YouTube

子供をYouTuberにさせたくない親が増えている

更新日

 

(2018年10月20日更新)

こんばんは植田雅俊です。

最近ユーチューバーの不祥事が多いですか昨日の東京の新宿でなんでもユーチューバーの勝利があったそうですが馬鹿じゃねーかと言うように私は思いますが基本的に YouTube 兄させたくない親御さんが多いのではないかと思います。なぜ私がユーチューバーになりたいと思ったのかといえばお金が稼げるもちろんそうですがアホなユーチューバーも中にはいます。

私はアホなユーチューバーになるなと言っているというよりもユーチューバーがビジネスであれば責任を取らなきゃいけないのは当たり前です。それもこの問題を犯したユーチューバーは過去に犯罪歴があると言うらしいですがどうかはわかりません。もはやここまで来ればユーチューバーに対する風当たりも強くなってくるでしょうし馬鹿馬鹿しくなってきます。こういう連中を野放しにすれば必ずと言っていいほど真面目なユーチューバーにとばっちりが来ますね。

 

バカをさっさと排除するべき

 

バカをさっさと排除するべき理由は今の真面目なユーチューバーが報われないからです。どれだけ頑張ってもどれだけ収益化を目指してもこのような馬鹿が増えれば結局のところまた収益が変わってしまうのかというようにつながってしまうのです。

私もこのようなユーチューバーがいたら絶対に許さないですね。今後 YouTube はどのような対策を練ってくるのでしょうかその辺りについてはわかりませんが一つだけ言えることは何か対策を打って来ることは間違いないです。

ですから私自身はこういったユーチューバーの不祥事というのは本当に許されないものだと思っていますしアホじゃねーかという風に思いますね。だからこそ大事なのは何かということをしっかりと考えなければいけないというのは当然です。ルールを文字すればどのようになるかぐらいはわかるでしょう。コミュニティガイドライン違反がどれだけ増えているか本当に呆れますよ

 

くそ動画ばかり

 

YouTube にはクソ動画ばかりが本当に多いですが、私はこのような糞動画をまず観るだけでも反吐が出ます。だからこそ大事なのは何かっていうのはきちんとしたこういった動画を取り締まるべきだというように思いますがなかなか追いつかないんですね。アカウント停止祭りなんて言っても所詮はヘイトスピーチの動画をただ単に取り締まってるだけであり裏で何をやってるかなんて私は興味ないですがね。

でも糞動画が本当に減らない理由の一つはモラルのない人間が作っているということは間違いないでしょう。こういうモラルのない人間はさっさと排除するべきです。くそ動画ばかりが YouTube にアップロードされると本当に胸糞悪いので私で神はこのような動画がなくなるようにしっかりと YouTube には厳しくやってほしいなという風に思っています。

 

クソユーチューバー排除時代になってくる

 

私が予測するのはクソユーチューバーがどんどん排除される時代になってくるのではないかと思いますがまあそれはそれで別にいいんじゃないかなという風に思っているのはこう言ったクソユーチューバーが本当に最近増え始めて言うというのが問題になっているのは確かですし別に排除されたからといって私には何の関係もないでしょう。今回の東京の新宿で起きた問題にしても本当にこういったユーチューバーの問題というのは考えなければいけないという風に思っていますね。

日本は本当にこういった YouTube はブームの中で親御さんがユーチューバーにさせたくないというのも分かる気がしますね。私だったらやらせるべきではないという風に思いますが矯正をさせないというより本人が決めればいいだけだという風に思います。やはりユーチューバーにさせたくない理由はいろいろありますが責任問題にまで発展しすれば当然責任なんか取らないクズばかりがいるでしょうね。

 

親はユーチューバーよりもまっとうな人生を歩んで欲しいと思っている

 

 

ユーチューバーにさせる子供は本当に多いですがまともな人間にさせていくべきでしょう。ユーチューバーが結局のところ何が問題かといえば著作権の問題や名誉毀損の問題といった色々な問題がありますので正直ユーチューバーになるというのは非常に危険と隣り合わせになっているということです。最近は無責任なユーチューバーが増えすぎて本当に迷惑被っていると言えばそうかもしれませんがこういうユーチューバーというのは自分のことしか考えません。

決してあなたのことなんて考えていませんし余計なアドバイスをして撹乱させるだけ撹乱させてあなたを利用するだけ利用しているクズばかりでしょう。親がそのような子供になってほしくはないというのは当然ですしまともな道を歩んでほしいというのが当然ではないかと思います。別にユーチューバーにならなくてもブログで情報発信をするという方法もありますのでそういう選択肢を残すという方法もあるのではないかと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です