分析

情報商材は中身をみてからレビューしましょう

geralt / Pixabay

 

あなたは情報商材をきちんとレビューしていますか。情報商材をレビューするということは
中身をきちんと見ることです。 情報商材はどんなにセールスページが良くても中身を見るま
では本当に分からないのです。実際に最低販売価格が1000円から 何十万円とする情報商材も
あります。

 

 

アフィリエイターはまず情報商材の購入して中身をよく読んでからレビューをする

 

 

アフィリエイターはまずやるべきことがあるとすればレビューをしっかりとすることです。
もちろん中には詐欺商材があるかもしれませんがきちんとデビューをするためには情報商材を
購入し中身を確認して再現性があるかどうかを徹底的にあります。 最低でも一か月はやるべき
でしょう。情報商材によっては効果があるかないかはそれぞれ難しいかもしれませんが 私はレ
ビューというのは非常に価値観の違う人間同士がやりあるので色々な意見がはあると思います。

そんな中でも大事なことは何かと言えば、まずあなたがしっかりとしたレビューをしていくこ
とです。これは別の言い方をすれば情報発信の基本中の基本ではないでしょうか。レビューが
いい加減ならばどんなに情報商材でも詐欺商材と言われてしまう可能性がありますし販売者もと
んでもない迷惑を被るでしょう。

 

 

分からないことは販売者に質問する

 

 

基本的には分からないことは販売者にメールで質問するということが一番大事です。販売者
はそのためにメールアドレスを公開しているのですから販売者に一番効くことが大事ですが
それでも答えてくれないという販売者に関しては購入はやめたほうがいいと思います。あなた
の質問に対して答えられる販売者ならばまだ信用してもいいと思いますが全く返答がないとい
うよりも答えてくれないという販売者は確実に詐欺商材を売っている可能性があります。です
からこのボーダーラインが難しいというのはお分かりだと思います。

 

 

購入者には詐欺商材の見分け方が難しい

 

 

購入者には詐欺商材の見分け方というのが本当に難しいものです。情報商材だと一見見え
たとしても中身はとんでもない詐欺商材だということがわかった時あなたはきっと怒りが
こみ上げるでしょう。 そうならないためにはまず何をするべきかといえば情報発信をしっ
かりしているアフィリエイターのブログを見つけることです。

それがあなたに一番大事なことではないかと思います。ですので本当に大変なのは詐欺商材
を見つけることができるのかどうかですが、あなたが痛い経験をしない限りはおそらく無理
でしょう。私も過去に詐欺商材を何度か購入したことがあるので痛い経験をしてきましたが
個人的な意見としては 一度痛い経験をすれば どのような商材は詐欺商材なのかもわかってき
ますし あなた自身にも免疫力がつくと思いますのでぜひ詐欺商材には気をつけていただきた
いと思いいます 。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です