝わらないなかなか自分の意見というのは反映されないとなればこれは自分のビジネスが否定されたという風に考えればいいでしょう。 YouTube で活動する意味がなくなってきた、一体何のための情報発信だったんだっという風に思えば屁理屈こいているようなユーチューバーというのはそこでしか活動できないのでしょうか。

 

人間地雷のようなヤツが必ず出てくる

 

屁理屈こいてるユーチューバーの中でも先程お話しした人間地雷のようなユーチューバーはゴロゴロいます。親切心で近づきあれやこれやとアドバイスをするのはいいですがユーチューバーをやめようと言った時に必死でコメントをしてくる鬱陶しい奴、あれって本当にめちゃくちゃ迷惑しているんですけども何でユーチューバーってあんなに鬱陶しいんですかねという風に逆に痛くなります。

それは YouTuber自体が私自身は迷惑を被っているような連中ばかりが固まっているのではないかというふうに考えますがユーチューバーにさせることによって権威性を増すようなことになるのでしょう。 まるでユーチューバーというのはタチの悪い政治家より威張りくさっている気がしますね。 この人間地雷に絶対に近づいてはいけない理由は何度でも書きますがなぜ人間地雷なのかはあなたが経験してみないとわからないですが一つだけ言えるのは親切心で近づいてくることです。本当に余計なお世話だなという風に感じます。

 

YouTube に身をささげるアホ

 

別に私自身は YouTube でアカウントが削除されるまで使い続けますが基本的に YouTube に媚を売っているわけではありません。しかし YouTube に媚を売っているような人間というのは YouTube に逆らうことは絶対にしませんし正直言うと何をやっても YouTube の許可がいるようなまるでどこかのサラリーマン のような気がしてたまりませんね。

正直私自身が思ったのはユーチューバーというのは非常にたちの悪い職業だと思っていますし私も排除したということは何度もお話ししました。真面目なユーチューバーに関しては別に排除しているわけではありません。しかし自分のチャンネルに訪れる人間の大半がファンだのと言いながら情報発信できない間抜けばかりが本当に多いというのも事実です。ユーチューバーに依存しない生き方というのを考えていく上でも貴重なものになってほしいという風に思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です