ブログ

誹謗中傷に悩むあなたへ

更新日

こんばんは植田雅俊です。

ネット社会において誹謗中傷というのは非常に避けられないということですがあなたがネットビジネスをやっていると必ずと言っていいほどアンチがあられると思います。アンチが現れるということ、それはどういうことを意味しているのでしょうか?

アンチがあなたを誹謗中傷するということはとても心ないことですが、彼らは日々何かの不満を持っているということは確かです。直接会ったこともない人間となぜ誹謗中傷されなきゃいけないのかなぜ悩まなきゃいけないのかあなたは悩んだことがあると思います。完全否定された時誹謗中傷している人間は自分の承認欲求が満たされているのです。今日は誹謗中傷に悩むあなたに処方箋をお話ししていきたいと思います。

 

 

ネットの誹謗中傷を消すのは無駄

 

 

ネットの誹謗中傷というのは一旦広がるともはや消すことができません。彼らは罪の意識がほとんどないのです。しかしそれでもやり続けるというのは彼らにも原因があるでしょうしまた未成年であれば親にも原因があるのではないかと私は思います。しかし決してあなたが間違っているわけではありません。 YouTube と言われる時代、彼らのようになりたいという子供はたくさんいると思いますが彼らのような人生を歩む必要がありますか。

もちろん秋穂の必要があるのならばそれでもいいですが私自身は誹謗中傷をしてくる人間は基本的に相手をしないでもいいですしこれは YouTube だけの問題ではないと思います。特にユーチューバーは顔出ししている人ほど個人情報を特定されやすいと言います。物申す系ユーチューバーが特にトラブルを起こしているというのは私も YouTube でよくみますが、基本的に関わらないことが一番の処方箋でしょう。

 

 

あなたはあなたのビジネスを進めればいいだけ

 

 

彼らを誹謗中傷しても反論しても効果が全くゼロです。彼らは自分を何か生還を持った人間だと思っているのですが私はそれは全く違うと思ってます。彼らがやっている行為は確実に見えるのは犯罪行為です。今ネット社会だからといってばれないと思っている人は多いと思いますが確実にばれます。もはやそんなバレないと思ってやった行為が後で取り返しのつかない事になってしまってはいけませんね。

もしあなたが子供だった場合どうしますか。相手から名誉毀損で訴えられた場合子供がやったと分かったらその親が監督責任を問われるということなんですよ。だからこそあなたはあなたのビジネスを続けていけばいいだけである誹謗中傷なんてものは無視すればいいと私は思います。

 

 

弁護士費用もばかにならない

 

 

情報開示請求や裁判費用など等を含めても弁護士費用だけで馬鹿にならないお金を払って結局そんなことに時間を費やすぐらいなのであれば無視をすればいいだけの話です。ネット社会においてこんなバカなことをする人間に関われば関わるほど不幸になるだけです。私の Kindle 本をいくつか読んでいただければ分かると思いますが、2月に出した「匿名なやつら」という Kindle 本にも書いたように誹謗中傷を押してくる人間というのは非常に卑怯だということを私自身怒りを込めて書いています。ですので、本当に弁護士費用がない人に対しこのような誹謗中傷を許すというのは日本はまだまだ腐っているのがいいのよ私は生まれますね。

 

 

誹謗中傷して何のメリットがあるんだ

 

 

誹謗中傷をして何のメリットがあるのか?

私には分かりませんし誹謗中傷された人間というのは傷つくだけであり本当にこのようなことが起こっているのは重大な人権侵害だと私は思っています。しかし国や地方も知らん顔をしているだけではすまされないということを知っておかなければなりません。もはや誹謗中傷の低年齢化をしている以上何かの法整備をしなければいけない時になっているのではないかと私は思っています。

気に入らないから何でも誹謗中傷してもいいのかというわけではありませんよ。人の名誉毀損をやったら犯罪だということを教えていない日本の教育はまさにろくでなし教育だと私は思っています。生徒が教師を蹴るような時代ですからね本当にどうなっているのかと言いたいぐらいです。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です