YouTube

YouTubeに関してはかなり不公平を感じる

更新日

YouTubekouhei

 

おはようございます植田雅俊です。

YouTube に関しては非常に私自身も不公平感を感じていると思うのですがあなたはどう思いますか。最近のアカウントベースに思うことはカズヤチャンネルの和也が一旦アカウント停止になって異議申し立てをやったのにまた何もなかったということがありましたがこれを見たとき、私は非常に YouTube に対する公正公平な態度というのがなくなっていたのではないかと思われます。

こんなものをいくら審査したところで特定の人間を特別扱いするというのはもはやグローバル企業がやるべきではないでしょう。どんなにヘイトスピーチをなくすとはいっても実際にヘイトスピーチでないものが削除されたりヘイトスピーチであるものが残ったりと権力者側の都合でなんでもなるという世の中というのは実におかしな話です。今回のケースを見ていると YouTube 側に対する不公平感を非常に感じました。なぜこのようになったのか、もはや YouTube という媒体が信用できないという人もいるのではないでしょうか。

 

YouTube を長くやっていて思ったこと

 

YouTube を長くやっていて思ったことはいろいろありますが、最近のユーチューバーの動画は非常に下品な動画が多く私もこれまで見ていたチャンネルを解除しました。自分にとって不愉快な動画はチャンネルを解除されて当然ではないでしょうか。しかしこのような動画が YouTube 上にあるということは私自身はあまり好きではないですし正直迷惑を被っているというのは事実です。

やはりこのような動画をマネージメントしているチャンネルというのをもっと考えなければいけないという風に思うのですが、履き違えた自由をする考えるユーチューバーもいるのではないかと思われます。だからこそ私自身がやるべきことというのはひたすら健全な動画を作ることでありなおかつコツコツと視聴者から信頼されるということしかないです。視聴者から信頼されない動画をいくら作ったところでそれはアンチをただ単に作っているだけに過ぎないんです。

しかし多くのユーチューバーは何度も話したように自分たちでアンチを作るような動画を作るそれを煽って言うならば炎上商法というやり方をしています。そんな道具が近年問題になる YouTube の収益化プログラムに大きく変わりました。この先のことはわかりません。しかし断言できることは今のままではまず YouTube はヘイトスピーチに関する体をさらに強化するでしょう。

 

エロ系の動画がなぜ削除されないのか

 

最近はエロ系の動画が結構削除していると言われますがまだまだ YouTube にとってエロ系の動画は氷山の一角でしょう。なぜかと言うとそういった性欲を満たすコンテンツを作って自分も満たされたいというような承認欲求と言うかそういったくだらないコンテンツでお金儲けをしているような輩がいるということではないかと思われます。

暴力的なコンテンツ
エロ系の動画

この二つは確かに削除されつつありますがまだまだだと思っています。この二つが本格的に削除されてこそ意味があるのではないでしょうか。今の段階では何とも言えませんがこういった不愉快な動画を作り続ける輩がいる限り健全な YouTube を運営しているとは私は思えません。はっきり言えば迷惑なことです。子供だって YouTube を観ているのです。

 

ヘイトスピーチの動画

 

これは近年問題になってきているヘイトスピーチな動画ですか私がこの動画に関してはおそらく8月以降 YouTube は取り締まり強化をしてくると思います。私はヘイトスピーチは大嫌いですが言論表現の自由を担保しないのも大嫌いです。 YouTube が大問題にしているのはどこまでがヘイトスピーチなのかという戦慄が曖昧だからです。行政がどうとかそんなことではないです。 YouTube は YouTube のルールの中でどこまでがヘイトスピーチでどこからがヘイトスピーチではないのかというところを決めなければいけないはずなのに特定の人間だけを贔屓するのはおかしいではないですか。

私だってこの問題に関して納得いかない事はありますがただそれを動画にしたところで誰も視聴してくれるわけありませんのでただ作れなかっただけです。今必要なことはこう言ったヘイトスピーチの動画をなくすことです。収益化プログラムがまた変わってしまえばヘイトスピーチをした人間だけが迷惑を被るような動画を作る真面目な人間だけじゃまたとばっちりを受けるもうこんな YouTube の運営はごめんです。

 

なぜ特定のユーチューバーだけを贔屓するのか

 

最近 YouTube に不信感を持ったのはカズヤチャンネルのカズヤがアカウント停止になってからまた復活したという風になぜ YouTube は特定の人間をひいきするのかここに不信感を持ちました。あれほど公正公平に会っていた YouTube がなぜこのようにするのか私は分かりません。カズヤチャンネルの和也は異議申し立てをしていたという風に言われていますがそれが通らずにアカウント停止になっていたということになれば通常は考えられない話です。

「 YouTube は気分次第で人のチャンネルを復活させたりアカウント停止させたりするのか」

このような日に振ったことを言われても仕方がないでしょう。私のような弱小ユーチューバーがこのようなことを言えばアカウント停止されたところで何のメリットもありませんがしかし50万人気者カズヤチャンネルがなぜかかつしたということに関しては非常に納得できない部分もあります。到底ルールは守ってアカウント停止されているのにも関わらずまるでやっていることは権力者の恣意的な都合でアカウント停止を解除されたというようなものでしょうか。特定のユーチューバーを表示する今のやり方に関しては非常に憤りを感じます。だからこそ私は平等にルール違反をした人間はアカウント停止するなりペナルティをつけるのはどうすればいいのですから特定の人間をひいきするというのはやり過ぎではないでしょうか

 

弱い者いじめばかりするな

 

今の YouTube を見ていると弱い者いじめばかりをしているとしか思えません。弱小ユーチューバーと言われる人たちがこれだけ頑張っても報われないということは結局 YouTube 側が考えていることと我々が考えていることのが矛盾するというからでしょうか。我々はルールに則ってきちんとやっているのに報われないということばかりが起きています。やりたい放題のユーチューバーを野放しにして我々が少しでもルールを守らなければアカウント停止にする逆に言うならばチャンネル登録者のホウ砂だけで何でもやりたいようなユーチューバーが非常に多くなってきているというふうに思います。

今思うと YouTube が削除している基準というのは曖昧で YouTube に媚び売っているようなユーチューバーもいればさっさと諦めているような人もいるそうで色々なタイプはいますが私自身は弱いものいじめばかりしている YouTube つまり親会社の Google の考えていることがどうも気に入らないと言ったら気に入らないです。だからこそ平等に行ってくれと言いたいのになぜか聞いてくれないこれは一体どういうことでしょうか。自分自身が不信感を抱くのはこの辺りからだと言えます

 

まとめ

 

YouTube の運営側に一番言いたいことは公平公正に判断してからペナルティを与えるということをやらなければいけないのに特定の人間だけを贔屓するのはいかがなものかと思います。多くのユーチューバーはカズヤチャンネルに対しての意見に賛否両論がありますが私の場合基本的になぜカズヤチャンネルがアカウント停止になる異議申し立てをしたのに拒否されそして急に何もなかったかのようにチャンネルは復帰しましたなんていうおかしなことになったんでしょうか。

今 YouTube に対する不信感というのは少し持ったように思えますがヘイトスピーチだけではなくアカウント停止祭りで思ったことがこのような YouTube の不平等なやり方が結局のところ紛らわしいことを産んでいるとしか私は思えないのであります

 

 

YouTube Perfect GuideBook 改訂第4版【電子書籍】[ タトラエディット ]

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です