YouTube

YouTubeに投稿しては行けない動画とは

更新日

stux / Pixabay

(2018年8月8日更新)

こんにちは植田雅俊です。

最近は YouTube のアカウント停止が非常に多いですが YouTube のアカウント停止祭りは夏になっても続いているということはこれは異常事態としか言えないです。私自身は YouTube のアカウント停止祭りには巻き込まれていませんがしかしいつ巻き込まれる可能性もないとは言えないのでここでは何とも言えませんが YouTube でやってはいけないことを平気でやっているユーチューバーは今でもいます。

このようなアカウント停止を平気で起こす原因の一つはモラルのないユーチューバーが増えすぎたのでしょう。また YouTube 自体がはっきりしない部分も多いので不信感を抱いている人間もいるのではないかと思われます。

いずれにしてもやってはいけないという事を平気でやるユーチューバーがいる以上は規制はますます強化されるでしょう。しかし私はこの方法が正しいかどうかは分からないにしても自分がやっていいことなんて何もありません。ひとりのためにみんなが迷惑をする現場はこのようなものです。アホ動画を投稿しているユーチューバーがいるのであればさっさとアカウント停止をするべきでしょうね

YouTubeの規約を見直す

 

もう一度 YouTube の記憶を見直すべきです。利用契約、コミュニティガイドライン、ポリシーなどを全部見直してあなたはいったい何の動画を作っていたのかということを考えてみてください。

人に不愉快な動画を作るということはあなただって観ていて不愉快でしょう。人間はそんなものです。主張する側の立場になって動画を作ればいいのですがほとんどの人は自分のエゴの為に動画を作っているとしか思えません。そんな人の動画をいつまでも放置しておけばそのような自己満足だらけの動画が単純に増えていくだけでありなおかつ私にとっては非常に迷惑な話なのでさっさと削除してくれという風に言いたいくらいです。

今思えばこのようなことを平気で言うユーチューバーはほとんどいないでしょう。しかしこのようなエゴの塊のような動画を作っているユーチューバーがいる以上は私は削除してほしいという風に思います

ヘイトの動画は避ける

 

ヘイトスピーチの動画は何かと今年は問題になりましたが、確実に言えることは YouTube 側がヘイトスピーチの動画をどんどんと削除しているという現実があります。たとえチャンネル登録者が100万人だろうが200万人だろうが関係ありません。要するに YouTube 側がやっていることはもはやヘイトスピーチの動画を許さないという態度が私には見えてきます。ですから大事なことはヘイトスピーチの動画を作らないということが何を言いたいです。このような動画は単に憎しみを生み相手を傷つけるだけではなく下手をすれば戦争に今出る引き起こすというようなものです。

言うならばこのような動画ひとつで世の中が変わってしまうということもあるのですからネットの怖さというのは本当に国家を転覆させるぐらいのことだってあるので YouTube がも甘く考えない方がいいと思います。ヘイトスピーチの動画はおそらく今年はかなり消される可能性があると思いますので二度とこのような動画を作らないことをお勧めします。

 

エロス系の動画を削除される

 

いやらしい動画などは確実に削除されるということは言うまでもありませんが YouTube 上でこのような性的な動画を作るというのはいかがなものでしょうか。私自身はこのような動画を作っている人間というのは馬鹿としか思えないし正直自分自身はこのような恥ずかしい動画を作って自己満足に浸っているユーチューバーというのはまさに仕事というよりもバカ動画を作っているようなものしか思えません。

こんなバカ動画を作って何が面白いのでしょうか。

あなたにとって利益があるのでしょうか

今一度考えてみてください。人が嫌がることを平気でやるようななんとか OL と言ったアホなユーチューバーのいますがこのような人間の作る動画なんて私は反吐が出るほど主張しましたがまあまず観ないでしょう。一番大切なことは何かと言えばあなたがこのような動画を絶対に作らないということが大切です。作ってどうするんですか。

 

まとめです

 

YouTube で快適に過ごすためにはまずはあなたがバカ動画を作らないことが条件になります。このようなバカ動画を作っている限りは YouTube から目をつけられ最悪の場合アカウント停止になるのではないでしょうか。

私もそうでしたがこのような批判動画を作ったり人を傷つけるような動画を作るということは必ずいいことはありません。逆に言えはマイナスなことばかりがあるのでこのような動画は絶対に作らないようにしましょう。人は完璧じゃないので過ちは1回はあります。その過ちから立ち直れるかどうかが勝負だと思っています。私は基本的にこのような過ちを犯し続けるユーチューバーというのはいつかは淘汰されると思っています。1年前バリュー騒動で有名だったあのヒカルの話をしたくありませんが1年が経過した今 YouTube の置かれている環境というのは非常に厳しいものです。簡単にユーチューバーになるとは言いますが私はそんなに簡単になれないというように思っています。まともな者だけが生き残れるような YouTube の社会を作って欲しいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です