ブログ

誰も参入していない分野で売るこれ大事

更新日

誰も参入していない分野で売るこれ大事

こんばんは植田雅俊です。

ライバルのいるところで売るというのは非常に大変ですね。確かにアフィリエイトなどはライバルの多い所で参入すると先行者利益が得られるということで当然ながら先行者が一番儲かるというのは言うまでもありませんがもし誰も参入していないところがあったらどうでしょうか。あなたがその分野で一番の先行者利益を得るというのは間違いないですね。アフィリエイトの世界ではなく情報販売でもいいと思いますが情報販売というのはほとんどの人はやってると思いますがコンテンツビジネスは無限大です。あなたのアイデアがコンテンツになる考えてみてくださいよ。

こんな夢見るような話を誰がしているのか別に誰でもコンテンツを作ることができる時代になったのです。電子書籍のそうです PDF ファイルと動画を用意してもインフォカートなので販売できる時代ですからね。もはやこんな時代になったというのは本当にありがたいような時代になったということです。

 

 

誰もいない場所で勝負をするということ

 

誰もいない場所で勝負をするというのは確かに逆のことをやるということなのでアフィリエイトをやっている人から見ると何やってんのこの人っていう風に言われるかもしれませんが私自身もそのようなビジネススタイルでずっとここまで来ました。もちろん冷たい視線で見られるかもしれませんがそれはそれでいいのではないかなという風に思います。もしあなたがそれで成功して先行者利益を得た場合ものすごく大きなキックバックがあるのではないかと思いますね。

私が電子書籍をやった最大の理由は誰も参入していなかった頃からずっと初めて行きました。2013年と言うと今のようにほとんどのアフィリエイターは参入する人がいなかったのです。もちろんその頃から参入していた人はいましたがごくわずかです。ほとんどの人が電子書籍と言うとハードルが高いんじゃないのかという風に言われる人が多い中でも私は電子書籍で絶対に売れる不労所得が得られるという理由だけではありませんが絶対にこの分野で成功してやるというような思いで今でも電子書籍を書き続けています。

 

快く思わない人間に出てくる

 

当然ですがこういったことをやると快く思わない人間だって出てきます。ユーチューバーの中にもこのような馬鹿がいますが私にとってはどうでもいい話ですけどねこのような快く思わない人間というのは成功してほしくないというような嫉妬が出てくるのではないかと思いますが全然関係ないです。自分と違う世界で生きてきた人間なので全く自分にとってはライバルとも思っていませんし関係のない人間だという風に思って自分がひたすら行ってきました。

いつも電子書籍を買うたんびに批判をしている暇人もいましたが、お前暇かっていう風に逆に言いたいぐらいですね。私はそんな暇じゃないので快く思わない人間から見ると別にどうでもいいじゃんって言うに思いますが違う分野に参入するというのは同じ分野で勝負するよりも独占できる分野があったらそれはそれでいいのではないのかなという風に思いますよ。

 

苦労はしますけども考えれば売れる日が来る

 

快く思わない人達は必ず行為ますね。

「どうせそんなことをやっても売れない」

このようなことばかりを言っているからあなたのビジネスは何も成功しないんですよっていう風にユーチューバーの人間に言いたいぐらいだけども本当に自分自身のビジネスは成功しているんですよ。だからこそ大事なのは何かということをね考えなければいけない時期に来ていると思います。やっぱり自分自身も苦労は本当にしていますがネットビジネスというものが好きだからこそここまでやってきたということです。

色々な苦労をしてきて何にも知らない人間よりも苦労を重ねてきた人間の方が絶対に磨かれたものがあります。それは諦めないという気持ちです。大抵の人間はすぐに諦めてしまうような感じがしますが私は絶対に諦めません。リセールライトビジネスもなかなかうまくいかないという中でもどうすればいいのかを考えて徹底的に売り方を変えたり研究をしたりしてどんなようにすればいいのかを自分なりにアレンジしているというところです。

 

売れますよ絶対に

 

売れるまで諦めないということが大事ですしそこからどのように展開していくかは作業次第ですね。私自身がやっている理由なんてネットビジネスで稼ぐためにやっているわけですからそれ以上でもそれ以下でもないという風に思います。ネットビジネスは結果を出さなければ意味がありませんが当然ながらずるいことをやっても駄目ですよ。

何より大事なことはコンテンツを書くということなんですが本当にコンテンツがかけるんですかって言っても私自身もブログを更新することが好きなのでブログを常に更新し続けるというのは日課みたいなもんです。売れるまでどのような記事を書けばいいのかそしてアフィリエイトのタイミングはどのようにすればいいのかなとこれも研究の材料かなという風に思っています。

 

違う分野で勝負するのは勇気がいる?

 

別にいらないと思います。正直言うと違う分野で勝負するのはよっぽど根性がなければいけないということかもしれませんが同じ分野で勝負ができるのであればその分野で勝負すればいいのではないかと思いますしアフィリエイトの世界というのは答えがありません。セミナー講師やコンサルが色々な答えを出したとしてもそれが絶対という根拠はどこにもないんですよね。この世に正しい答えなんてあるわけないんで自分自身が邁進していくそれだけにつきるんですよ。

だからこそ頑張れるというものではないかと私は思っているんですよね。本当に今の時代は便利になったということですがアフィリエイトでは結果が出ないと言うのであれば別の角度で考えてどんどんと作業をしていくということが良いのではないかという風に思います

 

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です