誹謗中傷

インターネットの誹謗中傷喜ぶべきです

更新日

Hiboutyusyou

こんにちは植田雅俊です。

インターネットの誹謗中傷嫌ですよね。

私だってインターネットの誹謗中傷を受けたことがある人間ですがどうしようもない人間がなぜかインターネットの誹謗中傷をして劣等感や優越感に浸っていますがこのような連中に共通する点は何かと言えば自分の人生で失敗していることが多いからこそインターネットで誹謗中傷をするのではないでしょうか。匿名性があるというだけの理由で人は誹謗中傷に走ってしまうケースが多いですが悩むことはありません。

今の時代はユーチューバーにしてもブロガーにしてもこういった誹謗中傷から逃げることはできません。ましてや情報販売者の場合実名でインターネットビジネスをやっている以上誹謗中傷をされても仕方がないと思います。時には詐欺まがいなことを言われるかもしれませんが逆にそれであれば名誉毀損で訴えるというケースもあります。最近の人間はこうして匿名性を利用した誹謗中傷を平気でしますがこんなことに負けては話になりません。あなたはインターネットビジネスをやっている人間ですので私自身はそのような誹謗中傷に負けない人間になっていますし個人的にも色々なことを言われてきましたがそれにめげずにあなたがもっともっと頑張ればいいのです。

 

所詮は匿名何もわからない人間から言われる筋合いはない

 

ネットビジネスをやっていてよく思うことがあるのは所詮は匿名の人間に言われる筋合いはないことを言われることです。あなたと私どこかで会ったことがあるでしょうか。接点もない人間から言われるということは非常に腹が立ちますが個人的に言うならばその人たちは無駄な時間を結構過ごしているのです。

インターネットの誹謗中傷が減らない理由の一つはなぜだと思いますか。それは社会に対する不満や他責思考の人間が多いからです。ですからこのような誹謗中傷が増えるのではないでしょうか。しかし誹謗中傷を完全になくすためには誹謗中傷している人間そのものを取り締まらなければいけませんがなかなか難しいです。相手と民事裁判になった場合ものすごく時間がかかりますしお金もかかります。

大抵は泣き寝入りするというケースがありますがこれを逆に考えるとどうでしょう。あなたは少なくとも見られている可能性があるのではないでしょうか。私は少なくともこのようなケースを見たとき逆に言うならば無駄な争いをするよりもあなたが有名になるためだという風に思えばいいのではないかと思います。

 

参考になる本

 

誹謗中傷などにあった場合は下記の方が参考になるでしょう。

 

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現 [ 田村耕太郎 ]

 

半年前に私もこの本を購入して実際に飲みましたが本当に誹謗中傷に会ってた頃色々とネットでも悩んでいましたがこの田村耕太郎氏の本を読んで今では逆に開き直って色々とネットビジネスをやっているくらいです。とはいっても悪い意味ではなく良い意味での開き直りです。所詮誹謗中傷する人間なんてどんなに注意をしたところで聞いてくれるわけがありません。だからこそ私の中ではもう無視すればいいというふうに思っています。

 

誹謗中傷されては喜ぶべき理由

 

誹謗中傷されるとあまりいい気分にはなりませんがむしろ喜んだほうがいいと思います。単純明快で誹謗中傷するということはあなたに少なくとも関心があるということではないでしょうか。関心がない人にわざわざ誹謗中傷なんてしませんし個人的に言うのであれば誹謗中傷されるということはあなたがますます有名になるという原動力になるということです。つまりこれをプラスに考えるならばあなたは逆に人から見られているからこそアンチができ誹謗中傷されてしまうということではないでしょうか。

確かに誹謗中傷されるといい気にはなりません。ですがあなたが誹謗中傷をすればするほど注目の的になってしまうそしてあなたの商品を購入される確率というのは高くなってくることは間違いないです。となれば誹謗中傷してくる人間がどんな人間であれ高学歴の人間が誹謗中傷したとなれば話は別でしょうが私自身はどちらにしても誹謗中傷する人間なんて暇な奴としかも見ていませんしネットビジネスをやる上では誹謗中傷されても仕方がないなという時は思います。誹謗中傷するのであれば別にすればいいですしよっぽどのことがない限りは裁判なんてする余裕もないです。プラスに考えましょう。

 

 

低評価をつける人間も同じこと

 

低評価ばかりをつける人間も誹謗中傷する人間と大して変わりませんがどんなにコンテンツを出したとしても定評が馬鹿で作る人間はあなたよりもかなり不幸な人間と思います。不幸だということはあなたよりも成功していないということは間違いないということでありなおかつ成功している人間に対して同じことをやっているのは間違いないでしょう。そんな人が降りネットビジネスで成功すると思うでしょうか。行動もしない、お金も投資しないそのような貧乏マインドを持った人間とあなたは関わらない方がいいと思います。

YouTube の低評価や Amazon のレビューにしても同じことが言えると思いますね。まともな事が出来ないんだから低評価を付けることで自己満足に陥っている人間というのは非常に質が悪いとしか言いようがないと私は思っています。どんなに削除されてもこの類の人間は失敗する人生が嫌だからこそプライドが高くそして自分の考えを押し付けたりする一番厄介な人間だと言えますね。

 

まとめ

 

誹謗中傷を受けたら基本的には無視することが大事です。誹謗中傷する人間なんてたかだか知れています。だからこそ大事なのは何かと言えば自分の信念に従ってネットビジネスをすることです。誹謗中傷されたからといって方向性を変えてしまったらその人の思う壺になってしまうだけです。マウンティングタイプの人間なんてどうでしょう。あなたにとって迷惑な話だと思いませんか。私自身も迷惑な話なので本当に嫌ですけども個人的に言うならばやはり自分自身もとにかく誹謗中傷は大嫌いです。

ただ私自身が誹謗中傷する側に立った時リスクを負うようなことは絶対にしたくはないですし仮に誹謗中傷をしたところで待っている代償は高いと思います。そんなことをわかってやっているのであれば普通の人は誹謗中傷なんてしません。人間とはそういうものです。誹謗中傷すれば今の時代名誉毀損で訴えられる可能性は十分ありますので弁えてやるべきだと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です