YouTube

YouTubeを配信している人にやってはいけない事

更新日

geralt / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

今いろんな人が YouTube で情報発信をやっている中であなたはどんな情報を発信しているでしょうか。今この時間帯にもライブをやっている人はたくさんいると思いますが私自身もライブをやってきて思ったことがあります。それは相手を不快にさせる動画を絶対に作っちゃいけないということです。また愚痴をこぼすような動画などをこれも駄目ですね

これらの動画がやはり誰も望んではいませんし YouTube がとしてもあまり好きではないでしょう。私は自分がどのような動画を作るべきかということを真剣に考えていますが YouTube で情報発信をする際一番気をつけていることがあります。今日はそのことについて話していきたいと思います

 

不快な動画は作らない

 

 

これは何度かお話しさせていただいたように YouTube で不快な動画を作ればアカウント停止になる可能性は十分あります。またこのような動画を作り続けるということは YouTube という場所をただの情報発信ツールとして使うよりも愚痴をこぼすための情報発信ツールとして使っているのと同じではないでしょうか。

そのような使い方をされても誰も嬉しくはありません。 YouTube をせっかく使っているのであれば価値あるコンテンツを発信するのがネットビジネスをやっている人間から見れば当たり前です。少なくともユーチューバーである以上あなたは価値あるコンテンツをどんどんと発信していくべきでしょう。しかし不快な動画を作ってしまえば結局のところ何の意味もない動画が漏れてしまうので私は好きじゃありませんね

 

ヘイトスピーチの動画は作らない

 

 

近年 YouTube が削除対象にしてきているのはこのヘイトスピーチの動画です。なぜかといえば世界中でヘイトスピーチはやはり問題視され、そして日本でもヘイトスピーチの動画を作っているチャンネルがアカウント停止を受けているということはあなたもご存知でしょう。ということはこれらの動画は確実に収益化されたとしてもすぐにアカウント停止になることは間違いありません。

こんな動画を作って誰が喜ぶでしょうか。喜ぶのは一部の人間に過ぎないのです。あなたの周りにこのような動画を作る人間がいたとしたらおそらく私は最悪だと思います。その人とは関わらない方がいいですし個人的にもそういった動画を作っている人はユーチューバーとしては失格です。

エロ系の動画を作らない

 

 

エロ系の動画は男が好きそうですが、最近はこのような動画が一発アカウント停止になっているというケースを見かけます。しかし何度やってもいたちごっこが続いているのが現状でしょう。成人向けコンテンツとして登録したいのであれば別の動画投稿サイトでやればいいだけの話ですがさすがにそういうことはないです。 YouTube が成人向けコンテンツとのカテゴリーでも作っているんであれば別ですが健全化を目指している YouTube としてはおそらくこのようなことはありません。

今あなたがこのようなエロ系の動画を作っているユーチューバーがいたらどうしますか。おそらく通報するでしょう。こういった動画を作っている人間というのはどこか馬鹿としか言いようがないのか私はそのようにしか感じないです。利用規約やコミュニティガイドラインをしっかりと読んでいないのかと言いたいぐらいですね。このような動画を見かけた場合は通報した方がいいんじゃないかと思います

 

ギャンブル系の動画

 

 

ギャンブル系の動画も YouTube では禁止されているはずですがなぜか私で死にかけますけどねどこまで禁止されているのかはわかりません。ただアカウント停止されてもまた不正にアカウントを作ってくる輩がいるのでどうもこの辺りは正直わからないところですね。

ただギャンブルというのは完全に法律で禁止されているのになぜか権利関係をめぐる問題があるのに撮影しているというのは実におかしな話です。つまり店内を無断で撮影しているということは著作権の信頼にも繋がるんじゃないかと思われます。あくまでも著作権は現在のところ親告罪とは話してないので店舗側が親告しなければ何の問題もないですが本当にこのような動画があれば私自身は嫌だと思います。

 

 

YouTubeとニコニコ動画をDVD&ブルーレイにしてTVで見る本(2018) (三才ムック)

 

著作権侵害

 

 

一番 YouTube でやってはいけないのがその著作権侵害です。特にフリー音源を使うというのは一番リスクが大きいでしょう。私はフリー音源も何も使っていませんが一度も著作権侵害で訴えられたことはありません。逆に著作権侵害をされたことはありますが本当にあの時は対処が早かったので YouTube 側に訴えたらなんとか削除してもらえたということです。

いつあなたの動画が著作権侵害に巻き込まれるかわかりません。しかし現在の YouTube はコンテンツ ID の人工知能が非常に進んでいますのでフリー音源の著作権侵害とみなされた場合はかなりペナルティを受けるので痛いのではないでしょうか。そうならないためにもできるだけフリー音源は使わないことをお勧めします

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です