Pinterest

PinterestとYouTubeの活用方法

更新日

おはようございます植田雅俊です。

ピンタレストといえばこれまで色々な使い方を説明してきましたがピンタレストと YouTube が最近は英語圏のマーケッターが非常に相性がいいと言っています。 最初は何のことか私もわからなかったのですがピンタレストを使って YouTube の 動画を保存するということです。 もちろん自分の動画をお気に入りのように保存するということができるのは今のところピンタレストしかないでしょう。

ピンタレストでの使い方というのは色々な方法がこれまでありましたが YouTube を使ってのピンタレストというのはなかなか目から鱗でした。 こういう使い方もある 人はいろいろな使い方があるからこそピンタレストを私自身も使っているのですが YouTube を保存できると考えたとき Instagram ではできないことがピンタレストではできるという風に思いました。 つまりピンタレストがすごく日本では敬遠されているかもしれませんが使い方が色々と分かってくればものすごく戦力になるということはお分かりでしょう。

ピンタレストはストック型のソーシャルメディアなので 当然ですが YouTube の動画も ピンすることができます。 今日はこれについての話をしていきたいと思います。

 

一つ一つ整理していく上ではピンタレストを使えば YouTube 動画も簡単に整理できる

 

YouTube 動画が投稿すればするほど溜まってきますがやはり過去にどのような動画を投稿したのかということは正直わかりません。 しかしあなたの動画がたまってくるとやはりどうしても整理したくなるということは言うまでもないですね。 その時にピンタレストというのは非常に役に立ちます。 YouTube を開いてシェアボタンを押せばいいのですが最近ピンタレストのシェアボタン がどこかないので私自身は非常に ピンタレストのボタンを アプリで ダウンロードして 作っていますがこのようにしてピンタレストで YouTube の動画が 整理できるというのはある意味いいことではないでしょうが。

もちろん YouTube だけではなく他の動画共有サイトの動画も整理できます。 カテゴリー分けにして ピンすれば結構色々なカテゴリーに分けられるので ひょっとすると再生回数がピンタレストを経由してアップするかもしれません。 このような活用方法というのは今まで私自身もあまり経験してきませんでした。 貞子の活用方法は日本ではあまりやられていないので今のうちにやっておくことをお勧めします。

 

百聞は一見にしかず

 

これが実際にピンタレストで YouTube をピンした ボートですがいかがでしょうか。

 

 

YouTube をこのようにしてピンタレストに保存できるということは非常にありがたいということですが 私は2400本近くの動画を作っているので全部をピンタレストに保存しようとすると結構時間がかかるというのは言うまでもありませんが これらを全部保存すればピンタレストを経由して アクセスが集まるかもしれません。

そうすればメリットよりもデメリットの方が 私は少ないように感じます。 すっきりとした意味でもピンタレストを使ってネットビジネスをやっている自分から見れば YouTube を整理できるということはある意味素晴らしいことだと思います。

 

英語圏のマーケターのトラフィックの流入

 

英語圏のマーケッターのトラフィックの流入がこれから考えられるということは YouTube にピンタレストでピンしているということが一番の原因かという風に思います。 インタレストのほとんどは女性なので 英語圏といってもアメリカがほとんどですので私自身がアナリティクスで調べたところ やはり女性のピンタレストの使用率が高くどこか本当にピンをしている人はほとんどが アメリカの場合 女性がほとんどだったので 女性向けのコンテンツを作らなければいけないということがわかります。

ただ YouTube を使った SEO 対策というのが色々ある中でピンタレストを経由して YouTube をピンしていてSEOをしておくのは 非常に良いのではないかなという風に私自身は思っています。 今のところは何とも言えませんが結果的に良い方向に出ているのではないでしょうか。 やはりチャンネル登録者を増やすという意味でも英語圏のマーケッターがピンタレストを経由して YouTube にアクセスするというのが一番いいかなという風に思っています。

 

ピンタレスト誰もやってないからこそチャンスがある

 

ピンタレストに関してはこのブログでも散々お話ししてきましたが日本ではほとんど行っていない ニッチマーケットと言ってもおかしくはないです。 私はピンタレストに関しては7月に ビジネスアカウントに切り替えていますので自分自身がネットビジネスをできるようにピンタレストを戦力化して 色々な方向からトラフィックを集めたりアイデアを集めたりなど 日常的にピンタレスト戦力として使っています。

ですから今のうちから ピンタレストをやっているとメリットは結構あります。 今回の事例は ピンタレストで YouTubeもピンできますということを話しました。 是非あなたも参考にして実践してみてはいかがでしょうか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です