アマゾンビデオダイレクト

Amazonビデオ ダイレクトに参入してもいい

更新日

 

(2018年10月25日更新)

おはようございます植田雅俊です。

日本で動画共有サイトといえば YouTube が有名ですが、 Amazon ビデオダイレクトもご存知でしょうか。 Amazon ビデオダイレクト2016年5月に Amazon が動画共有サイトとして持ってきましたが日本ではあまり流行していないというのが現状です。ほとんどのユーチューバーが参入していないというのも事実ですし個人的に言うのであれば Amazon ビデオダイレクトに参入するのはチャンスだと思います。

なぜ私が Amazon ビデオダイレクトおすすめするのかといえば YouTube よりは難しいかもしれませんが動画の販売やプライムビデオにあなたの動画が出品できるということです。つまりこれがどういうことかお分かりでしょうか。 Amazon プライムのビデオにあなたの動画が出るということはそれだけ視聴されるという可能性が強いのです。 YouTube のように日本だけではありません全世界ですよ。確かにアマゾンビデオダイレクトは YouTube と違っている点はドキュメンタリー系の動画を作るというのが主なコンテンツでしょう。

それであれば Amazon ビデオダイレクトにサインインする意味はあるのではないかと思います。私はまだ参入していませんが将来的な参入はもう考えています

 

アカウントの作成は Amazon Kindle と同じようなもの

 

あなたが Amazon Kindle をやっているのであればアカウント作成はほとんど Kindle と同じようなものになります。税に関するインタビューなどプロファイルを作ったり銀行口座の振り込みなどはほとんど Amazon Kindle とやり方は変わりません。つまりあなたが Amazon Kindle をやっているのであれば Amazon ビデオダイレクトで参入するという選択肢はないはずです。

ですから Amazon ビデオダイレクトに参入するというのは非常に便利であるある意味ユーチューバーの大半が参入していないのでブルーオーシャンではないかと私は思っています。個人的な意見で言わせていただければ Amazon ビデオダイレクトに参入するメリットは非常に多く動画の販売もできるというのでとにかくあなたにとってはメリットだらけです。

 

動画には審査が必ずある

 

YouTube の動画の審査はありませんが必ずと言っていいほど Amazon ビデオダイエットの審査があります。この動画審査は動画の内容によっても時間がかかりますが私がブログで調べた限りでは Kindle と同じぐらいの時間ではないかというふうに思っています。もちろん著作権侵害などがあれば問題ですが個人的に言うのであれば Amazon ビデオダイレクトは結構人気があるので参入者も徐々に増えているのではないかと思われます。

報酬は100ドルになるので支払われないということでつまり日本円に換算すると1万円から12000円あたりになるまで支払われないということですので少しデメリットがあるのですが動画の審査があるというところでは YouTube とは明らかに違います。 YouTube には動画の審査がありませんが Amazon ビデオダイレクトには一本一本の動画に審査がありますので不正なことは絶対にできません。この辺りが違うのでしょうね。

 

どのような動画を作ればいいのか。

 

YouTube のように1分や2分の動画ではなくドキュメンタリー風の動画を作ればいいと思います。時間に換算すれば30分ぐらいの動画が理想的でしょう。ただし全世界に対して配信する場合は字幕を自分で入れないといけないというデメリットもあります。またカバーを二つ作らなければいけないので非常にめんどくさいけんがあるのも Amazon ビデオダイレクトのデメリットかもしれません。しかし慣れてくれば Amazon ビデオダイレクトで動画の発信ができたり動画を売ったりすることができるのでどちらかといえば情報販売者に向いているのかもしれませんね。ユーチューバーよりもどちらかと言うと Amazon ビデオダイレクトする方がいいかもしれません。

今の YouTube はかなり厳しいので将来的には Amazon が YouTube のようなシステムを取ってくる時におそらく Amazon ビデオダイレクトの中に組み込んでくる可能性は十分あります。その時にあなたが参入しているかしていないかで大きな差が出てくるのは言うまでもありません。

 

今がチャンスと思う Amazon ビデオダイレクト

 

Amazon ビデオダイレクトに参入するのは今がチャンスだと思っているのは私だけでしょうか。私は Amazon ビデオダイレクトに参入するというのは大いにありだと思っています。それは言うまでもなく Amazon Kindle が日本に参入してきた時も日本ではブレイクしました同じように Amazon Kindle よりも Amazon ビデオダイレクトは確実に次に日本でブレイクするのは間違いないでしょう。

今 YouTube に対する不満がすごく出ていますが Instagram の動画共有サイトと Amazon ビデオダイレクト両方やっておくといいですね。私は Instagram の動画共有サイトをやっていますが Amazon ビデオダイレクトも参入する予定です。是非あなたも Amazon ビデオダイレクトに参入してみるといいですよ

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です