YouTubeにいるフレンドエネミーには近づくな

更新日

YouTubeにいるフレンドエネミーには近づくな

こんばんは植田雅俊です。

あなたはフレンドエネミーという言葉を聞いたことがあるんでしょうか。この Friend Enemy というのは非常にたちの悪い人間の集まりである簡単に言うならば人間地雷と言っても正しいでしょう。このフレンドエネミーがあなたの近くにいるということは間違いなく親切心に近づいているのです。この人間に絶対に近づいてはいけない理由のひとつがあなたをとことん利用した挙句に裏で何をやっているかわからないからです。

YouTube 上にどのようなフレンドエネミーがいるか分かりませんが正直言うとフレンドエネミーには色々な特徴があります。 Google で検索するとフレンドエネミー女子というのも出てきているそうですか正直言うとその定義が分かりません。ただ一つだけ言えることはあなたにあれやこれやと内政干渉してくるどうしようもないクズ野郎ということ以外は考えられないということです。この Friend Enemy に近づいてしまうと時間と労力を割いてしまうのであなたが YouTube で頑張っていることを否定されてしまう本当に心の中まで腐ったクズがいるので気をつけましょう

 

 

 

フレンドエネミーは見分け方が難しい

 

正直言うとフレンドエネミーは誰がなっているのかは見分け方が非常に難しいので私自身も分かりませんが一つだけ言えることはあなたにやたらとしつこいコメントしてくる人間と言ってもいいでしょう。 YouTube 上で言うならばおせっかいなコメントばかりしてくるやつと言っても過言ではないですね。実際に気づいていないだけかもしれませんがフレンドエネミーは必ず親切心を装ってきます。あなたのビジネスに興味なんてはっきりないんですよね。

私自身も色々とフレンドエネミーについてネットで調べましたが結構該当する部分がありました。フレンドエネミーの一番のたちの悪いのは親切心で近づいてきて最後に手のひらを返すこれはまさに人間地雷といっても過言ではないでしょうか。このようなフレンドエネミーがあなたの近くにどれだけいるか私は分からないですが少なくともこのような人間を放置しておくと必ずろくなことはないので無視しましょう。

 

アドバイスをしておきながら陰で悪口を言っている

 

フレンドエネミーの特徴として私自身が経験したのは悪口を言っていることでしょうか非常に分からない部分がありますが、フレンドエネミーはものすごく自分のやることに対して否定されるのが嫌いです。これは私自身が経験したことを考えると YouTube 常にこのようなフレンドエネミーはどれだけ入るかということがわかりますね。つまり親切心で近づいているような人間というのは絶対にろくな奴なんていないということでしょう。

それは言うまでもなく私自身もあまりコメントしないタイプですがフレンドエネミーは必ず自分の思うようにいかなければ態度を変えてあなたのことをバッシングする時が必ず来ます。このような人間にあなた方に騙されているだけに過ぎないのです。ビジネスにおいてこのアホを野放しにしておくと必ずろくなことはありません。またフレンドエネミーに共通する点は権力者に近いところにいるということも考えられると思います。ですので絶対に近づいてはいけないです。

 

暴発する時

 

フレンドエネミーが暴発する時というのは必ず分かっています。例えば YouTube 場にいるフレンドエネミーが YouTube を辞めると言った時どうでしょう。恩を仇で返すようなことをしやがってというふうに逆ギレするようなことになってしまうと思いませんか。別にあんたに世話になった覚えはないのにね。どうしてこのような連中は増えるのかといえばフレンドエネミーは必ずこういう YouTube 上に限らずどこでもいるからです。

失敗よりたちが悪いという風に言ってもおかしくはないでしょう。暴発する時は必ず暴発します。それがあなた自身が裏切った時ですね。私は裏切ったつもりはありませんか自分のやっているビジネスに対して堂々と宣言しただけなのにこのようなフレンドエネミーが周りにいるとなればめんどくさいと言ってもおかしくないです。あなたの周りにもしこのようなフレンドエネミーがいたらさっさと排除した方がいいですね。徹底的にこのようなタイプは邪魔をしてきます。

 

フレンドエネミーを排除しよう

 

フレンドエネミーはあなたにとって何のメリットもありません。むしろあなたのビジネスを邪魔するだけのクズとしか言いようがないと私は思っていますしそんな人間とビジネスができると言うかと言うとできないでしょう。私がユーチューバーを排除すると言った理由は他にもありますがこのフレンドエネミーがどこにいるかわからないのでそれも一つの理由として考えていました。結局のところたぬきのばかしあいみたいなようなことを言うかもしれませんが私のビジネスと関係のない人間は排除する当たり前じゃないですか。

自分のことばかりを主張するような人間を何で11自分のチャンネルでコメントさせなきゃいけないのか彼らにとっていやフレンドエネミーにとって弱者というのは本当にカモになるからではないでしょうか。このようなタイプのユーチューバーは絶対に周りにいますので見極め方が難しいだけの話であってひょっとするとあなたが親切心を持っているユーチューバーは危険かもしれないので近づかない方がいいでしょう。これだけは釘を刺しておきます。 YouTubeを使ってまともにビジネスをやっている人を排除するのではなくアホ動画を投稿しているユーチューバーだけを排除するというだけの話です。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です