きっかけは自分を変える

ShiftGraphiX / Pixabay

 

ネットビジネスで成功しない時ふとしたきっかけであなたの人生を大きく変えるように
どこかでターニングポイントがあるとすればあなたはどこだと思いますか。おそらくあ
なたのやっているネットビジネスのやり方を大きく変えるきっかけになる出会いか何か
があるでしょう。私は色々なネットビジネスをやってきましたがアフィリエイトで結果
が出ないということで情報販売をやりました。

それでも諦められずに今度は電子書籍も出しましたが電子書籍ではある程度成功しまし
た。私にとっての出会いはおそらくここだったかもしれません。

 

 

あなたにとっての出会いも必ずある。

 

 

あなたにとってのターニングポイントと言える部分が必ずあります。それが何かを人
によっては違いますがアフィリエイトで稼げない時ふとしたきっかけで稼げるように
なったということはよく聞きます。何度もやめようかというふうに思ったら私自身は
自分の生き方を少し変えました。

「好きなことをして生きる」

このやり方はアフィリエイターから見れば反感を買うような生き方かもしれませんが誰
からも縛られずに生きるということはまさに自分にとっては束縛されない生き方という
意味でも良いのではないかと思いました。今の時代電子書籍だって好きに出せるけども
どこか完璧主義者を求める人ほどかわいそうだなという風には私は思います。

 

 

完璧を求めたって結局は何も始まらない。

 

 

完璧を求めるぐらいであればあなたは70%から80%を目標に頑張ればいいと思います。
人間完璧にこなそうとするからどこかで失敗すれば必ずと言っていいほど止まってしま
うということがありますが私は完璧な人間ではありません。人間皆誰しもそうですが、
完璧を目指そうとすると必ずと言っていいほど稼げないということがありますが完璧を
目指すのではなく成功するためにはある程度失敗を経験して体で覚えていくということ
が大事です。

失敗をしない人間というのは最終的には何も分からないとんちんかんと同じぐらいです。
何もわからないとんちんかんは結局失敗を知らないから成功者になれないのではないで
しょうか。

 

 

本当の意味での成功者は挫折を味わっている

 

本当の意味での成功者が必ずと言っていいほど挫折を味わっています。
ですから本当に失敗を重ねてきた人ほど一見胡散臭い話でも親身になって聞いてみる
ものだと思いますね。確かにネットビジネスの世界ではそのような苦労話が胡散臭い
ように聞こえるかもしれません。

でもその人から見ればその人の苦労は誰にもわからないので虎そのように取られても仕
方がないでしょう。ですから大事なことはどこかであなたがターニングポイントを求め
るきっかけを作らなければいけないということです。それが成功者と失敗者の大きな違い
だと思います。成功者は常に全身をしますが本当の意味での失敗者はそこで止まってしま
います。ネットビジネスで成功するのであればとにかくひたすら作業をすることだと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です