YouTube

アメリカYouTube本社銃撃事件犯人はYouTuberだった

更新日

harshahars / Pixabay

 

アメリカ YouTube 本社で銃撃事件がありましたがこの事件は少しびっくりしたところが
ありますが YouTube といえば You Tuber というイメージがまさきに行くでしょうがこの事
件を端的に言えばユーチューバーの不満が起こした事件だと言われています。

犯人は女性ユーチューバーと言われていますがこの女性ユーチューバーはチャンネル登録者
が5000人以上いたと言われますが何が不満だったのでしょうか。

 

検閲されていた

 

以前から YouTube が検閲をしているとは言われていますが日本ではどうかわかりません。
しかし YouTube である以上日本でも検閲されている可能性というのは否めませんが、このユ
ーチューバーが投稿していた動画というものは動物愛護に関する動画やビーガンなどの動画
だったのでそれほどヘイトスピーチに関する動画ではなかったという風に感じます。

ハフィンポストの 情報からするとこのユーチューバーはかなり過激な動画を投稿していたの
ではないかと言われアカウント停止または動画削除を食らっていたという風に言われています。
ということは考えられるのはヴィーガンの動画を投稿していたのではないかと推測できます。
つまり菜食主義者の動画が広告主によって気に入らないということだったのでしょうか。

 

動物愛護の動画も投稿していた

 

このユーチューバーはチャンネルを四つほど持っていたらしくそのひとつに動物愛護を掲げる
動画があったそうです。その動物愛護に関する動画も検閲されていたのではないかという風に
推測されています。はっきりしたことはわかりませんがこの女性ユーチューバーの動画が物申
す系ではなかったことは確かです。

しかし広告なしによって不都合な真実のある動画は確実にこのようにして削除されるというこ
とは間違いなしにユーチューバーは広告なしの気に食わない動画を投稿するなということでし
ょうか。おそらくそのように感じてきますね。

 

日本ではここまでならない可能性がないが

 

今年の2月20日から収益化プログラムが変わったことはご存知かと思いますがこれに対する
不満が本当に日本でも多かったそうですがさすがに YouTube 本社に襲撃をするというのは
本当に怖いものです。 ですがこの事件からはっきり言えることはユーチューバーだけの収
入源に頼ってはいけないということです。

普段から私が言ってるようにユーチューバーの収入はプラットホーム型依存ということで
あなたは他でもきちんとした収入源を作ることが大事です。ユーチューバーだけに依存して
いると必ずこのような悲惨な事件が起きてしまいます。海の向こうのアメリカということで
はありません。 YouTube は世界どこでもあります。ですからしっかりとしたことをしない
といけないのは間違いないと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です