YouTube

いい動画作ることに集中しよう

更新日

Douga

こんにちは植田雅俊です。

YouTube のアカウント停止祭りはいつまで起こるのかわかりませんが、カズヤチャンネルが復活したということはこれはどういうことか分かりませんが私自身はいい動画を作ることによって常にコンテンツを提供するということを言っていますがまさに YouTube はコンテンツを作る場所なのです。

あなたにとってのコンテンツは何でしょうか。何の目的に YouTube を使っているのでしょうかそれらをよく考えていただきたいと思います。その目的がはっきりしないとどんなにいい動画を作ったところで人から感謝されない動画を作り続け四面楚歌の状態になってしまうということは言うまでもないです。常に私は人から感謝されるコンテンツというのを作っています。

「今日はどんなコンテンツを作ればいいのか」
「視聴者が望んでいることとは何か」

丸一日考えた上で最近は1日1投稿を目指しています。というよりも投稿数を少し減らして質で勝負しているのが現状かもしれません。

 

感動を与える動画が必ずチャンネル登録者が増える

 

感動を与えるという動画と言っても別に人から感謝される動画でいいのです。私は役に立つ動画を常に作るようにというふうに自分のチャンネル内では言っていますがその意味が分からずになぜか低評価ボタンを押されるというのを不思議でたまりません。感動を与える動画を作るということが悪いことでしょうか。私はそのようには決して思わないですし個人的に言うならばそういった動画を作り続けることこそが非常に重要ではないかと思います。

最近の YouTube を見ていると規約違反の動画やヘイトスピーチにに来た動画は確かにあります。しかしそれらは人に感動を与える動画ではなく自己満足の動画にすぎないんでしょう。そういった動画を作り続ける人間はいずれは淘汰され Google からアカウント停止を食らうでしょう。

 

 

YouTube の規制が厳しくなっているのは苦手なユーチューバーがいるから

 

最近 YouTube の規制が非常に厳しくなっているとは言いますが身勝手なユーチューバーがいるからだと私は思っています。自分はそうでないと思っていても苦手なユーチューバーがいる以上はとばっちりはあなたに帰ってきますし私にも返ってくるでしょう。そうなった場合本当に大事なことは何かといえば身勝手なユーチューバーのような動画を作らないということです。

動画作りの基本は相手のことを考えて作るということです。相手が何を望んでいるのか、どのような解決方法があるのかそれらをきちんと吟味した上で動画を作るこれがユーチューバーとして最低限のことではないでしょうか。私自身はこのような作り方が一番オーソドックスですし基本的には動画というものはこのようにして作るものだと思っています。チャンネルの数や再生回数の数ではありません。いかに人に感動を与える動画を作れるかここがポイントだと思いますよ。

 

コンテンツビジネスであることを忘れてはいけない

 

動画もコンテンツビジネスであるということを忘れてはいけません。私は基本的にコンテンツを作っている人間であるのでコンテンツビジネスという概念は全く忘れているわけではないです。しかし多くのユーチューバーがコンテンツビジネスというよりも自己満足の動画ばかりを作っている、それがたとえ人に不愉快を与えるような動画だとしても収益化されている人間にとっては単なる金づるだとしか私は思わないですね。

体にとってコンテンツビジネスという概念がないからです。動画を売る時不愉快な動画を売りますか。おそらく100人が100人絶対に買わないでしょう。発信する側があれば視聴者側があるように視聴者側が嫌がることを発信者側がやってはいけないというのはこれは当然のことです。一部の YouTube がそのようなことをやっているのであれば情けない話ですがそれはビジネスとしては成り立ちません。

 

動画の専門家よりもいい動画を作る人間に

 

いい動画を作るためには人間性が必要になってきます。どんなにスキルを持ったとしても人間性がダメならばそれまでです。人間性がない動画をいくら作ったとしても私自身は感動しませんしそこから生まれるものはアンチが生まれるだけでしょう。 YouTube ではそのような動画を作って楽しい輩がいますが私から見れば非常に迷惑な話でありなおかつそのような動画をどのようにすれば作れるのか教えて欲しいぐらいです。今思うとユーチューバーは収益化目的といいますがそれは別に間違ってはいません。

ただモラルのないユーチューバーが単に増えすぎただけの話です。何度もお話ししているように人から感謝されない動画はやがて淘汰されます。自然の流れでそうなっているんです。どんなに専門家でも人間性のない動画というのは必ず露呈します。人間性のある動画を作り続けてそして感動を与えることこそがいい動画の条件ではないでしょうか

 

まとめです

 

いい動画を作るためには人に感動を与えられる動画または役に立つ動画をどんどん作っていきましょう。悩みを解決する動画を作るというのも一つの手ですが相手の視点に立つことを忘れないでください。常に悩みを持っている人はあなたの動画を視聴して色々な意味で悩みを解決しようとしていることは言うまでもないです。ですのであなた自身もしっかりとやるべきではないでしょうか。

人に不愉快な動画を作るのではなく悩みを解決する動画を作るまたは感動する動画を作っていくというのが YouTube にあるべき姿です。これを忘れてしまってはもはやユーチューバーとは言えませんね。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です