経験

批判に強くなれ

更新日

johnhain / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

ネットビジネスをやっていると批判はつきものです。あなたがどの分野でネットビジネスを
やっているかはわかりませんがどんな分野に対しても批判する人間というものが必ずいます。
批判する人間には様々な特徴がありますがあえて言うならばあなたに嫉妬しているのは間違
いありません。私の場合を例に挙げますと Amazon Kindle で電子書籍を出しているので本当
に批判が絶えないのですが中でもたちの悪いネットストーカーのような批判もあります。

しかしいくら通報したところで何も問題が解決するわけではありません。私はその人をする
わけでもありませんしその人の人生の知る由もありませんのでなぜ批判をするのかというこ
とすら分かりません。ただこの人がネットビジネスで成功していないということは間違いあ
りませんがそれであれば人一倍努力をすればいいだけの話です。

 

重箱の隅をつつくような批判などを醜いもの

 

 

批判する人間にも色々なタイプがありますが重箱の隅をつつくような人間というのは特に質
が悪い人間でしょう。何が気に入らないのか分かりませんが個人的に言うならばこのような
タイプの人間は一番質が悪く私は無視をしています。 YouTube の世界でもそうですがこうい
ったたちの悪い人間というのは必ずあなたの周りにもいますしあなたの成功を邪魔してくる
いわゆるドリームキラーに近いかもしれません。普段は真面目な人間がネットに向かえば突
然誹謗中傷をするそういったタイプの人間があなたの近くにいたらどうでしょうか。

悲しい話ですがそういったタイプの人間は周りにいるかもしれません。重箱の隅をつつくよ
うなことを言うということはあなたを少なくとも知っているということでしょう。それが男
女関係だったのかどうかはわかりません。しかし誹謗中傷をしてくれということはネットビ
ジネスにおけば成功をしている人に対する僻みなのです。こういう類の人間は処方箋があり
ませんので無視するに限ります

 

Amazon レビュー思ったこと

 

 

アマゾンのレビューを見ていると低評価ばかりつけている人間が非常に多いですがそこで共
通したことがあります。アマゾンのレビューというのは本来商品に対してどのようなことを
改善してほしいのかということを書くべきなのに何か自己主張の強い人間ほど勘違いしてい
るようなレビューを時々見かけます。 Amazon Kindle を出している私自身もそうですがいろ
いろな電子書籍を100冊以上も出せば色々なレビューを書かれている中でも低評価ばかりつ
ける人間も中にはいます。

しかし全てが低評価といえばそうではありません。中には高評価をつけたりと色々なレビュ
ーをいただきますので全てが低評価なわけではありません。ただ中には悪意のある低評価を
する人間もいます。私はこういう人間に対しては徹底的に対処するべきだと思います。悪意
をもってその人を蹴落とすということはそれはもはや人間のやることではありません。偽善
者ぶった政治家がやるのと同じことです。あなたが電子書籍を出している場合レビューを確
認してみてください。低評価レビューは大抵付いている場合はその人はおそらく読んでいな
い可能性がありますしよく読んでみるとどうでもいいようなことが書いてあると思います。

 

なぜ人は低評価レビューをつけたがるのでしょうか

 

 

あなたはなぜ低評価レビューをつけるんですか?

私は逆に質問したいぐらいですが低評価レビューをつけるということはその人の視点にならな
いと全くわからないということです。妻につけられた側にとって何が不満だったのか、何が足
りないのかということがわからないまま低評価をつけたのかただ作家が気に入らないから低評
価をつけたのかでは話が違ってきます。感情論で低評価をつけた人間はおそらく Amazon で削
除申請をすれば削除されるでしょう。しかしこれはいたちごっこにすぎません。私も削除した
のにまた書かれているというケースがありました。

もはやこの人は最悪だなという風に思って諦めています。単純に言うならば思考が腐っている
のではないかと思います。あなたの周りにこのような人がいるならば気をつけた方がいいです
。低評価レビューと売上の因果関係は全く関係ないと思ってます。むしろ私はもっと頑張ろう
という風に思います

 

もっともっと頑張ればいいだけ

 

 

批判をされればそれ以上に頑張ればいいだけの話です。あなたが結果を出して文句の言えな
いぐらいの事をすれば誰も批判することはありません。あなたが結果を出したらそれでも批
判してくるのであればその人はもはや思考が腐ってるとしか思えません。批判されたらもっ
ともっと頑張ろうそしてあの人のようになりたくはないという風に思えばいいだけの話です。

批判から生まれるものは虚しいものです。時間の無駄と何も生まれないということを知らな
いからこそ人は批判をし続けるのではないかと思います。はっきり言って批判する人間ほど
時間の無駄ということに気づいていないのかなというふうに思います。人の批判をするよう
に自分のモチベーションを上げるばいいだけの話であり努力をすれば誰も批判はしませんし
努力をしないから批判をするというよりも結果が出ないから批判するのではないでしょうか。

 

批判を逆に考える

 

 

批判を逆に考えるということはあなたが見られているということでありなおかつ私自身は批
判されることで注目を集めているなという風に時々解釈します。この解釈が間違えていると
いうのであればいちいち批判なんてしないでしょう。批判をする暇があればネットビジネ
スをやればいいだけの話ですから時間の無駄とお金の無駄ということを考えればあなたが批
判されているということはあなたに注目が集まっているという風に解釈してもいいのではな
いでしょうか。

つまりはこれを逆手に取ればチャンスだということを考えていただきたいと思います。何も
私は自惚れてはいませんなぜその人が批判するのかということを考えてみてください。見な
ければいいものをなぜ見るのでしょうか。その人はあなたに嫉妬しているからです。あなた
の成功を嫉妬しているからこそ批判という言葉が出てくるのではないかと思います。ですか
ら批判されたら逆にビジネスチャンスだという風に考えるのもありではないかと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です