セント・フォース所属女子アナ

女子アナフリー=自由ではない

mohamed_hassan / Pixabay

 

女子アナ=フリーというイメージがありますが今年も有働由美子アナが NHK を退職したと
いうことは最近話題になっていますね。なぜか女子アナはテレビ局に入社したとしてもず
っと働くということはまずないでしょう。やはりいつかフリーになって色々なテレビ局
で働きたいというのが現在の女子アナの考えではないでしょうか。

とは言えこれまで安定して給料をもらってきたとしてはならフリーになるということは逆に
自由がないということです。つまり言い換えるならばそのテレビ局で働いていた女子アナが
会社員からタレントになるわけですからどこかの所属事務所と契約しなければいけません。
女子アナの大手といえばセントフォースでしょう。ほとんどの女子アナがこのセントフォース
に所属していますが、他にも色々な事務所があります。とにかく局アナだった人がフリーになる
ということは相当大変なのです

 

 

仕事は自分で選ぶことができる贅沢は許されない

 

 

女子アナがフリーになるということは今まで所属していたテレビ局以外にも出れるということ
ですが仕事を選ぶということはできません。これはどの所属事務所に契約していても同じだと
思いますが、例えばクイズ番組などに出ている女性ならではほとんどの場合は出たくないと思
いますが、それでも出なきゃいけないということは当然でしょう。

これも仕事なのでテレビ局側の意向としては視聴率を取れるフリーの女子アナの方がもちろん
いいに決まっています。有働由美子さんは今後はおそらく民放には出ないと思いますが、マツ
コデラックスと同じ事務所に契約したと言います。

 

 

ニュース番組の MC になれるかどうか

 

 

女子アナがフリーになっているニュース番組の MC になれるかどうかというのはほとんど聞
いたことがありませんが、私の場合基本的になれないと思います。局アナを使えば一番簡単で
すのでほとんどの場合はコメンテーターではないでしょうか。特に日本テレビの場合フリーの
女子アナが多いセントフォースとフォニックス両方の事務所のフリーの女子アナを使ってい
ますので、 他のテレビ局から見ると日テレの場合はさすがに MC になるということはかなり
厳しいのではないかと思います。

またスキャンダルを起こせばこれはもうはや死活問題だと思います。スキャンダルを起こせば
これまでテレビ局が女子アナを守ってきたということですかフリーの場合は守ってくれません。
当然ですがタレントと同じような扱いになるのでコマーシャルに出ている場合は損害賠償請求
までされる危険性もあります。

局アナをとるかフリーの道を選ぶか

 

 

どちらにしても今女子アナといえばフリーになる方がいいのかもしれません。あのカトパンこ
と加藤綾子アナも最初はフリーになるという風に噂されていましたが結局はフリーになりまし
た。となれば今後女子アナがフリーになるケースはかなり多くなると思います。水卜麻美アナも
フリーになる結構ありますので見逃せないです。女子アナとはいえやはり安定をとるべきですかね。

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です