YouTube

YouTubeの今回の収益化プログラムの改訂は自業自得に過ぎない

更新日

Mizter_x94 / Pixabay

 

何度も書いてきましたが今回のYouTubeの収益化の改訂は流石に納得できない
という人が多く不満もありました。しかしこうしたのは誰でしょうか。私では
ありません。YouTuber自身ではないですか。

2016年~2017年にYouTubeの大量アカウント停止がありそして2017年には
収益化プログラムの変更この当時は1万再生回数というプログラムでしたが私
もこの時は巻き込まれました。しかし今回のプログラムの改訂で2度目の収益化
剥奪です。

 

誰のせいかよりもYouTuberの責任は重い

 

誰のせいかよりも私はYouTuberの責任は重いです。好き勝手にやってきた結果
広告主が撤退する羽目になりそして2017年に規約を変えましたがそれからも
変わらないままです。また8月にはValu騒動でヒカル叩きなどがありこれで流石
のグーグルもYouTuberの締め出しを考えたのではないでしょうか。

「品性のないYouTuberはいらない」

グーグル側のダメージは大きいものでありなおかつ私自身は本当に身勝手な人間
を排除するために今回の収益化の改訂に至ったのではないかと思います。

 

チャンネル登録者1000人と総再生時間4000時間の壁

 

大抵のユーチューバーはこの壁を突破できないということで9割は撤退するで
しょう。ルール違反までして収益化して何が楽しいでしょうか。今年はYouTuber
がかなり淘汰される時代になると私は言い続けました。まさにその通りになった
にすぎません。

しかし諦めない人はYouTubeをどう活用するのかということで更に頑張れる、
これはプラットフォーム依存になる前に考えるべきですが貴方はまず収入源
を複数持つことです。今の時代はYouTuberですら食べていけない時代になって
いると言われています。ですのでしっかりとした仕組みを作ると同時に何が
大事なのかを考えてほしいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です