お金

クレジット・カード不要論

更新日

 

 

こんばんは植田雅俊です。

よくクレジットカードを持つ人がいますがこれは人それぞれなので私は否定はしませんがクレジットカードを持つという意味をあなたはご存知でしょうか。クレジットカードというのはお金持ちが持つカードというイメージが強いですか別にその人たちはきちんと目的があって持っています。しかしクレジットカードを全員が持つと言うことを言う人がいたらそれは間違いです。クレジットカードは全員が全員持てるわけではありません。あなたの昔を見てきてどのような生活をしてきたのかどのような支払いをしてきたなど本当に細かい部分まで見てきます。

クレジットカードを持つ意味っていうのは私にとってはほとんど不要ですし全く意味がありません。ネットビジネスの世界でもクレジットカードを持つ推進派みたいな人がいますが自分から見るとその人の価値観と私の価値観では全然違います。クレジットカードで本当に破綻した人もたくさん見てきましたじその人たちはギャンブルに溺れた結果の成れの果てでしょう。私はクレジットカードを持つというのはその人が持ちたいのであれば自分の財布と相談するなりすればいいですが基本的には持たない方がいいというのは自分の考えです。

 

クレジットカードは所詮借金カード

 

 

クレジットカードのクレジットとは信用という意味です。妻に信用されているからこそあなたが後払いでもいいですよっていう風に出してその信用の証拠であるクレジットカードを出せば世の中簡単に買い物ができるということではないかと思いますが支払い能力のない人間がクレジットカードを作ってしまうと完璧にアウトです。これは言うまでもなくクレジットカードを作ってしまった人間が悪いですしクレジットカードを作ってしまえばその人が支払限度を超えてしまい何でもかんでも使いたくなるという麻薬のようなものが私にはあります。

私自身もデビットカードを最初に持った頃本当にこのようなクレジットカードを支払うというような金銭感覚の麻痺というものがありました。ある店員がデビットカードをクレジットカードと間違えて何回払いですかと言ったので一回払いですって言った暗いですからクレジットカードとデビットカードを間違えてもおかしくはないです。それくらい借金カードと言われているクレジットカードを持つというのは恐ろしい話です。今子供がスマホをローンで買っているのも親がクレジットカードを持っているからでしょう。そんなものは所詮借金をしてまで支払いをしているようなものであり私はお勧めはしたくありません。

 

キャッシュレスの時代になってもクレジットカードだけは作ってはいけない

 

言い方が悪いですかクレジットカードは正直言って麻薬のようなものです。実体験からお話ししますがショッピングクレジットというのが通販ではありますがこれはすごく通販でオーダーしたら三者間契約を結びますがこの時にショッピングクレジット会社から大体このようなことを聞かれます。

氏名
年齢
住所
年収
家族構成
借金の履歴など

聞かれる内容はショッピング通販によって全然違いますが正直私が経験したのはここに書いたことばかりです。正直言うとショッピングクレジットを作るだけでもこれだけ聞かれて審査されるのになぜクレジットカードを持たなきゃいけないのか分かりません。クレジットカードを作るという意味が日本人はおそらく分かっていないのではないかと思います。

支払い能力のない人間がクレジットカードを作ればどのようになるでしょうか。まさに財産の差し押さえをされてしまうのは当たり前です。それで信用機関にブラックリストとして掲載されてしまうのでこんなアホな話はないでしょう。ブラックリストに掲載されてしまえばもはやアウトです。スマホも現金一括払いしかできません。私自身も iPhone を購入しようとしたら全然購入できなかったという経験もありました。今はアンドロイドだけしか購入できませんが正直このようなことがあるのでクレジットカードを持つということはデメリットだらけという風に考えればいいでしょう。

 

クレジットカードをが引き起こすギャンブル依存症

 

 

クレジットカードは簡単にギャンブル依存症を引き起こす可能性は十分にあります。私自身も知り合いがギャンブル依存症になってクレジットカードで色々なことを行ったと言いますが具体的にはわかりませんがクレジットカードを使って色々な物を購入して借金をしたと言いましたが正直言うとこのようなことだってあるのでクレジットカードで物を購入するということは借金をして購入するということです。現金で払えば済むことをクレジットカードという遠回しなことをするからこそあなたはセミナーやコンサルでクレジットカードを作りましょうと言ってその人達大抵は騙されているケースがあります

クレジットカードは確かに便利ですが肝心な部分を忘れているのであればまさに審査があるということです。この審査を通らなければクレジットカードは絶対に作れません。しかし大抵の人はなぜか言いません。クレジットカードの審査はまさに滞納履歴や一発で通らないでしょう。ですから持ったところで何の意味もないのです。なぜクレジットカードを持てという風にコンサルタントは言うのかはわかりませんが私は持たない方がいいという風に思う人間です。

 

 

税務署にマークされる

 

 

よく考えてみてください。クレジットカードを持っているということはあなたは所得があるという風に税務署から皆されてしまうのです。ということは確定申告の時にあなたがでたらめなことを言ったら税務調査が入ってしまうということではないですか。これって逆に言うとあなたがお金を持っていますよって言うふうに言っているようなものです。なぜならば将来的にマイナンバーとリンクすれば国家に筒抜けになってしまうのでこのようなことがばれてしまうとあなたがクレジットカードを使えば使うほど国税庁にばれてしまうということが将来的に起こるのではないかと思います。

税務署にマークされてまでクレジットカードを作りたいですか。私は作りたくないですね正直言うとクレジットカードを作りたいのであれば別に構いませんが確定申告の時にちゃんと申告したとしても修正申告や脱税とかでバレてしまうととんでもないことになるということになってしまうのでクレジットカードだけは作らない方がいいでしょう。デビットカードぐらいならば問題はありませんがクレジットカードとなると信用機関情報からの情報というのを国税というのは集めているので本当にこの部分に関しては気をつけた方がいいと思います。

クレジット・カード作れというコンサルに騙されるな

 

 

よくコンサルの中にはクレジットカードを作りましょうといいますがこれは確かに問題はありません。先ほどもお話ししたように収入のない人間に対してクレジットカードを作りましょうなんて言っても当然ながらそんなことは無理です。こういうクレジットカードを作れというようなコンサルは非常に危険ですのであなたにとってマイナスだという風に思っています。私自身はクレジットカードを作るつもりなんてこれっぽっちもありませんがはっきり言えることは何かといえばクレジットカードのデメリットが大きすぎるということ必要がないということです。

老後に借金までしてあなたが苦しんでいきたいでしょうか。それともデビットカードぐらいで借金がなくて悠々自適な生活を送った方がいいでしょうかどちらを取るのはあなた次第ですがクレジットカードだけは作らない方がいいです。もう少し厳しい言葉で言うならばスマートフォンを24回払いで買うのもやめたほうがいいでしょう。これもある意味ショッピングクレジットのように2年縛りで表されているのではっきり言って迷惑な話です。とにかく現金主義でも別にいいと思いますしどうしても嫌ならばデビットカードで十分だと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です